あんまめ\(^o^)/

ネットで話題になっている情報を女子目線でまとめたった♪


西沢裕司の現在「全日空61便ハイジャック事件の犯人」親の家族や実家の今について戦後重大事件の新事実2018で再現ドラマ化【画像】

   

2018年12月25日(火)放送、TBS系列「戦後重大事件の新事実2018」
19時00分~23時24分

「レインボーブリッジをくぐりたかった」

という身勝手な理由でANA61便をハイジャックした犯人・西沢裕司の事件を特集。

ハイジャック犯、西沢裕司は羽田空港の防犯上の盲点を指摘し、防止策も提示していたにもかかわらず、関係各所はそれを軽んじて対策を怠っていたことを指摘していたのにも関わらず、改善されることがなく事件が起こってしまった。

このANA61便のハイジャックに対する警備上の対応として、それまで機長の裁量で認められてきたコックピットへの一般乗客の見学・立ち入り禁止の措置が日本で取られた。その後、2001年に発生したアメリカでの同時多発テロへの対策として全世界的に操縦室への一般旅客の立ち入りが禁止されたが、現在でも一部の航空会社では守られていない場面はあるという。

西沢裕司のようにこうした身勝手な人間が侵入する可能性が有るので、やはり禁止すべき。

今回は、全日空61便ハイジャック事件の犯人・西沢裕司の現在が2chで判明したので、全日空61便ハイジャック事件の概要についてまとめてみた。

■目次

全日空61便ハイジャック事件とは

全日空61便ハイジャック事件の犯人・西沢裕司

西沢裕司の現在

西沢裕司のようなハイジャックは現在できない?

全日空61便ハイジャック事件とは

西沢裕司の現在8

1999年7月23日に発生した日本におけるハイジャックで人質が○亡した初めてのハイジャック事件。

1999年7月23日午前11時23分、羽田空港発新千歳空港行きの全日本空輸61便(B747-400D)は乗員14人+乗客503人の計517人を乗せて羽田空港を離陸。

離陸直後、搭乗していた西沢裕司(当時28歳)が大声を上げながら立ち上がり、客室乗務員に包丁を突きつけ、コックピットへ行くよう指示。11時25分、機長より地上管制に「ハイジャック発生」の緊急通報が発せられた。

西沢裕司はコックピットへ侵入した後、横須賀への飛行を指示し、機長らは指示に従い南西方向へ変針した。61便は木更津上空を通過して横須賀方面へ飛行し、犯人は続けて伊豆大島方面への飛行を指示した。午前11時38分、犯人は副操縦士らをコックピットの外へ追い出して扉を閉め、機長と2人でコックピット内に留まった。


西沢裕司は機長に対して自分に操縦を行わせるように要求。
機長は要求に対してなだめようと試みたが、西沢裕司は機長を包丁で刺し、自ら機体を操縦しようと試みた。、操縦席に座って実際に操縦行為を始めたが、61便は北に変針して神奈川県上空を降下しながら北上、横田基地付近で急旋回して南下を始めると共に急降下するなど迷走飛行を行う。

危険を感じた副操縦士と、千歳出発便の乗務のためデッドヘッド(非番)で乗り合わせていた機長、それに乗客からの協力者数名が隙を突いてコックピットに突入。包丁を抱えた西沢裕司を取り押さえて座席に拘束し、副操縦士が機体のコントロールを奪還し高度を確保した。

西沢裕司の現在5

西沢裕司は警察に引き渡されたが、刺された機長は搭乗していた医師により機内で死亡が確認された。西沢裕司が取り押さえられる寸前には機体は2分間に500m以上も高度を下げ、最も低くなった時には、高度200mという超低空飛行状態であった。仮に以降もそのまま降下を続けていれば八王子市南部の住宅街に墜落したと推測されており、その場合は、乗員乗客だけでなく、多数の市民も巻き込んでいたはずであり、1977年のテネリフェ空港ジャンボ機衝突事故の犠牲者583人、1985年の日本航空123便墜落事故の犠牲者520人を超える、史上最悪の航空事故となった可能性が高い。

参照wiki

目次にもどる

全日空61便ハイジャック事件の犯人・西沢裕司

西沢裕司の現在7

1970年に東京生まれ。

小学校の時、いじめに遭う。
私立の名門・武蔵中学、武蔵高校を卒業後、一橋大学に入学。一橋大学の2年と3年の時に、羽田空港でアルバイトを経験し、その際に航空機に興味を持つ。大学卒業後、1994年4月JR貨物に入社。

自宅を出て寮生活を始めたが、希望の航空会社に入社できなかったことが悔やまれ、またコミュニケーション能力不足から人付き合いに苦しみ、鬱病を患っていた。

1996年、西沢裕司は自○を考え、寮を飛び出し、行方不明になるも自○することはできず、半年ほど放浪を続けた後、所持金が底をついて自宅に戻った。そのまま職場を復帰することはなく、退職するも鬱は改善せず、事件当時まで精神科の治療を受けるなど、苦しんでいた。

その後は就職活動をするもののうまくいかず、家でゲームなどをして過ごし、フライトシミュレーションに異常なほどハマる。自由に飛行機を操縦できるゲームで「自分もパイロットになった」つもりになり、現実世界でもその強い願望を持つようになる。

西沢裕司はいつものように引きこもりの生活をしていた時、インターネットで羽田空港の配置図から空港の警備体制に欠陥に気づく。この時、西沢裕司は航空会社、運輸省、東京空港署などにこうした「死角」を指摘する手紙を送りつけ、同時に自身を警備員として採用するように求めた。だが相手にしてもらえず、何度も電話をしても改善する様子もないことに、異常に腹をたてている。


全く相手にされなかったことに西沢裕司は、「本当にハイジャックしてやろう」と、自分が気付いた盲点についてハイジャック計画を立てる。

事件当日、西沢裕司は羽田発千歳行きのハイジャック機の予約は「ササオカ・シンジ」の偽名を使用。さらに凶器を持ち込むために利用した羽田発大阪行きの日航機の予約は「タカハシ・カツヤ」の名前を使用。犯行前の21日夜には東京・浜松町駅前のカプセルホテルに「マツイ・サブロウ」で宿泊していた。

そして、計画通り、盲点となった1階到着ロビー(受託手荷物返却場)入場後の2階ゲートラウンジ(出発口)への後戻り、61便の搭乗手続・セキュリティチェックを経て入場したゲートラウンジから到着ロビーの受託手荷物返却場へ向かい、伊丹からの乗り継ぎ到着便の受託手荷物に入れた凶器を取り出してゲートラウンジへ逆戻りを成功し犯行を実行することに成功させる。

参照wiki

目次にもどる

西沢裕司の現在

西沢裕司の精神鑑定の結果、アスペルガー障害や抗鬱剤による影響の鑑定結果が出たが、「刑事責任能力」は否定されず、2005年3月23日に東京地裁で無期懲役が確定している。

現在は有期刑の最高が30年の為、無期懲役になった受刑者は30年経過しないと仮釈放審査にかけられない。

なので、西沢裕司の現在は、まだ刑務所で服役中という事になる。

無期懲役の受刑者は年平均で5人くらいは仮出所している計算になるが、無機懲役囚の仮出所は、あくまでもでも仮出所であって、釈放ではない。駐車違反でも仮出所は取り消されてしまうのと同様に、保護観察官が付き、毎月所在報告をが必要で、転居も許可が必用になる。

西沢裕司の場合は凶悪極まりない事件だったので、本来は死刑が相当と判断されていた。だが、精神鑑定で心神耗弱の結果が出ていたために無期懲役となったことで不満を持つ人もいるだろう。


日本では「仮釈放の可能性が一切ない無期懲役」というのは、実は刑務所の運営を著しく困難にしてしまう。

刑務所というのは、受刑者が仕事をし、その仕事によって成り立っている場所。
刑務所の中で受刑者たちが食べる食事、病気などになった受刑者の介護、このような仕事も、すべて受刑者が行う、という社会が形成されている。このような状況が維持できる最大の要因は、「一生懸命頑張れば、(早く)外に出ることが出来る」という希望。

その観点で言うと、(仮出所の可能性が一切ない)受刑者というのは、頑張っても全くメリットがなく、だとしたら、「頑張らなくて良いや」、ということになり、そうすると、刑務所の作業というのは滞ってしまう。

さらに「どうせ出られないなら」とヤケになって周囲とトラブルを起こしたり、死刑にならないし、と脱獄などを試みる。このようなことに発展することだってありえる。

実際、アメリカで仮出所のない終身刑を導入したところ、そのようなトラブルが多く発生し、脱獄を防ぐための警備員などを多く雇う必要が出るなど、その出費が激増したという。また、州によっては、終身刑の受刑者のモチベーションを高めるための「アメ」として、「刑務所なのにリゾート施設のようなものを作る」という明らかに「おかしな状況」が出来てしまったところもある。

このように、仮出所の可能性がない終身刑というのは、無駄が多い。
仮に、僅か0,1%でも、0.00001%でも、仮出所の可能性がある、ということにするだけで、このような無駄は大きく減る。日本の刑務所というのは、世界でもトップクラスに低い予算で、しかもトラブルなども少なく運営されているそうだ。

運用だけで、仮出所なしの終身刑と同じ状態に出来、しかも、少ない予算で効率的に運営する。それを考えると、西沢裕司の無期懲役は「仮出所なしの終身刑」より、むしろ被害者感情を考えるなら、そのような状況をしっかりと説明し、また、受刑者が刑務所内でどのような状態にあるのかを知ることが出来るような制度などを作る、ということのほうが良いのかもしれない。

目次にもどる

西沢裕司のようなハイジャックは現在できない?

ハイジャック事件は国内はおろか、国際的にも減っている。


最近だと9.11事件以後ではキャンジェット航空機が2009年4月にハイジャックされた程度。


減った理由は、まず武器(凶器)の持込が難しくなったこと。

昔は飛行機に搭乗する前の手荷物検査は適当なものだった。そのため、乗客・乗員を脅す武器の持ち込みは簡単で、金属探知機やボディーチェックもなしだった。これらも全日空61便ハイジャック事件を機に空港内での警備も強化されている。


一番大きいのが、ハイジャック犯人の要求を受け入れないことが国際的に合意された事。


ダッカ日航機ハイジャック事件などで犯人の要求を受け入れ、釈放した囚人と実行犯はその後テロ事件に関与し、身代金で調達した武器でさらに活動を活発化させてしまう。それに対して1977年に発生したルフトハンザ航空181便ハイジャック事件で西ドイツ政府は特殊部隊GSG-9を投入し、犯人4人中3人を射殺1人を逮捕。

犠牲者は突入前に殺されていた機長だけという成果を挙げたことから、まず西ドイツが、テロリストとは交渉しないと声明を出し、西ドイツのボンで開催された第4回7カ国首脳会議では、「航空機ハイジャックに関する声明(ボン声明)」が採択されて、以後ハイジャック犯の要求を受け入れないと決めている。

他にもハイジャック防止策は細部に及んで多く、ハイジャック防止法の制定などにより、航空会社などのハイジャック防止策に補助金が出されるようになったのも大きい。


ハッキリ言って今は飛行機より、新幹線の方がなんでも持ち込めるために危険は多い。

西沢裕司の犯行は許されるものではないが、皮肉なことに、西沢裕司の事件で日本人のセキュリティ対策評価が海外でかなり上がったのは間違いないので、西沢裕司も本望なのかもしれない。

続きを読む


出典: 独女ちゃんねる
詳細は引用元へ:西沢裕司の現在「全日空61便ハイジャック事件の犯人」親の家族や実家の今について戦後重大事件の新事実2018で再現ドラマ化【画像】

 - 独女



(^_-)-☆主婦を中心に人気沸騰中?
クリック&コピペで時給3000円以上の高額在宅ワークの募集案件のご案内

【乗り越えよう\(^o^)/】夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

★☆悩み解消☆★久保田式多汗症改善7日プログラム

(*>▽<*)投資はタイミング《純正統派 FXトレード投資方法》
あっという間に軍資金10万円で、1億円をたったの8ケ月で稼ぎだしたFX最強インジケーターとは?





《スポンサー》
キタ━(゚∀゚)━!ツイッタービジネスの決定版! 禁断のツールとライバル不在の新手法を完全公開!
※このサイトもフィードマティックにより完全自動化で作られています。
★当サイトより申し込み特典
【565件のツイート名言集】
フォロワー獲得、凍結対策など様々なシーンや用途でご利用いただけます。
成功のための格言200件/お金に関する名言82件/ユダヤの名言・格言50件/幸福に関する名言108件/時間に関する名言59件/人生に関する名言66件

×