あんまめ\(^o^)/

ネットで話題になっている情報を女子目線でまとめたった♪


アパマンショップ平岸駅前店が札幌市豊平区平岸3条8丁目の爆発原因で公式サイトを閉鎖【画像】

   

アパマンショップ平岸駅前店1

12月16日夜、札幌市豊平区平岸3条8丁目のアパマンショップ平岸駅前店で爆発があり、ネットでは騒然となっている。

地元のHTBニュースでは、現場からはスプレー缶およそ100本がみつかっていたことが判明し、不動産会社の従業員がガス抜き作業をした結果、そのガスが引火し爆発。41人がけがをして病院に運ばれ、男性1人が重傷とのこと。

この建物には防火管理者が選任されていかったり消火器が一部設置されていないなど消防法上の備が複数あったという。しかも、2年半ほど前から6回に渡り、立ち入り検査をしていたのにも関わらず、改善されていなかったそうだ。

今回は、爆発原因のアパマンショップ平岸駅前店がネットで大炎上しているので一連の騒動についてまとめてみた。

■目次

札幌市豊平区平岸3条8丁目の爆発

アパマンショップ平岸駅前店が爆発の原因

アパマンショップ平岸駅前店が周辺に被害の賠償を支払う?

スプレー缶の廃棄方法

札幌市豊平区平岸3条8丁目の爆発

アパマンショップ平岸駅前店4

12月16日午後8時半ごろ、札幌市豊平区平岸3の8の建物で起きた爆発と火災で、入居する3店舗のうち最も倒壊が激しかった「アパマンショップ平岸駅前店」の男性従業員が「室内で100本以上の除菌消臭用のスプレー缶を廃棄するため穴を開け、湯沸かし器を付けたところ爆発が起きた」と話していることが17日、捜査関係者への取材で分かった。

スプレーには引火性が高い成分が含まれていたといい、道警や札幌市消防が経緯を慎重に調べている。

爆発があった建物は木造2階建てで、アパマンショップと居酒屋「北のさかな家 海さくら平岸店」、整骨院の3店が横並びに入居。この事故でアパマンショップと、海さくら平岸店がほぼ倒壊し、整骨院も外壁などが崩れた。消防などによると、付近のマンションなど少なくとも20棟が破損、数百メートル離れた車の窓ガラスが割れるなど広範囲で被害があった。  

札幌豊平署などによると、火災は5時間以上がたった翌17日午前2時10分ごろに鎮火し、延べ約360平方メートルを全焼した。消防は16日に負傷者を42人としていたが、41人に修正。1歳から60代の男女40人が軽傷、アパマンショップの30代の男性従業員が顔をやけどするなどの重傷を負った。同署などは最初の爆発後、建物に燃え広がった経緯について、付近に充満したプロパンガスに引火した可能性があるとみている。

アパマンショップ平岸駅前店3

消防などによると、アパマンショップに設置されていた20キロのボンベ計2本と、海さくら平岸店の50キロのボンベ計5本は、一部で外側が焦げていたが、いずれも破裂など大きな破損はなかった。道警などは17日、現場検証を行い、ガスの配管などに損傷がなかったか調べる。  海さくら平岸店の経営者によると、店内には当時、客42人と店員5人がいた。従業員の一人は「店内のガス警報器は鳴らず、ガス臭もしなかったが突然爆発した」と話したという。

産経ニュース

目次にもどる

アパマンショップ平岸駅前店が爆発の原因

アパマンショップ平岸駅前店

スプレー缶の残留量程度の(LP系)ガスでは、閉めきった狭い範囲でなら、何らかの影響の可能性は無いとは言えない、しかし、窓を開けて排出したガスが、例え室内に流れて来ていても希薄されており、コンロの火に引火するなど考えられない。

要するにアパマンショップ平岸駅前店でのガス引火は、密閉された空間で行った可能性が高い。

ガス警報機が付いているのなら、都市ガスの警報機は、天井側に設置。(ガスが上に上がる)
プロパンガスの警報機は、床付近に設置してある。(ガスは下に下がる)

スプレー缶のガスは、下に漂うタイプになるので、上の理由により、コンロの設置している高さまでガスが漂うとは考えられない。それと、常識的にガス抜きをした直後に、火をつける様な事はしない。念を入れて火を使うのを待機するなら、数分間で十分と考えるはず。


要するに、このガス爆発はアパマンショップ平岸駅前店の社員による無知が引き起こした人災といえる。

目次にもどる

アパマンショップ平岸駅前店が周辺に被害の賠償を支払う?

アパマンショップ平岸駅前店6

大家にも消防管理責任はあるが、ガス爆発の直接な原因ではないので、おそらく免責事項の適用になるだろう。

よって被害にあわれた方は、どこにも任外は請求できず、周辺で被害にあった人は住めなくなったことで引っ越しになったとしても敷金が退去費用として全額返還される。(借主の責任でない爆発による建物使用不能による契約の終了になるのなら、預け入れている敷金とか保証金は全額返還される。)

残念ながら、保険に加入していないのだったら、借主は自己の動産などを撤去し、大家は自己の費用負担で解体するしかない。原因がアパマンショップ平岸駅前店なので、損害賠償請求できるが、消防管理として持ち主たる大家に重過失があるのなら損害賠償責任は問えるか?が難しいところ。


いずれにしても、一番の責任はアパマンショップ平岸駅前店なことは間違いない。

目次にもどる

スプレー缶の廃棄方法

1996年ごろから、フロンガスに替わり可燃性の液化石油ガス(LPG)がスプレー缶に使用されるようになってから、缶に残ったガスや液体が原因と考えられる清掃車の火災が相次いだため、東京都清掃局は穴を開けて中身を空にしてから捨てるように呼びかけた。

これは自治体によるが、殆どの自治体で穴を開けて中身のガスを完全に抜いてから捨てるようになっている。(収集している時に、ガスが残っている場合爆発する恐れがあるため)


しかし一方、穴を開ける際に引火、爆発する事故が多発したため、東京消防庁は穴を開けずに捨てるように勧めた。両者は処分方法について話し合いを始めたが、意見が一致していなかったが、東京都清掃局は都民を危険にさらせないとして、使いきりを前提に「穴を開けずに捨てる」ことを了承した。

これは東京都清掃局が収集を行う地域に限られ、自治体によってスプレー缶の廃棄方法は異なっている。現在、全国の自治体の約8割が穴を開けてから捨てるように指導している。また、使いきっていない場合の中身の排出方法は製品によって異なるので、製造元に問い合わせる必要がある。

現在では不要になったスプレー缶(整髪料など)の処分、スプレー缶に穴を開ける器具に、(カニの足の様に挟んで穴を開ける)や(尖った先端を押し付けて穴を開ける)など色々有るが、手持ちの物で簡単に行える。

ただ、今回のようにスプレー缶の爆発事故などは現在も多々あり、事故の原因は殆どが缶に圧力を加えたり、高温の場に置いていた、加熱され圧力が異常上がっている時に缶に衝撃を加えた事による事故。

なので、作業する場所は、ベランダなど通気の良い箇所(ベランダなどの外部でできない場合は、換気扇の近く、必ず火の気の無い所で。)で行うだけでこういった事故は避けれる。換気扇の場合は、暫く回し続けておくだけで、なんら問題はない。

缶を見てみると「火気のない野外で噴射音が完全に消えるまでボタンを押し、完全にガスを抜いてから2~3時間放置し処分してください」など、大抵は注意事項が書いてある。

多分、メーカーによって使っているガスが違い、穴を開ける際に火花が発生する可能性もあるので、それで引火し爆発することを恐れて、こういった注意書きが書かれているのだろう。

なので、その通り行えば、こういった爆発事故は避けれるので、婚期アはアパマンショップ平岸駅前店の従業員がちょっとした危機管理をしていれば起るはずもない事故だったと認識し、同じような事故を起こさないよう被害の賠償をしてもらいたいものだ。

 

続きを読む


出典: 独女ちゃんねる
詳細は引用元へ:アパマンショップ平岸駅前店が札幌市豊平区平岸3条8丁目の爆発原因で公式サイトを閉鎖【画像】

 - 独女



(^_-)-☆主婦を中心に人気沸騰中?
クリック&コピペで時給3000円以上の高額在宅ワークの募集案件のご案内

【乗り越えよう\(^o^)/】夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

★☆悩み解消☆★久保田式多汗症改善7日プログラム

(*>▽<*)投資はタイミング《純正統派 FXトレード投資方法》
あっという間に軍資金10万円で、1億円をたったの8ケ月で稼ぎだしたFX最強インジケーターとは?





《スポンサー》
キタ━(゚∀゚)━!ツイッタービジネスの決定版! 禁断のツールとライバル不在の新手法を完全公開!
※このサイトもフィードマティックにより完全自動化で作られています。
★当サイトより申し込み特典
【565件のツイート名言集】
フォロワー獲得、凍結対策など様々なシーンや用途でご利用いただけます。
成功のための格言200件/お金に関する名言82件/ユダヤの名言・格言50件/幸福に関する名言108件/時間に関する名言59件/人生に関する名言66件

×