あんまめ\(^o^)/

ネットで話題になっている情報を女子目線でまとめたった♪


「ヒカキン年収」ヒカキン動画で下着パンツがうつる放送事故【動画】

   

ヒカキン4

人気YouTuber・ヒカキンの動画で「映ってはいけないもの」が映ってしまった放送事故がネットで話題になっている。

ヒカキンはビートボックスの実力があり、YouTubeデビュー動画もビートボックスだった。ビートボックスでちょっとずつ話題になって毎日動画更新できるような面白い動画を出そうと考えて、現在の子供に大人気となった、


これは、誰でも出来そうにみえて彼の宣伝力や自己プロデュース力は、凄いの一言。

そのため、ヒカキンは企業から直前宣伝依頼されてる日本一のYouTuberになれた。
『HIKAKINTV』以外にも『HIKAKINGAMES』や『HIKAKINBLOG』『HIKAKIN』といった多ジャンルなチャンネルを構えてるので、宣伝があまり好きでない人でも、ゲーム分野や音楽(ビートボックス)分野が好きな視聴者に人気がある。

個人的にはヒカキンのおかげで、今までYouTubeを見ていなかった層もYouTubeを見るようになったことにより、市場規模も比例して大きく貢献している。

しかし、今回の放送事故はヒカキンの人気に影響するかもしれないもののようなので、今回はヒカキンについてまとめてみた。

■目次

ヒカキンプロフィール

ヒカキンはYouTuber

ヒカキンの年収

ヒカキンの放送事故

ヒカキンの今後

ヒカキンプロフィール

ヒカキン2

HIKAKIN(ヒカキン)

生年月日 1989年4月21日
出身 新潟県

新井市立妙高高原中学校を経て新潟県立新井高等学校に進学し、上越でのライブ活動などを開始。そして、2006年12月にYouTubeにて自身の公式チャンネル「HIKAKIN」を開設。

当初は海外のビートボクサーの動画を閲覧する目的で始めたが、自分で投稿すれば逆に見てもらえるのではと思い動画投稿を始めたと語っている。開設してすぐ動画を投稿したが、下手すぎて恥ずかしくなり削除してしまい、現存している最古の動画は2007年に浴室で撮影したビートボックスである。

高校卒業後、上手いビートボクサーが集中する東京に活動拠点を移し、スーパーマーケットの店員の仕事をしながら生計を立てていた。当時は自分の銀行口座を持っていなかったため貯金はなく、親から貰った2万円のみで上京したという。

勤め先のスーパーには社員寮があり、毎月の給料から家賃が引かれるため住む場所に困ることはなかった。それからは、夜の社員寮の浴室や自室などで安いマイクを使ってビートボックス動画を何回も撮影し、その中で100%上手くいったと思えるものを厳選し、月1・2本ずつ動画をアップロードしていた。

YouTubeパートナー(広告収入を得るシステム)に申請したこともあったが、当時は却下されてしまう。その出来事をきっかけに、「YouTube側からオファーされるようになってやる」と考えるようになり、視聴者側の視点に立った動画作りを心掛けるようになった。

上京から2年程は特に大きな出来事は起こらなかったが、少しずつ閲覧数が増えていき当時一番伸びていた動画で約20万再生だった。当時の日本ではYouTubeは全く知られておらず、殆どが海外からの閲覧で日本からの閲覧は1・2割程だった。 そして、2010年にアップロードした動画「Super Mario Beatbox」がYouTubeにおける日本国内月間アクセス一位を記録し、アメリカ合衆国の『CBS News』のトップニュースで取り上げられる。

アップロードの24時間後に20万アクセス、1週間後に100万アクセスを記録しその後、ついにYouTube側からYouTubeパートナーのオファーが来る。HIKAKINにとってはこの出来事による喜びが自分の原点だと語っており「スーパーの店頭で客に怒られたり、上司に嫌味を言われても自分にはYouTubeがある」と思っていたという。

2010年度YouTube世界ベストパートナートップ500人に選出、「WOWスタープロジェクト2010」では優勝しラスベガスに招待された。これらの出来事をきっかけに、パフォーマーとしてライブやテレビへの出演依頼も少しずつ来るようになったという。

参照wiki

目次にもどる

ヒカキンはYouTuber

ヒカキン

YouTuber は「広告代理行」の一種で、基本的に「個人事業主」になるので、自分が「YouTuber」と名乗れば、たとえ収益がなくてもYouTuberになれる。

だが「撮影用機材・編集ソフト・編集機材」などの知識や機材は最低限必要になるので、基本的には「18歳以上」で、それなりの「経済力」が無ければ、スタートの基礎を作れない。

よくYouTuberの動画を見ると、チャンネル名の右側に「小さなチェックマーク」が付いているが、これはつまり「経営者としての才能」がベースにあって「全てを、統括できる」、力量が「決め手」になっている。

youtubeの歴史として、はじめしゃちょーやヒカルのように大きな炎上騒動があった影響もあって、ヒカキンは相対的に評価が高くなっていった。というのも2017年のyoutubeは炎上が多かった。

2017年前のヒカキンは、よく2chで叩かれていた。
視聴者の大半が未成年なこともあり、社会人にはつまらなくても不思議ではない。主に動画はジャンケンとか、普通に編集したゲーム動画で、管理人個人的には本当に面白くは感じない。しかも毎日、同じような動画を投稿しているし、スマホゲームのガチャを引くだけの動画もあった。

ただ、YouTubeという世界は特殊なもので、1度トップになると、その人気はほぼ落ちないというのが現状がある。ヒカキンはYouTubeをやっている経歴が長く、今の動画が面白くないとしても、動画投稿を続けてさえいれば、ヒカキンの人気が落ちることはそうそうない。

また、YouTuberにとってYouTubeは職場でもある。
視聴者の大半を占める子供たちに好かれるため、ゲーム実況をしてみたり、バカなことをしてみたりするのは、少なからず人気を落とさないためにヒカキンが作り上げたYouTuberとしての見本となっている。

目次にもどる

ヒカキンの年収

ヒカキンの年収は、一部週刊誌によると10億あるとも言われているが、動画再生数の三で計算すると

ヒカキン=視聴回数は「ヒカキンブログ」ヒカキンゲームを合わせると、およそ40億再生数。

一般的に1動画0.1円~0,05円と言われているので、

ヒカキンチャンネル=2011年~:0.1円~0.05円計算:2億円~1億円

ヒカキンゲーム=2013年~:0.1円~0.05円計算:1億1000万円~5500万円

ヒカキンブログ=2013年~:0.1円~0.05円計算:206万円~103万円

※2017年までの計算


トータルでは、0.1円計算~0.05円:6億3206万円~3億1603万円。

2011年~活動しているもので、3つのチャンネルを総合計して6億万円を年で割ると1億ちょっと。そこに、企業からのタイアップ、ステマ動画、番組出演などのあるので、おそらくメイン収入の2倍以上を稼ぐことができているはず。

2chでは、ヒカキンのような大物YouTuberは1動画あたりの収益が0.1円よりも上だと言われているので、仮に0.5円だった場合、単純にこの収入の5倍の収益になる。0.5円計算だと単純計算で、トータル31億以上稼いだことになる。

あくまでおよその計算なので、正確の数字はわからないが、週刊誌が報じたヒカキンノ年収が10億というのも、あながち間違いではないのかもしれない。

目次にもどる

ヒカキンの放送事故

ヒカキンは過去に、自身の髪の毛や使用済みの靴下など本当に不要なものをメルカリ(スマホから誰でも簡単に売り買いが楽しめるフリマアプリ)に、「何かを出品する」という動画を投稿。さすがにやり過ぎと「不潔」「汚い」動画は炎上。結果、その動画をヒカキン自ら消去したといういきさつがあった。

ヒカキン6

結局、その動画で紹介されたものはメルカリに出品は中止したことをツイッターに投稿して謝罪しているが、普通の一般人なら髪の毛とか使用済みの靴下を欲しいと思わない。ヒカキンは確かに有名人ではあるが、ヒカキン自身はこれを面白い動画として出したことは事実。なので、根本的にYouTubeで炎上商法を利用している。またそれを信者が面白いとか欲しいとか言っていたので、一部のヒカキンファンにはこの騒動はウケていたようだ。

ヒカキン7


今回の動画削除になった動画は、ヒカキンがパンツで写真を撮っているところが映り込んでしまった放送事故が話題になっている。
ヒカキン本人も騒動に気付いて「だらしない」といって削除しているが、この動画を転載した動画が急上昇1位になってしまったことで、大きな話題となってしまったようだ。

目次にもどる

ヒカキンの今後

動画投稿のyoutuberは、今は稼げてる人達もたくさんいるみたいだが、いずれは淘汰されていく業界。

これはあくまで管理人個人の価値観も入っているが、現在でもYouTubeだけで生活出来ているのはごく一部のYouTuberのみ。それなのに、YouTube収益はどんどん下がっているので、いずれは生活するための収益獲得が困難になっていく。少なくとも、日本国内では「スポンサーの数」が足りていない。

それに「Youtube」自体もいつまで続くか分からない動画サービスなので、後先考えられる普通の人ではできない。もし、YouTubeが無くなったら、本当に職歴無しの集団になってしまう。

なので、Youtuberの文化は、「日本人の飽きやすさ」と「少子高齢化」で、Youtuberを支えてるメインの層(子供)が離れていき、いずれ衰退していく。

管理人個人としては、職業としてYoutuberをしてる人を批判するつもりもないが、ちゃんとした社会経験のないまま年だけ無駄に重ねて、今後、高齢の無職が増えていく事が良いことだという人はいない。

このまま行くと、職歴無しの無職が大量に出来てしまう。

ブームというのは過ぎ去るものなので、いずれ本当に人気のYouTuberだけが残り、落ち着きはすると思うが、動画で生活していたのだから、それは立派な培ってきた発想力も動画技術となるので、そういった技術は武器になるはず。ヒカキンのように人気なうちにタレント化して、他の生き方を視野に活動することが、本当に賢い生き方なのかもしれない。

続きを読む


出典: 独女ちゃんねる
詳細は引用元へ:「ヒカキン年収」ヒカキン動画で下着パンツがうつる放送事故【動画】

 - 独女



(^_-)-☆主婦を中心に人気沸騰中?
クリック&コピペで時給3000円以上の高額在宅ワークの募集案件のご案内

【乗り越えよう\(^o^)/】夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

★☆悩み解消☆★久保田式多汗症改善7日プログラム

(*>▽<*)投資はタイミング《純正統派 FXトレード投資方法》
あっという間に軍資金10万円で、1億円をたったの8ケ月で稼ぎだしたFX最強インジケーターとは?





《スポンサー》
キタ━(゚∀゚)━!ツイッタービジネスの決定版! 禁断のツールとライバル不在の新手法を完全公開!
※このサイトもフィードマティックにより完全自動化で作られています。
★当サイトより申し込み特典
【565件のツイート名言集】
フォロワー獲得、凍結対策など様々なシーンや用途でご利用いただけます。
成功のための格言200件/お金に関する名言82件/ユダヤの名言・格言50件/幸福に関する名言108件/時間に関する名言59件/人生に関する名言66件

×