あんまめ\(^o^)/

ネットで話題になっている情報を女子目線でまとめたった♪


「眞子様の婚約破棄」小室圭との破談理由の真相を秋篠宮さまが言及【画像】

   

11月30日に53歳の誕生日を迎えられた秋篠宮殿下の記者会見が行われ、長女である眞子さまと婚約内定していた小室圭について言及された。

秋篠宮殿下は、眞子内親王殿下のご結婚について「報道されていることについて、小室家としてきちんと説明し、多くの人が結婚に納得し、喜んでくれる状況を作ってほしい。そういう状況にならなければ、婚約にあたる納采の儀を行うことはできない」といった事実上の婚約破棄ととれる発言をされた。


この「報道されている内容」というのは、小室圭さんの母親による借金問題。

秋篠宮さまご夫妻に何度も「借金ではない」と言い張ったそうなので、小室家にとってはお金を何とか都合つけて返すわけにはいかなかった。小室親子は「もらったものだから返す必要はない」とかき言い張っているが、普通に考えて赤の他人が、他人の子に400万なんて出すわけがない。

小室圭の母親は、結婚ちらつかせて「あなたの子供になるのだから学費として400万出してくれ」と言った結婚詐欺師といわれても仕方がない状況にいる。

今回は、眞子さまと小室圭さんとの婚約破棄の原因となった破談理由についてまとめてみた。

■目次

小室圭プロフィール

小室圭さんの母親の金銭トラブル

小室圭と眞子さまの婚約が破談となった理由

眞子さまの婚約破棄は小室圭の母親だけの問題ではない

小室圭プロフィール

眞子様の婚約破棄6

小室圭(こむろけい)

出身 神奈川県横浜市
趣味・バイオリン、スキー、料理
最終学歴 ICU国際基督教大学

小室圭さんの母親は教育熱心だったようで、幼少の頃から小室圭さんにバイオリンを習わせ、英才教育を受ける。しかし、小学校は国立音大付属小に入学するが、父親が自○した後、すぐにインターナショナルスクールへ転校。(インターはそもそも「日本に滞在している外国人」向けの学校。なので、一般の日本人が通う義務教育を受けていない。将来的に海外の学校(大学とか)を通わせることを考えていたのなら、この選択は問題ない。)

眞子様の婚約破棄3

母親はケーキ屋でバイトをしながら家計を助け、自身でも高校時代からアルバイトを行い、ICU(国際基督教大学)へ入学。(この時、眞子さまと知り合う)2010年には藤沢市観光協会の観光をPRする「湘南江の島 海の王子」として活動していた。

アナウンサーを目指しアナウンサースクールに通うが、その後メガバンクに就職。
ここは、秋篠宮様と三菱との癒着は深く(秋篠宮家の公用車は三菱自動車のみ)、斡旋の可能性が高い。(現在の法律事務所も同様に秋篠宮家ゆかりの事務所)

現在、眞子さまとの婚約内定が延期される中、ニューヨークのフォーダム大学ロースクールに8月上旬に渡米。アメリカに留学する学生は、あらかじめ「留学ビザを取得してから海を渡る」のが一般的ではあるが、それらすべてを、勤務先である法律事務所からの生活費のサポート、約200人の同級生の中から1人だけが選ばれる「マーティン奨学金」により授業料が免除されて3年間も留学する。その費用は3000万円。

アルバイトの身分である小室圭さんが用意できるわけでもなく、これらすべて眞子さまの「秋篠宮家にお世話になっている」という事になる。

目次にもどる

小室圭さんの母親の金銭トラブル

眞子様の婚約破棄1

新潮が報じている小室圭さんの父親と祖父、親子2代が自○した件について、その報道が「誤りだった」という否定の報道はされていないので、これは事実という事になる。

仮に嘘であれば今の時代、週刊誌がとっくに名誉棄損で訴えられている。(実際に文春と新潮、皇族スキャンダル好きの女性自身しか父親の自○を報じていない)

更に、小室さんの父親の自○については、保険金の支払いに7年もかかったなんて具体的な話まででている。学費の面といい、なぜ韓国人が多いといわれているカナディアンインターナショナルスクール卒といい(帰国子女以外の日本人はまずいない)、すべてが小室圭さんの母親が韓国人であったと想定すると、一つの線につながる。

今回の問題となっている金銭トラブルは、小室圭さんが大学の入学の際、入学金200万円というまとまったお金が必要だった。

当時、母親が付き合っていた男性に400万円を借り(現在は別れている)その男性は小室圭の母親と結婚するものだと思っていたので、借用書を書いて貰えず。男性は「貸した」と思っていたので、別れることになって返済を求めたが、小室母親は「貰った」と解釈していて返済しなかった。小室圭さんもその場に同席し、母親と同調したそうなので、同罪といえる「結婚詐欺師」となる。

さらに、贈与と解釈する小室圭さんの母親が贈与税を支払っているのか?

贈与税の申告時効は通常6年、悪質なら7年。
おそらくというか無論、母親が申告しているとは思えず、ICUの入学時期(ちなみに小室圭さんは正規の入学ではなく9月の帰国子女枠)に合わせて、小室佳代さん名義へ振り込みしたという証拠の画像も掲載されているので、この借金トラブルは事実の可能性が高い。

今後、この件について裁判になる可能性は、裁判するタイミングとしては眞子様と結婚が確定した段階でするかもしれない。これだけ大きい問題になっているので、裁判を起こされると、結果に関係なく、皇室のイメージダウンは図りしれない。

目次にもどる

小室圭と眞子さまの婚約が破談となった理由

眞子様の婚約破棄2

現在、小室圭は今年の8月に留学先のフォーダム大学へ行くために、日本を出国。その小室圭さんの留学費用は、バイト先の弁護士事務所が出してくれると報道された。

小室圭さんは、眞子様と婚約内定していた2020年には留学先にいて、日本にいない状態なので、破談という言葉より、一旦白紙に戻したと考えていいだろう。

ネット上では、小室圭さんの留学をそのまま報道通り信じている人はおらず、何の担保もないバイトの身分になるパラリーガルに、留学資金を出して3年も休職させてくれる法律事務所などあり得ない状況に不信感が募っている。


この留学費用の大金を出したのは、眞子さまとの婚約破棄をするための手切れ金替わりに政府が用意したのではないか?というのが、ネット上で噂になっているようだ。

これは眞子様に何ら非はなく、むしろ可哀そうな立場であられるが、この宮内庁の対応は非常によくない。

こんな見え透いた嘘をついて、国民を馬鹿にするのもいい加減にしてもらいたいし、国民の税金投入など許しがたい悪行。留学など回りくどいことをせず、きっぱりと眞子様と小室圭は破談になったと明言すべきだった。

肝心の破談となった理由については、母親の金銭問題や宗教問題と様々な問題を抱えているので、一つではないだろうが、公の人と婚約すれば、色々と世間に漏れ聞こえてしまうことは当然予想できたはず。

小室圭は自分から声をかけ、プロポーズしているのだから、これらの借金問題は努力で解決できるレベルの要求だった。それを解決せずにいた小室圭自身の問題でもあり、秋篠宮家や眞子様が責任を取る理由は全くない。

破談に際し、このような留学による費用、もしくは多額の慰謝料・示談金を払われれば、それが恒例化し、ほかのケースの場合も多額の税金が支払われることになりかねない。皇太子待遇でない他の皇族では対応ができないことも起こり得る。

イギリス王室のように、破談になったとしても、国民に負担を及ぼさないよう配慮されるべき。すなわち、報道規制やら報道内容を後日偽りの修正をさせる程度はいいが、示談金=税金を使い、もみ消すことはあってはならない。

もし小室圭に後日談で暴露されたら、その程度の人物だったということ。金目当てで近づいてきた口軽男だったというイメージだけが残る。眞子様の幸せを願うより、個人的なネタを金に換えた小室圭のイメージダウンになるだけである。

目次にもどる

眞子さまの婚約破棄は小室圭の母親だけの問題ではない

眞子様の婚約破棄61

週刊文春によると、小室圭の学費は大学から貰える全額免除の奨学金ということでタダ、生活費は小室が働いている弁護士事務所が出すそうだ。アメリカでの小室圭は、セレブな留学生活を満喫中のようで、美女をはべらせ、毎日のように飲み会をしているという。

おそらく、この文春の報道は事実。
なので、秋篠宮さまが記者会見でお二人の結婚延期について、慎重に言葉を選び語られた。「今も二人が結婚したい気持ちがあるなら、それ相応の対応をすべきだ。」とは、小室圭が眞子様と結婚したい気持ちがあるなら、それ相応の対応をすべき問題。

婚約前なので、他人の家(うち)のことを何か言うのは一般家庭でもよくはないが、小室圭の場合はそれ相応の対応は必要。今話題になっていることはきちんと整理をして問題をクリアし、多くの人が納得し喜んでくれる状況にならなければ、納采の儀を行うことはできない。

小室圭の母は、元婚約者にお金を借り(本人は借りているつもりはないらしいが)生活費が足りない、携帯代が払えない、などと言って万単位を数回~留学費用の何百万にもなる。

特に留学費用に関しては、「通帳記入してコピーを取ったらすぐに返すから、一時的に〇〇万円貸してほしい」と言って借りたが、返していないので、明らかに詐欺行為。金を借りる時は毎回、『将来は圭が面倒を見てくれる』など、将来に不安を抱く年配の独身男性にとって『甘い言葉』を使用。


しかも、婚約者と言いながら、キスもしたことないそうだ。

婚約解消となり、元婚約者が小室母に「お金を返してほしい」と言うと、『贈与と認識している』と言って返さない。お金を返してもらえなかったために、元婚約者は家や車を売る羽目になった。


『母親の借金』とはいえ、小室圭の留学のための借金。

留学を終えて就職した小室圭も、元婚約者に返済を求められると、これまでに見たこともない形相で母と同様『贈与と認識している』と言い放った救いようのない人物。仮に、借りた時は母親から『贈与』だと聞かされていたのだとしても、「返してほしい」と言われたら、『贈与じゃなかったのか。それは申し訳ないことをした』と思わないのか?

全額は無理でも、毎月いくらか、何年かかっても必ずお返ししようとなぜ思わないか?

そもそも、なぜお金もないくせに留学するのか?

これは立派な結婚詐欺。

もちろん小室圭も承知の上での事なので、同罪。
このように、他人様を騙してでも己の欲を満たす、返済を求められても返さずに平然としていられるのが、人として問題。ただ単に借金があるから、結婚させないのではない。

小室親子の生き方、考え方が、眞子さまには相応しくないということになる。

まとめると、秋篠宮さまの会見で「相応の対応」の意味は、金銭トラブルや、今後について国民が納得する様な人物に成長するのであれば、まだ可能性はあるという意味と考え、小室圭さんはこの留学を謳歌するのではなく、自分への戒めとして、日々精進してもらいたいものだ。

続きを読む


出典: 独女ちゃんねる
詳細は引用元へ:「眞子様の婚約破棄」小室圭との破談理由の真相を秋篠宮さまが言及【画像】

 - 独女



(^_-)-☆主婦を中心に人気沸騰中?
クリック&コピペで時給3000円以上の高額在宅ワークの募集案件のご案内

【乗り越えよう\(^o^)/】夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

★☆悩み解消☆★久保田式多汗症改善7日プログラム

(*>▽<*)投資はタイミング《純正統派 FXトレード投資方法》
あっという間に軍資金10万円で、1億円をたったの8ケ月で稼ぎだしたFX最強インジケーターとは?





《スポンサー》
キタ━(゚∀゚)━!ツイッタービジネスの決定版! 禁断のツールとライバル不在の新手法を完全公開!
※このサイトもフィードマティックにより完全自動化で作られています。
★当サイトより申し込み特典
【565件のツイート名言集】
フォロワー獲得、凍結対策など様々なシーンや用途でご利用いただけます。
成功のための格言200件/お金に関する名言82件/ユダヤの名言・格言50件/幸福に関する名言108件/時間に関する名言59件/人生に関する名言66件

×