あんまめ\(^o^)/

ネットで話題になっている情報を女子目線でまとめたった♪


石橋和歩「親の顔や彼女写真」東名あおり運転事故の加害者の家族を2chが特定【画像】

   

東名高速のあおり運転で事故を引き起こし、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)で逮捕されている石橋和歩について、初公判が行われた。

石橋和歩は起訴内容とされた「あおり運転」をしたことは認めたが、弁護側は「危険運転致死傷罪は停車後の事故に適用できない」として無罪を主張した。高速道路で煽られた事で被害者の車を強引に止め胸ぐらを掴み、罵声を浴びせ、「高速道路に放り投げてやろうか」など脅し、その時に後ろから来た大型トラックが被害者の車に衝突し被害者2人がなくなったのに、なぜ無罪を主張できるのか?

今回の石橋和歩の東名あおり事故は、事件なのか事故なのか?

車の停車中に事故を起こした、「事故死」として扱われるのか?

それとも「危険運転致死傷罪」が適用されるのか?

今回の石橋和歩のあおり事故裁判は、今後の交通裁判に大きく影響を与えることは間違いない。

そんな2chで話題の石橋和歩だが、親の顔とみられる画像が2chで特定されているようなので、事件の概要についてまとめてみた。

石橋和歩

■目次

東名あおり事故概要

石橋和歩と一緒に同乗していた彼女

石橋和歩の親の顔を2chが特定

石橋和歩の裁判結果

東名あおり事故概要

石橋和歩6

2018年6月5日午後9時35分ごろ、石橋和歩は静岡市清水区の車修理業・萩山嘉久さん(当時45歳)一家のワゴン車の進路を塞ぎ、下り線の3車線のうち最も中央分離帯寄りの車線に停車させ、トラックとの追突事故を引き起こした。

石橋和歩が進路封鎖した理由は、直前のパーキングエリアで扉を開けてタバコを吸ってたところ、車の脇を通る際、一言「すみません、邪魔なんで通してください」声を掛けたことに腹をたて、付きまとうようにあおり運転を始まる。

事故発生した現場まで約1キロの間、後方から極端に接近されたり、前に割り込まれたりするあおり運転を続け、前方を封鎖するように車を停車。萩山嘉久さんのワゴン車は、停車せざるえない状況になった。

石橋和歩1

停車後、石橋和歩は車から降りて、謝罪を続ける嘉久さんの胸ぐらを掴んで殴るなどの暴行を加えた。その直後に、後方から来たトラックが、停車中のワゴン車に突っ込んだという。トラック側に背を向けていたと思われる萩山嘉久さん夫婦二人がなくなってしまい、石橋和歩は逃げるようにその場を逃走した。

石橋和歩2

警察は、現場検証やパーキングエリアの防犯カメラから石橋和歩を特定し、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)と暴行の疑いで逮捕。取り調べに対し石橋和歩は容疑を認めていたが、初公判では「危険運転致死傷罪は停車後の事故に適用できない」と弁護側が無罪を視聴している。

目次にもどる

石橋和歩と一緒に同乗していた彼女

石橋和歩3

今回のこの事故は言うまでになく、石橋和歩が自分勝手なあおり運転をして事故を引き起こし、無理やり停車させて、そこに追突事故を起こしてしまったことは許される行為ではない。

ただ、「石橋和歩の車に同乗していたという彼女も同罪」とネット上では特定、批判の対象になっているが、その彼女も石橋和歩を制止していたようだ。

記事内容

神奈川県大井町の東名高速で、ワゴン車を停車させて事故を引き起こし、逮捕された男が、同乗者の制止を振り切っていたことが新たに分かりました。

石橋和歩容疑者(25)は6月5日夜、大井町の東名高速の追い越し車線で車をワゴン車の前に止めて進路をふさぎ、後続の大型トラックとの事故を引き起こし、ワゴン車に乗っていた萩山嘉久さん(45)と妻の友香さん(39)を死亡させた疑いなどが持たれています。

その後の捜査関係者への取材で、石橋容疑者の車に同乗していた女性(22)が石橋容疑者が車の進行を妨害し、萩山さんに暴行する際に制止していたことが分かりました。警察は石橋容疑者が女性の制止を振り切ってまで暴行を加えた理由など、事件の経緯を詳しく調べています。

テレ朝ニュース

実際の状況として、仮に隣に乗っていた彼女が「危ないからもうやめようよ」と泣き叫んでもハンドルを握るドライバーの石橋和歩が暴走していては、止める術はない。

フジテレビ「グッディ」の取材では、「石橋和歩の彼女も怪我を負った」とのことなので、石橋和歩の無謀行動による被害者と言える。2chでは彼女自身が共犯と構成するなど、石橋和歩の行動を助長したか否か未確認のまま名前や顔写真を特定し、ネット上では彼女まで嫌がらせ行為を受けている。

事故前に、石橋和歩の彼女が夫婦の娘さんに車から降りるように言ったそうだが、それだけで共犯にするのもおかしい。事実関係も正しく判断しないまま、ただ感情の暴走するままに「私刑」を押し通そうとするのは、石橋和歩と同じ穴のムジナに成り下がってしまう。

確かに、石橋和歩の行為は許せるものではない。

だからといって、被害家族に同情や肩入れし、正義を行っている「フリ」をしながら、その実、日頃の憂さ晴らしに誰かを叩きたいだけの卑怯者、その事実を認めようとしないのはどちらも同類といえる。

目次にもどる

石橋和歩の親の顔を2chが特定

石橋和歩4

今回のこのあおり事故は、言うまでになく石橋和歩が感情をムキ出しにした結果、無謀運転で交通法規無視して運転をしたことで起きた事故。

今まで生まれてから大人になるまで、甘やかされて生きてきて、何も世の中の事すら分からずきた可哀想な人間かもしれない。 それか、自分勝手な事して人様に迷惑かけても、反省しない人間。石橋和歩をそうゆう人間に育ててしまった親にも責任はある。

2chでは、すでに石橋和歩の親の顔画像というものが特定され、出回っていて、中には「死んで償え」だの脅迫、誹謗中傷するといった書き込みまで見られる。

2ちゃんねるは匿名で書き込みが出来るので、昔からすごい人がいっぱい潜伏しており、こんな個人の特定なんて朝飯前。SNSの画像なんてupなんてしたら、その画像の背景からすぐに住所を特定できる。ましてや制服など特徴的な服を着てたら、学校名など個人情報を自ら漏らしているようなもの。

管理人個人の感想として、この事件についてはとても胸を痛むが、関係者に裁きを望むのなら民事訴訟を起こせばいいのであって、他人がネット上で石橋和歩の親の顔写真まで特定して「お前の居場所探して○すぞ?」と脅迫したり、自○を強要するような書き込みをするのは間違っている。

当事者が法廷で行えばいいことなので、それは正義感でもない。「抑止力になっているから」と屁理屈を並べる人もいるが、逆に脅迫罪で検挙されれば、本末転倒。もはやそういった行動に移ること自体が謎。

この事件は石橋和歩という一人の「独りよがり」の人間が引き起こした悲劇。

今後、こういうふざけたヤツが出ないように「見せしめ」に極刑、それに近い刑に処されるべきではあるが、我々に出来ることは何一つない。恨むなら、司法に矛先をむけるしかない。


石橋和歩の親や住所を特定し、SNSで拡散させ、石橋和歩の家族に被害が及んでいることを考えると、やっていることは正義を振りかざした犯罪だという事に気付かないといけない

目次にもどる

石橋和歩の裁判結果

残念だが、車を止めてから3分後に、被疑者と関係ないトラックがぶつかってきたという事実がある以上、弁護側の「危険運転致死傷罪は停車後の事故に適用できない」という意見が正しい。

事故が「危険なあおり運転」そのものではなく、それによって無理やり停車させた2分後に発生している、という状況をどうみるか。検察は「負ける」のを嫌がるので、勝てる軽いほうで起訴内容を変更(えん罪防止の観点からはよくないことではあるが)検察は停止後に起こった事故との因果関係が認められるとして、より罰則の重い危険運転致死罪で起訴。さらに、予備的訴因として監禁致死傷罪を追加した。

監禁致死傷罪とは、不法に人を逮捕・監禁の結果として傷害または死亡の結果が生じた時、量刑の上限懲役15年が下せる。

相対的応報刑論を無視した量刑は、国民の賛成を得られないだけでなく、比較法の観点からも異端視されることは間違いない。

石橋和歩が初犯でる事、反省している事、その原因の一端を被害者が関係している事などを加味した場合、執行猶予の可能性はある。(例えば懲役2年6か月執行猶予5年など)要するに検察が、監禁状態の比較的短時間である事や監禁までの間に被害者をどこまで暴行をくわえていたのかの証明、その分の加算を証明できないと執行猶予は間違いなくつく。



このように、石橋和歩は日本の法律に照らし合わせても執行猶予が付く可能性が大。

高速道路上での事故は車に乗務していた時の事故ではなく車から降りて話し合いでの事故なので危険な高速道路追い越し車線に止めた重過失にしかならない。

しかも、事故から逮捕さるるまでの4か月間逃走もしていないので、厳密に言えば逮捕拘留もおかしな話。確かに感情的には「死刑」と言う気持ちは誰しも持ち合わせるが、今回は逮捕まで4カ月放置し、マスコミが騒ぎ始めてようやく拘留している。(マスコミが騒がなければ逮捕も無かったのでは?)

「危険な強制的停車」というのが重要な要素ではあるが、被害者にも事故を避ける責任、また避けることができた、という側面もあり、つまり「三車線あるうちの最も危険な追い越し車線になぜ移動したか」という点で、危険な進路妨害に対して追い越し車線に車線変更する行為もまた「危険な行為」と言える。

石橋和歩の行為の問題は、

・ぶつかったのはトラックであること

・石橋和歩は事故時車輌に乗っていなかったこと

・石橋和歩の危険運転行為により、相手を危険な状態で強制停車。それが重大な事故原因になった


今、まさに検察が上記の解釈により、危険運転適用の法的解釈を必死に検討している。


警察が過失運転致死傷罪で逮捕したのは、その時点ではその罪でしか逮捕状がとれなかったということでしかない。だが、過失運転致死傷害罪も、「あおり運転行為で人を傷つけ事故を起こした」のは事実。

その罪で裁判所が逮捕状請求を認めたということは、紛れもない事実なので、もし危険運転致死が認められれば、最高懲役は20年に出来る。なお、加害者には余罪(常習性)もあり厳しく罰せられるとは思うが、危険運転と過失死傷を別けて考えるのが妥当だろう。

続きを読む


出典: 独女ちゃんねる
詳細は引用元へ:石橋和歩「親の顔や彼女写真」東名あおり運転事故の加害者の家族を2chが特定【画像】

 - 独女



(^_-)-☆主婦を中心に人気沸騰中?
クリック&コピペで時給3000円以上の高額在宅ワークの募集案件のご案内

【乗り越えよう\(^o^)/】夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

★☆悩み解消☆★久保田式多汗症改善7日プログラム

(*>▽<*)投資はタイミング《純正統派 FXトレード投資方法》
あっという間に軍資金10万円で、1億円をたったの8ケ月で稼ぎだしたFX最強インジケーターとは?





《スポンサー》
キタ━(゚∀゚)━!ツイッタービジネスの決定版! 禁断のツールとライバル不在の新手法を完全公開!
※このサイトもフィードマティックにより完全自動化で作られています。
★当サイトより申し込み特典
【565件のツイート名言集】
フォロワー獲得、凍結対策など様々なシーンや用途でご利用いただけます。
成功のための格言200件/お金に関する名言82件/ユダヤの名言・格言50件/幸福に関する名言108件/時間に関する名言59件/人生に関する名言66件

×