あんまめ\(^o^)/

ネットで話題になっている情報を女子目線でまとめたった♪


「ナスd嫁ブログ」よゐこ無人島生活2018のやらせ疑惑がやばい【画像】

   

ナスd嫁ブログ12

2018年12月31日(月)放送、テレビ朝日系列「よゐこの無人島0円生活SP」
18時00分~24時30分

元祖無人島芸人「よゐこ」と「こんな時間に世界征服」で破天荒な行動で話題となったナスD、国民栄誉賞・吉田沙保里がガチ本気のサバイバルに挑む。

2017年の年末で、よゐこの無人島生活VSナスDが放送され、好評だったナスDの本格的な無人島生活に注目が集まっている。

無人島0円生活は「いきなり黄金伝説」の中の人気コーナーだったのだが、レギュラー番組が終わっても無人島0円生活はスペシャル番組に移行し、今回のような特別番組で復活した。SPの無人島0円生活は常に視聴率2ケタで、他局がマネた番組をやり出すくらいなので、今後もよゐこの無人島0円生活は続く可能性が高い。

そんな無人島0円生活で「とったど~!」で人気となった濵口優とナスDが再び対決。

ナスDとはいったい何者なのか?

今夜の放送に先駆け、ナスDについてまとめてみた。

■目次

よゐこの無人島0円生活とは

ナスDプロフィール

ナスDという名前の由来

ナスD嫁・森崎友紀のブログで心配の声

ナスDはやらせ?

よゐこの無人島0円生活とは

2004年7月1日「いきなり!黄金伝説。」の「節約企画NO.1決定戦」内で誕生した、よゐこ(濱口優・有野晋哉)の2人が日本のとある無人島で2泊3日を0円で生活する番組の企画。

この時、各種調味料と小麦粉、飲料水、調理に使う油などは事前に番組側から用意されるが、それ以外の食材は参加者たちが自力(0円)で調達することとなっている。また、この無人島0円生活においては、最低限の寝袋などを除いて生活の拠点も自分たちで確保し、作り上げなければならない。

なお、舞台となる無人島は具体的な地域や場所、島名などはほとんど紹介されず、番組内や近隣地域での通称のような名称が登場することがある程度である。また、期間は場合によっては延長されることなどもある(第6回など)。2014年から、毎回滞在する無人島にまつわる様々な伝説の解明(探検)も伏線として行われている。

参照wiki

よゐこの無人島生活が放送されて以降、一般人でも無人島生活をYouTube動画で公開しているYouTuberがいるが、日本の河川、海などには「漁業権」というものがある。

なので、無断でよゐこの真似をして漁や無人島に立ち入ることは「違法」。

だが、漁業権を管理している組合のほとんどは、それほど目くじらをたてて取り締まったりしていない。希少性の高いもの「伊勢えび」とかを素潜りで捕まえていれば警察に通報されるかもしれないが、自分たちで釣りをして食べる分だけをとってくるくらいであれば大抵は黙認されている。

獲るものや、獲った量などに拠っても違いあるので、どこまでがセーフかは不明だが、磯で釣り程度(本来は違法)なら、見逃してくれている。それは自分達が漁をしていく上で「影響を与えない範囲だから黙認しているだけ」という解釈でいいだろう。

目次にもどる

ナスDプロフィール

ナスd嫁ブログ0

友寄隆英(ともより たかひで)

出身 兵庫県

岡山県の高校を経て、大学進学後、劇団に入団。
もともとは獣医師志望だったが、19歳から日本テレビ「珍プレー好プレー」などで製作会社のアシスタントディレクターのアルバイトを始める。

大学卒業後は、オーディションに落ちたためテレビスタッフを志すようになり、フリーディレクターを経て2003年にテレビ朝日入社。以前は奥川晃弘ゼネラルプロデューサーの下でプロデュース・演出などを担当してきた。

2010年には、ゼネラルプロデューサーに昇格し一部の番組で担当(演出兼務の番組もある)。

『いきなり!黄金伝説。』では、ディレクター(後に演出・プロデューサー→ゼネラルプロデューサー)として裏方を務め、一ヶ月一万円生活や無人島0円生活においてよゐこに無茶をやらせる。その結果、よゐこ濱口曰く「おしゃれでシュールな」芸風を現在の芸風に変えてしまったという。

2017年から放送されている旅バラエティー番組『陸海空 地球征服するなんて』ではゼネラルプロデューサーとして番組制作を統括する傍ら、部族アースの取材ディレクターも担当している。通称「ナスD」として出演。

私生活では、料理研究家である森崎友紀と2012年「いきなり黄金伝説」で知り合い交際。2016年1月15日に森崎友紀が結婚をブログで発表し、二人の子供をもうけている。

ちなみに、森崎友紀は「美人すぎる料理研究家」としてメディアに登場し、料理教室の講師、レシピ制作、料理番組の出演等のタレント活動を行い、過去にはグラビアモデルとして水着の写真集も出している。

ナスd嫁ブログ9

当初、森崎友紀はブログで「旦那は誰か」明かしていなかったが、よくブログで「旦那が仕事で秘境へ行っていた」など「無事を願うばかりです、多種多様な民族がどんな食事を食べているのか、私も研究したいと思います!」と、公表していたことで、どんな仕事をしているのかと話題になっていた。

「陸海空 地球一周するなんて」が放送され、ナスDがブレイクして以降、マスコミが森崎友紀と結婚していたのはナスDだったとわかり、ネット上で話題となった。

参照wiki

目次にもどる

ナスDという名前の由来

ナスd嫁ブログ7


ナスDが肌の色がおかしくなってしまった原因は、ペルーのシピポ族の集落でのこと。

現地民の間では、「ウィト」と呼ばれている果実が「美容にいい」と女性の間で流行っていると聞き、ナスDはなんの躊躇もなく、「ウィト」を体中に塗りたくった。すると、現地では「髪染め」や「タトゥーの染料」にも使われるものと後でわかり、その「ウィト」をぬり込んでしまったことで、ナスDの体は真っ黒に変色してしまった。

そんな顔が変色したナスDを見て、番組MCの小峠たちに「肌の色がナスみたい」と言われたことが、「ナスD」の由来になっている。

ナスDは番組で「塗料を塗ったことに後悔はないが、これからどうやって生きていくか、(テレビ朝日を)クビにならないか心配」などと悩んでいたが、その後は何事もなかったかのようにポジティブにロケを続行。

ナスd嫁ブログ8

視聴率を狙って「やらせじゃないの?」と疑ってしまうほどナスDの躊躇ない行動に、ネット上は大反響となった。ただ、タレントにやらせるだけじゃなく自分が泥を被る気でいるのが、見ていて爽快という意見が多く、全身が真っ黒になったナスDが登場する度に、2ch全スレの中で一番レスの勢いが多くなるほど話題となった。

名前の由来となった肌の色に使ったナス色の原因「ウィト」は、放送内で漂白剤を使用し、その肌の色が落とすという「荒業」で落している。

ナスdの行動は、現地の人たちにも気味悪がられるような事はあっても、基本的に放送事故につながるようなルールは外していない。現地民にも「笑われるような存在」になっても、他人を不快にはさせていないので、その辺りがナスDを悪く言う人が見当たらない要因にもなっている。また同行の通訳ホルヘやガイドが既に良いチームとなっていたので、彼らのツッコミも美しいほどにハマっていた。

管理人個人的な番組の感想としては、老舗のイッテQやクレイジージャーニーの変形版のようなもの。想定を超えるナスdの言動や行動がハマっただけかもしれないが、こういった良い番組は長く続けてもらいたい。

目次にもどる

ナスD嫁・森崎友紀のブログで心配の声

ナスd嫁ブログ5

あまりにも破天荒すぎるナスDの行動に、嫁である森崎友紀はブログで夫の安否を心配する思いをたまに綴っている。

確かにナスdは、船の上では限りなく無償の船員として働き、72時間不眠不休で働き、番組としても「撮れ高」の事も考えながら行動しており、一般の会社員ならそこまでできない。

テレビマンは忙しい時期はテレビ局内の椅子を並べて仮眠するのが風物詩になっているそうだが、テレビマンとして生き残ってくのは常人じゃないタフさが必要。

ナスd嫁ブログ

たしかにナスDは顔を黒くしたり、意識が飛ぶまでお酒を飲んだり、その破天荒さだけに注目して見ると嫁である森崎友紀にとっては心配する気持ちは当然であるが、我々視聴者からすれば、今までTVで潜入出来なかった地域の暮らしやビジネス民族など学ぶことはできた。今回の無人島も真似する人が出てくるという苦情が来るのを承知で、あえて6時半に放送されることが決まって、それ以上に得るものはある。

裏方の仕事をしようと映像ディレクターの道に進んだのに、それ以上に、「タレント」として選ばれた素材というのか、貴重な存在だったのだろう。

目次にもどる

ナスDはやらせ?

ナスd嫁ブログ3


2018年は、「イッテQ!」の番組でやらせ疑惑を文春に報じられた。

この報道で、ラオス一般市民の抗議が殺到したからラオス情報文化観光省観光部副部長まで公式にコメントし「こうした自転車競技はラオスには存在しない」と明言。「日本のテレビが自分達で作ったのではないですか?」とやらせだと言及した。

また「『祭り』を紹介する企画だと、事前に知っていたら許可は出さなかった。なぜなら、このイベントは、本当の祭りではないからだ」と完全否定したことにより、イッテQのやらせは国際問題に発展し、日本人は「誠実な人たちではない」と多くの人達に認識されてしまった。

日本の報道が少なく「日本人の事を良く知らない」一般のラオス市民が、テレビや新聞のニュースでヤラセで日本人に良くないイメージを植え付けさせた日本テレビに怒りを覚えるのは当然のこと。

これはイッテqとは別番組ではあるが、フジテレビでも樹上30メートルの高さにあるツリーハウスに住むインドネシアの部族「コロワイ族」をたずねるという番組があった。ジャングルの中で、原始人さながらの生活を送る彼らの暮らしに密着した内容だったのだが、実は「部族ビジネス」といって観光客が訪れた際に民族衣装に着替えて踊りを見せたりしてお金を貰っているそうだ。


彼らの多くが、森を離れて町で普通に服を着て生活してるという。

ナスDはこういったやらせの裏側を見せており、番組内でも「裸の部族は98%作り(やらせす」とアマゾン奥地を取材し続けた時に明言している。熱帯雨林のジャングルに住む彼らが、未だに半裸族で樹上のツリーハウスで生活をしているのは日本人が丁髷しているのと同じ位の時代錯誤。

ナスdの場合、「やらせの裏側」を放送してくれているので、「ナスdにやらせはない」とは言い切れないが、他の番組よりはとても好印象を持てる。

実在しない祭りを文化であると偽造したイッテQは、その時「コーヒー祭り」が開催され、ラオス側はそれを紹介する事を条件にしたのに「全く放送しなかった」という裏切り行為も行っていて、すでに国家間の信用を失ってしまった。

日本がラオスに設置した祭りのセットをラオス側も協力して、セットの上からボールを動かしたが壊れた事を、ラオスの貧乏さをさり気なく馬鹿にした事。日本語で話してるから現地人に伝わらない事を良いことに、後進国でのロケではその様な「見下し発言」が多いのでこれも問題。

ラオスは後進国である事をいいことに安月給・自転車などの報酬で現地人を釣って祭りに参加させ、これも先進国だからと上から目線でラオス人の扱いを蔑ろにしているので問題。

イッテQではイモトも、さり気なく現地人に日本語が通じない事を良いことに、現地を馬鹿にするマウント発言が多いので個人的に好きではないが、このやらせがやっと表面化され、指摘があったことで多少はテレビ業界も変わるはず。


ラオスは日本に災害があった時支援もしてくれたいい国。

いくら貧乏であれ、その国の文化を尊重することができないなら、イッテQはこれ以上放送する資格はない。これは国家間の信用の問題・日本人の品位を落とす行為なので許される事ではないし、ナスdもそれぐらい真剣に取り組んでいる。

「土門拳」という有名な写真家がいるが、彼が主張していたリアリズムは「絶対非演出」だった。しかし、これは逆に言うと、いかに「演出なし」が難しいかという事でもあり、それをやってのけていたからこそ、彼は世界的に評価された。

一般人が写真を撮る時ですら「ポーズをとってくれ」とか、「今から撮影するという合図を出したりします」など、それだって「指示」を出しているという事になる。そうでもしないと、各人物等をカメラの枠内に収めた「構図」でずっと撮り続けるなんて無理なこと。その「演出」を「やらせ」と言うならば、「やらせ」なしで撮影は無理といっても過言ではない。

もちろん、そういう指示なしで撮影できるシーンだってあるだろうが、それで満たしきることが難しい。ナスは「自分にできない事を、ほかの人に一切認めないなんて事は、おこがましくて要求できない」という精神なので、本物のディレクター(演出家)はこういった人物のことを言うのかもしれない。

続きを読む


出典: 独女ちゃんねる
詳細は引用元へ:「ナスd嫁ブログ」よゐこ無人島生活2018のやらせ疑惑がやばい【画像】

 - 独女



(^_-)-☆主婦を中心に人気沸騰中?
クリック&コピペで時給3000円以上の高額在宅ワークの募集案件のご案内

【乗り越えよう\(^o^)/】夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

★☆悩み解消☆★久保田式多汗症改善7日プログラム

(*>▽<*)投資はタイミング《純正統派 FXトレード投資方法》
あっという間に軍資金10万円で、1億円をたったの8ケ月で稼ぎだしたFX最強インジケーターとは?





《スポンサー》
キタ━(゚∀゚)━!ツイッタービジネスの決定版! 禁断のツールとライバル不在の新手法を完全公開!
※このサイトもフィードマティックにより完全自動化で作られています。
★当サイトより申し込み特典
【565件のツイート名言集】
フォロワー獲得、凍結対策など様々なシーンや用途でご利用いただけます。
成功のための格言200件/お金に関する名言82件/ユダヤの名言・格言50件/幸福に関する名言108件/時間に関する名言59件/人生に関する名言66件

×