あんまめ\(^o^)/

ネットで話題になっている情報を女子目線でまとめたった♪


木村藤子「飯島愛コンクリート事件」二文字の引退した本当の理由を公開か【画像】

   

木村藤子 飯島愛 二文字5

2018年10月16日(火)放送、フジテレビ系列「「木村藤子のキセキ相談SP」
19時00分~21時00分

飯島愛の最後を予知していた「スピリチュアル」木村藤子が5年ぶりにテレビに出演。

数々の出演オファーを受けながらも「もう二度とテレビには出ない」と宣言していた木村藤子が「最後にもう一度だけ、人助けのために…」と引退した浅田真央を霊視。

浅田真央は、本音で話せないまま突然この世を去った母が、どんな思いでいたのか?自分のことをどう思っていたのか?そして、亡くなる直前に言われた「ごめんね」の意味は何だったのか?その本当の意味を知るため、これまで封印していた心の闇をテレビで初めて打ち明け、木村藤子と共に思い出の地を訪れながら、母の思いを聞き出す。

今夜の放送に先駆け、木村藤子が霊視した飯島愛のコンクリート事件に関係する「二文字の言葉」についてまとめてみた。

■目次

木村藤子プロフィール

霊能力者とは

木村藤子のようなスピリチュアルカウンセラー

木村藤子が飯島愛に伝えた二文字の言葉

木村藤子が飯島愛に伝えた二文字の言葉は復讐?

木村藤子プロフィール

木村藤子 飯島愛 二文字1

木村 藤子(きむら ふじこ)

生年月日1947年6月8日
出身 青森県下

1947年、青森県下北郡田名部(現在のむつ市)に、8人兄弟の末っ子として生まれた。
母親も、周囲から霊能力者とみなされる人物であったとされる。30代のとき神の声を聞き、霊視・透視能力を授かる。

1990年(平成2年)9月、むつ市内のデパートで開催された爬虫類ショーのアミメニシキヘビが逃げたとき、その所在を言い当てたとして全国的にその名が知れわたり、『青森の神様』『ヘビの神様』といわれるきっかけとなった。

参照wiki

目次にもどる

霊能力者とは

スピリチュアルとは一般的に、「霊的である」という意味で、元々は霊性としての意味合いで使われていたが、近年では自己啓発やカウンセリングといった「心のあり方を扱う」分野で広義に亘り使用されている。

スピリチュアルという言葉自体の意味する所が様々で、今回のようなテレビ番組では、霊を呼び出したり、「守護霊の話をする」ような意味に使われる。その影響からか、テレビ以外でもこうした使われ方がされるようになってきているが、占い師やカウンセラーというのは、国家資格のように決められた試験を受けたりとがなく、「本人が自称する」ことができるため、詐欺まがいの占い師も急増している。

自分を「占い師」と自称すれば「占い師」になれるし「霊媒師」にも明確な違いはない。
主にスピリチュアルという概念を使って占いを行う「占い師」が、スピリチュアルカウンセラーと自称している。

「占い」といっても、相手の気持ちを支え、導くという意味ではカウンセリングと明確な違いはほとんどなく、その手法が心理学に基づいたカウンセリングなのか、木村藤子や江原啓之のように「オーラを感じ取るもの」なのかは、また人それぞれ違う。

最近では、こういったカウンセリングする実技の研修を受けることも出来るし(受けなくても自称はできる)、またカウンセラーとして心理学も学んで、クライアントによって使い分けるのが日本にいるスピリチュアルカウンセラーという職業になる。

ただ、占いやオカルトなど霊能力者と呼ばれるスピリチュアルな世界は、「守護霊や前世は証明できない」から嘘、または「妄想」といった印象が強く、胡散臭さが半端ではないことは間違いない。

目次にもどる

木村藤子のようなスピリチュアルカウンセラー

木村藤子 飯島愛 二文字


管理人も占いは好きだが、占いは使い方を間違うと人を不幸にする。

そしてまさに、木村藤子に見られた飯島愛は、不幸な最後を遂げてしまった。

木村藤子に悪い事を言われて「あ、私に当てはまる」と思い込んでしまうと、実はそんな事ないのに「占いで言われたから」となると、努力する事を怠る。要するに言い訳の材料になってしまう。

細木数子の占いは、四柱推命と云う中国の歴史ある占いを元に、「細木アレンジ」された占いで、細木数子が当たっていると云うよりも「四柱推命の占いが当てはまっている」だけ。細木数子の占いは、占い師として最低なやり口で、占いと云うよりは心理作戦的な部分が多く、脅して脅して落として、そこからあたかも自分が光明を見せて「救ってあげる」と云う方法。

なので、占い好きな人からは嫌われている。

木村藤子のような本当の霊能者は、先の事が見えている分、(見えている)本当の事を言わずに、回避する方法を教えている。「なんて言ってあげたら、その先に待ち受けるかも知れない試練を回避する事が出来るだろうか?」「一番の救う言葉は何なのか?」それが言える人が本物の霊能力者。

ただ、木村藤子の鑑定を受けたことがある人のブログを読むと、事実と違うこともあったそうだ。自分にとって都合の悪い内容が受け入れられないというわけではなく、おおまかには当たっているかもしれないが、「細かい複雑な事情はわからない」様子。

木村藤子は、とても気性の激しい方のようで、管理人も木村藤子の著者を何冊か買って読んだが、著者に書いてある対応と実際はずいぶんと違う印象を受けた。

これは、霊能者へする相談のレベルというのも低く、危なくなれば、専門家、法律相談、病院に行けというもので素人なみの相談しかしない方も要因にあるのだろう。

霊知識ある人がいうには、「病気」というものも人生の流れ的な見方をするので、「治らないときは治らない」し、仮に木村藤子に出会ったタイミングで手術等、治癒ができたとしても、それは「木村藤子の個人による力ではない」と本に書かれていた。

仮に霊的な除霊で健康がよくなった、医学でも理解できないと言われているものでも、運命的な見方が強く、「除霊したから治るものではない」と「現実的な流れ」と断言している。

管理人の抽象的な表現で申し訳ないが、こういった木村藤子のような人は「奥がある人」といえる。

霊能力を「持っている」・「持たされている(与えられている)」・「持ってしまった」とは違い、霊能力が「強い」・「高い」でもなく、霊能力と言っても系統や状態が様々。霊能力は基礎的でも「奥のある人」と霊能力を超えても「奥がない(そうでない)人」とでは奥がない人は「埋めようの無い欠損を抱えている」印象がある。

目次にもどる

木村藤子が飯島愛に伝えた二文字の言葉

木村藤子 飯島愛 二文字2

TBS「金スマ」でなくなった飯島愛が芸能界引退最後の放送の時、木村藤子が飯島愛を霊視して、ネット上で大きな反響を呼んだ。

木村藤子は、飯島愛の引退について「あなたはうそを言っています。病気で仕事を辞めるとか責任のないことをする人ではない」と分析。さらに「今、引退せずに乗り越えた方がいい。2、3年後は違う形で良い方へ行く」と飯島愛に助言。その言葉を聞いた飯島愛は「今、さっき引退は決めたことです」と心の内をズバリ言い当てられ驚きの表情を見せた。

木村藤子 飯島愛 二文字3

それを聞いた木村藤子は「彼女(飯島愛)の信用のために言っておきます。言いたいことを言えないでいる問題を抱えています。頑固で意志も強いし、責任も強い。逃げてます。逃げるの皆さん留めてください」と、スタジオにいる観覧するお客にも呼びかけた。

そして、木村藤子はマイクを外し飯島愛をスタジオの隅へ連れていき、木村藤子が話しかけた言葉に「ホントかよ、怖ぇー、私帰る」と飯島愛が叫ぶシーンも映された。


この時、飯島愛は木村藤子からある「二文字の言葉」を投げかけられていたという。


後日談で、木村藤子を取材した女性セブンの記事に「飯島愛にかけた二文字の言葉」として、この世を発ってからの日にちが少ないのに、悟りきったような満足なような、木村藤子の前に飯島愛が穏やかな表情で現れたそうだ。

記事内容

木村藤子が、以前の金スマでの収録の時の事などを振り返りながら「私が飯島さんに気づく考え、違う生き方を、もっとお話しできればよかった」と後悔。「今ここで言葉にはできませんが、彼女にたったひとつ気づいてもらいたかったことがありました。それがあればもう少し、違う人生があったと。彼女はアクシデントがあり色々起きていたと思うんですが、たったひとつ、心の落とし穴に気づけていなかったんです。引退を決めたと言っていても、彼女は悩んでいましたし、必死だった。

あのときにも“絶対、考え方を変えたほうがいい!”と私は強く引退を引き止めました。

そんな中、彼女はたったひとつの、二文字の言葉を言ったのです。

女性セブン

記事の中では、木村藤子が飯島愛に伝えた二文字の言葉について書かれていなかったが、2chなどの検証結果によると、「復讐」だったのではないか?と言われている。

目次にもどる

木村藤子が飯島愛に伝えた二文字の言葉は復讐?

木村藤子 飯島愛 二文字4

2chで、飯島愛がなくなったことに関する漫画の画像が出回っているが、その内容は世間を騒然とさせた「女子高生コンクリート事件に飯島愛が関わったかもしれない」という都市伝説。

その漫画の中で。飯島愛は当時、犯人グループの主犯だった一人と交際、遊び仲間だったそうで、監禁されていた女子高生の顔にマジックで落書きをしたのが飯島愛だという。その後、飯島愛は有名になり、芸能人に転向してからは、当時の犯人らの知り合い関係から金銭を不当に要求されていたという内容。

この話が事実かどうか不明。

このエピソードの出どころは、飯島愛がホステス時代に知り合いだった倉地明美の暴露にっよるもの。彼女が「飯島愛がコンクリート事件に関与していた」と証言し「飯島愛は(病気で引退になったのは)自業自得」とアサヒ芸能プラスが記事にしている。

引退した本当の理由は「飯島愛が当時付き合っていた男性」が、女子高生コンクリート事件の犯人の一人で、出所し、有名人になっていた飯島愛に1億近い金を要求していたという。飯島愛は地元が足立区に近い亀有に水んでいたし、当時の犯人たちと年齢も同じぐらい。

さらに、100人は「少女と肉体関係を持った」そうで、監禁されていたことを知っていた人間は300人とも言われている。この100人は「少女と肉体関係を持っている為にバラすと自分も捕まるかも知れない」という負い目があり、300人は主犯を怖がっていたり、関係を絶ちたいと思っている。

また、監禁場所になったCの家には主犯Aの同級生だった兄がおり、この人物はAの嘘を知っていた。自分はヤ○ザと名乗った事も実は事務所に行ったことがあるだけだったり、仲間が沢山いるかの様に言ってても実際動かせるのは10人も居ない事、何よりAは柔道やっていたが自分より弱い事を知っていたので、何回か被害者の少女を逃がそうとしている。(A達はこの兄が居ない隙を狙って出入りしていた)

飯島愛はこの暴露のようなゴシップに対して、自身のブログでこの記事を否定。
しかし、その後に「想像を絶する金額」を事務所の経理担当に横領され、その額が1億円近いとあって、「ゆすられた額」と一致していた。

一億円近い金額を事務所の経理担当に横領されたことについて、「お金大好き」を公言していた飯島愛が、警察に被害届け出ないことにも疑問が広がった。


飯島愛の引退は2007年、女子高生コンクリート事件の主犯格の出所は2008年。

ネットでは「引退の一年以上前から事務所は出演依頼を断っていて、このトラブルを予見して引退へと動いていたらしい」という噂が広がった。

状況だけが「犯人の彼女=飯島愛」を作り上げ、根拠が一切ないが、この話がもし本当だった場合、木村藤子が飯島愛にかけた最後の二文字が「復讐」だとすれば、すべてが一致する。

飯島愛が本当に事件に関わっていたのかはどうかは、本人がこの世にいないためわからないが、この事件を仮に否定したところで、2chのように勘ぐる人はいくらでも湧いてくるので、すべての真相は闇の中だろう。

続きを読む


出典: 独女ちゃんねる
詳細は引用元へ:木村藤子「飯島愛コンクリート事件」二文字の引退した本当の理由を公開か【画像】

 - 独女



(^_-)-☆主婦を中心に人気沸騰中?
クリック&コピペで時給3000円以上の高額在宅ワークの募集案件のご案内

【乗り越えよう\(^o^)/】夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

★☆悩み解消☆★久保田式多汗症改善7日プログラム

(*>▽<*)投資はタイミング《純正統派 FXトレード投資方法》
あっという間に軍資金10万円で、1億円をたったの8ケ月で稼ぎだしたFX最強インジケーターとは?





《スポンサー》
キタ━(゚∀゚)━!ツイッタービジネスの決定版! 禁断のツールとライバル不在の新手法を完全公開!
※このサイトもフィードマティックにより完全自動化で作られています。
★当サイトより申し込み特典
【565件のツイート名言集】
フォロワー獲得、凍結対策など様々なシーンや用途でご利用いただけます。
成功のための格言200件/お金に関する名言82件/ユダヤの名言・格言50件/幸福に関する名言108件/時間に関する名言59件/人生に関する名言66件

×