あんまめ\(^o^)/

ネットで話題になっている情報を女子目線でまとめたった♪


「ホームアローン子役死去」現在のマコーレーカルキンがやばい【画像】

   

2018年12月14日(金)放送、日本テレビ系金曜ロードSHOW!「ホーム・アローン」
21時00分~22時54分

コメディ映画を代表する名作「ホーム・アローン」が今夜放送。
いわずと知れた天才子役マコーレー・カルキンを一躍有名にした主演作品でもある。子供が主人公なので、子供向けと思いがちだが、クリスマスのファミリー映画として老若男女どの世代にも楽しめる。ストーリーもとてもわかりやすく、家族全員で旅行に行くはずが独り家に取り残されてしまった少年ケビンと家に入り込もうとする強盗の戦いを。マヌケで悪い事を企んでいるのに何故か憎めない泥棒を、子役のケビンが撃退する姿、随所に散りばめられた笑いや味が見ていてスカッとする。

そんな全世界を巻き込んで話題を呼んだホームアローンに登場した子役が、死去したというネットの噂が出回っているので、マコーレー・カルキンの現在についてまとめてみた。

■目次

ホームアローンあらすじ

ホームアローン子役はマコーレー・カルキン

ホームアローンの子役で人生が狂ったマコーレー・カルキン

子役の親

ホームアローン子役が死去?

マコーレーカルキンの現在

ホームアローンあらすじ

ホームアローン 子役6

シカゴに在住するマカリスター家は、ケビンの伯父(ピーターの兄)のパリ転勤を機にクリスマスの家族旅行に行くことになっていた。

しかし深夜に起きた停電で目覚まし時計がリセットされてしまう。翌朝、全員が寝坊した上、急いで空港へと向かったため、前日の兄とのトラブルにより屋根裏部屋で寝ていた8歳の少年ケビン・マカリスター(マコーレー・カルキン)が1人家に取り残されてしまった。

ケビンはうるさい家族がいなくなった事を喜び、1人暮らしを満喫する。
しかし、その家を2人組の泥棒、ハリー・ライム(ジョー・ペシ)とマーヴ・マーチャント(ダニエル・スターン)が狙っていた。ケビンは家を泥棒から守るべく、日用品を用いて家中にトラップを仕掛け、泥棒たちを迎え撃つ。

参照wiki

目次にもどる

ホームアローン子役はマコーレー・カルキン

ホームアローン 子役4

マコーレー・カーソン・カルキン
生年月日 1980年8月26日
出身 アメリカ・ ニューヨーク州
身長 167.6cm

7人兄弟(5男2女)の次男で、弟に同じく俳優のキーラン・カルキン、ロリー・カルキンらがいる。父親は舞台俳優キット・カルキン、叔母に女優のボニー・ベデリアがいる。

4歳からYMCAのダンス・スクールでバレエを習い、アメリカン・バレエ・スクールへ。
ニューヨークのシティ・バレエ団で『くるみ割り人形』などの舞台を経験し、1987年に映画デビュー。 1990年に出演した『ホーム・アローン』が世界中で大ヒットとなり、世界一有名な子役(『ギネスブック』認定)となる。

1991年に主演した『マイ・ガール』も大ヒットし、1992年には続編である『ホーム・アローン2』に出演。前作と同様に世界中で大ヒットとなった。 この時にギャラが前作の10万ドルから450万ドルまで跳ね上がり、ドル箱子役として持てはやされた。

その後もギャラは高騰し続け、1993年に出演した『ゲッティング・イーブン』と1994年に出演した『リッチー・リッチ』では子役としては破格の800万ドルのギャラが支払われた。

しかし、マコーレーのマネジャーを務めていた父親の非常識な要求などで1994年後半にはオファーが減少。

さらに1995年に両親が別れ(元々結婚していなかったので離婚ではない)、マコーレーが稼いだ1,700万ドル(当時のレートで約17億円)を巡って裁判を起こした。裁判は泥沼化し、1996年にマコーレーは「父と母が裁判に決着をつけるまで自分はどの作品にも出演しない」と俳優活動の休業を発表。

1997年2月、裁判所が「マコーレーの稼いだお金は家族ではなくマコーレーの会計士が管理するように」と命じ、同年の4月にマネジャーを務めていた父親がすべてを放棄する形で裁判は終了した。

マコーレーは18歳までこの裁判で争われた自身の稼いだ金額を知らず、その莫大な額に「辛いことばかりだったけどこれまでの成果を見たような気持ちになり、すごく嬉しくなった」とコメントしている。

参照wiki

目次にもどる

ホームアローンの子役で人生が狂ったマコーレー・カルキン

ホームアローン 子役1

ホームアローンがヒットしたおかげで有名になれたマコーレー・カルキンだが、有名になったがゆえに、家庭が揉め、両親が別れ、人生が大きく狂ったのだから皮肉なもの。

前作の興行収入から製作費や広告費を差し引いても700億以上の売り上げを上げたのにも関わらず、二作目ではギャラ交渉で揉めてしまい、ホームアローン3から出演することが叶わなくなってしまった。

ちなみに「ホーム・アローン」のギャラが全部で830万円、「ホーム・アローン2」のギャラが3億7,000万円、「ゲッティング・イーブン」と「リッチー・リッチ」のギャラがそれぞれ6億6,000万円で、子役時代だけで14億円を稼ぎだした。配給収入は全世界で5億3300万ドル(当時の日本円で約700億円)

これら子役時代のギャラ14億を父親がすべて受け取っているが、裁判の判決でマコーレーに全額渡す判決が下されている。(全額支払らわれたかは不明)

父親と製作者の両者が歩み寄っていればホームアローン3作目にも出られただろうし、親も仲良く別れることなく、すべてが丸く収まったはず。事実、マコーレー・カルキンのまま起用していれば、興行収入は別の子役にさせるよりもっと上がったと言われている。

目次にもどる

子役の親

マコーレー・カルキンの人生を振り返ると、その親に問題があるように感じる人も多いだろう。

マコーレー・カルキンのようによっぽどの売れっ子になったのなら別だが、実際ほとんどの子役は大赤字。ギャラは低いし、競争率は高いし、レッスンや自前の衣装代、交通費等など時間もお金もかかりすぎる。

なので親の負担は、かなり大きい。
日本の子役でも「ギャラが高い」と言われるCMでも大人と違い、子役のギャラは安く、良くて数万円程度。ドラマなど、エキストラなら数千円。単発ドラマなら1万。そこまでいくのに、何年もレッスン重ねたり、オーディション重ねたり、当然全て費用は親負担。ある程度の知名度がある子役なら、これらの出費を賄えるのだろうが、大多数の子役は赤字だと思っていい。


大抵の親は裕福になるどころか、家計を圧迫するだけ。

全額投資するか、子役のギャラをすべて親がもらうか、ある程度の貯えを作ってやろうと考えるかは親によって違うだろうし、わざわざ強制労働させて子供が有名になるのを夢見る親バカもいる。ただ、ほとんどの子供が学校と仕事、レッスンが忙しいので自分から率先して「やりたい」と思うことも少なく、親子関係も悪くだけ。

子役としてある程度の成功したのなら、その費用を子供に投資している以上親が回収して悪いといいきれないのだが、マコーレーのマネジャーを務めていた父親は、その回収をしようと、非常識な要求を繰り返してしまった。結果、子役としてのオファーが減少し、両親が別れ、マコーレーが稼いだ17億の裁判まで起こされる結果になってしまった。

目次にもどる

ホームアローン子役が死去?

ホームアローン子役・マコーレー・カルキンは、父親との決別で『タイタニック』でレオナルド・ディカプリオが演じていた役の候補に挙がっていたものの、そのオファーも蹴っている。

本人いわく「普通の学生生活を送りたい」と子役のために設立された高校に入学したが、実際は父親が高額なギャラを要求していたことで、折合いが付かなかったとも言われている。

本人もあっさりと学校を中退し1998年4月、1高校で知り合ったレイチェルと17歳で結婚し、世間を驚かせた。これ以降、メディアの前に出ることもなかったマコーレー・カルキンだが、2004年に友人の運転する車で、スピード違反で警察官に車を止められた際、マリファナを所持していたことで現行犯逮捕。保釈金4000ドル(約44万円)で保釈されたことがニュースで報じられた。

ホームアローン 子役5

すでに重度のヘロイン中毒だったようで、2012年にはマコーレ・カルキンが自○未遂したと米メディアに報じられている。周囲の友人に「○にたい」と口走りながらヘロインを打ち、強い鎮痛剤も服用、あわや過剰摂取で死ぬところだったと伝えている。


薬物の中でも、覚醒剤よりヘロインの方が危険と言われており、1週間で廃人になるといわれている。

ヘロインはその使用者に対して肉体面での依存症と精神面での依存症があり、使用量を少し間違えても過剰摂取で○ぬし、中毒性がはるかに高い。

覚せい剤は切れたら眠くなっていくが、ヘロインは薬が切れるとき全身の激痛や嘔吐、幻覚などで死ぬほどキツイ。だからヘロイン中毒者は、怖くてヘロインを切らす事が出来ない。

覚せい剤の場合は、基本手に入らなきゃ使用をしなくても平気だが、ヘロインは「何としても手に入れないと!」という感じで中毒性が強い。肉体面における依存症状としては、身体中の関節に走る激痛、弱い 風が当たっただけで素肌に走る激痛など。このヘロイン中毒は直すことも難しいといわれているので、マコーレー・カルキンに死去説が流れたようだ。

ホームアローン 子役

目次にもどる

マコーレーカルキンの現在

結論から言うと、38歳になったマコーレーカルキンの現在も生存しており、友人であるトビー・グッドシャークとアダム・グリーンと共に「スリー・メン・アンド・ア・ベイビー」という名のグループを結成し、個人では画家としても活動をしている。

ホームアローン 子役3

マコーレーカルキンの担当はヴォーカルと、打楽器全般や膜鳴楽器。
ツアーなど音楽活動を続けており、本人曰くヘロイン中毒は克服したと宣言している。


しかし、ヘロイン中毒に関しては、簡単に治るものではない。

ヘロインは身体的にハードな影響があるので、体にどんな悪い影響を与えていてもおかしくない。これはアルコールとタバコも同様だが、スイスではヘロイン中毒を税金から処方してくれる。ヘロイン中毒者を「病気だ」と認めて、死ぬまで純度100%のヘロインを投与。


末期がんの患者みたいに、苦しみを和らげる目的で使われることもある。

ただ、中毒者は純度100%ヘロインを毎日打ったとしても快楽は味わえず、コーヒーを飲んで一服するのと同じ程度で、投与を辞めれば呼吸停止などそのまま死去する可能性もある。



ヘロインは、日本やアメリカ合衆国では、医療用(ペインコントロール)としても違法。
この目的ではモルフィンなどで代用している。(ひょっとしたら、州によってこの依存症治療を使われることはあるかもしれない)

もちろん、いかなる薬物であれ、医薬品規格で製造されたものでなければ人体に「合法的」に使用することは出来ないので、マコーレーカルキンがこの依存治療を行っているかは不明。

今回のホームアローン子役死去情報は、マコーレー側の代理人は報道を真っ向から否定したそうだが、重度のヘロイン中毒なら余命半年はありえること。薬物の規制で法を重くすることは、蔓延防止に繋がらないと世界各国で認められているし、日本も自ら証明している(覚醒剤取締法違反の罰則を重くしても検挙数は減らなかった)。


日本は薬物依存症患者のことを『犯罪者』と見ているからダメなのであって、海外みたく『依存症患者』と見なさなければ改善の余地はない。

中国では、売人や密輸入者に対しては○をもって償わせるが、末端の売人や乱用者は『患者』扱いで、刑務所ではなく治療センター行き。薬物依存症患者は、刑務所ではなくマコーレーのように知識ある医師や治療センターみたいな場所でサポートをうけて、治療すべきなのかもしれない。

続きを読む


出典: 独女ちゃんねる
詳細は引用元へ:「ホームアローン子役死去」現在のマコーレーカルキンがやばい【画像】

 - 独女



(^_-)-☆主婦を中心に人気沸騰中?
クリック&コピペで時給3000円以上の高額在宅ワークの募集案件のご案内

【乗り越えよう\(^o^)/】夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

★☆悩み解消☆★久保田式多汗症改善7日プログラム

(*>▽<*)投資はタイミング《純正統派 FXトレード投資方法》
あっという間に軍資金10万円で、1億円をたったの8ケ月で稼ぎだしたFX最強インジケーターとは?





《スポンサー》
キタ━(゚∀゚)━!ツイッタービジネスの決定版! 禁断のツールとライバル不在の新手法を完全公開!
※このサイトもフィードマティックにより完全自動化で作られています。
★当サイトより申し込み特典
【565件のツイート名言集】
フォロワー獲得、凍結対策など様々なシーンや用途でご利用いただけます。
成功のための格言200件/お金に関する名言82件/ユダヤの名言・格言50件/幸福に関する名言108件/時間に関する名言59件/人生に関する名言66件

×