あんまめ\(^o^)/

ネットで話題になっている情報を女子目線でまとめたった♪


「羽賀健二の今現在」ペアヌー梅宮アンナ肖像画と出所予定の詐欺事件の真相を金スマで特集【画像】

   

2019年1月4日(金)放送、TBS系列「中居正広のキンスマスペシャル」 
21時00分~23時09分

平成のワイドショーを最も騒がせた梅宮辰夫・アンナ親子が、今だから明かす羽賀健二との泥沼恋愛の真相を告白。

羽賀研二といえば、未公開株の売買をめぐる詐欺事件で仕入れ価格の3倍の値段で株を売りつけ3億7000万円を騙し取った。この詐欺事件で、懲役6年の判決が確定し、現在は服役中。

被害者は羽賀研二に詐欺被害金の返金裁判を起こしており、判決で4億円の支払いを命じているが、所有していた財産すべてを現在の妻名義に変えており、財産隠しで請求を逃れようとしている。

なぜ、芸能人だった羽賀研二は、こんな極悪人になってしまったのか?

過去に羽賀研二と交際していた梅宮アンナが当時の泥沼恋愛の末、破局を迎えた理由について語られるので、羽賀研二の時系列についてまとめてみた。

■目次

羽賀研二プロフィール

羽賀健二と梅宮アンナのペアヌー肖像画

羽賀健二は詐欺師

羽賀健二の懲役6年は軽い?

羽賀健二の今現在

羽賀研二プロフィール

羽賀健二の今現在

羽賀 研二(はが けんじ)
本名・當眞 美喜男(とうま みきお)

生年月日1961年7月21日
出身 沖縄県
身長183cm
血液型B型

日本人とアメリカ人の間に生まれたハーフ。
幼少時代の生活は貧困を極め、電気店の納屋を住まいにしていた。そのため早くから新聞配達をして家計を助ける。小学校時代はハーフである為に顔のバランスが悪くブサイクだと罵られ執拗ないじめに遭い、中学時代も同様の理由で喧嘩を吹っかけられる毎日を送った。

高校時代に友人と買い物に行った際、街でスカウトを受けたことで芸能界入りする。なお、この友人は後に羽賀の親友としてテレビ出演も果たした。羽賀は幼少時代、ハーフである為にいじめに遭っていたこともあり友人が少なかったが、その人物とはその後も連絡を取り合っているという。

1981年、ミュージカル『ザ・ファンタスティックス』で正式に芸能界デビュー。
1982年、『森田一義アワー 笑っていいとも!』のスタートと同時に初代いいとも青年隊に起用された。これをきっかけに俳優、歌手として活動を重ねていく。

羽賀健二の今現在1


1994年から梅宮アンナとの交際が発覚し更に巨額の借金を抱えていたことが判明
し、週刊誌やワイドショーの格好の標的とされ叩かれた。グラビアアイドルの桜庭あつこが羽賀との関係をマスコミに告白して騒動に拍車をかけた。

アンナの父親の梅宮辰夫が2人の交際に公然と反対したことに対して、記者会見した羽賀が「誠意をもって」「誠意を示して」など「誠意」という単語を連発したため、「誠意大将軍」やまた梅宮辰夫やマスコミからは「稀代のワル」などとも呼ばれた。

羽賀とアンナは、「ペアヌ○ド」の写真集を出すほどの親密ぶりだったが、1999年に破局。
芸能活動のほかに沖縄県北谷町の美浜タウンリゾート・アメリカンビレッジにあった「南国食堂」(後に閉店)のオーナーを務めるなど、実業家としても活動を開始。

しかし、2007年6月、未公開株を元値を隠して高値で売り付けて債務を逃れようとした容疑で、元プロボクサーの渡辺二郎らとともに逮捕され、詐欺・恐喝未遂(二項)の罪で起訴された。一審は無罪判決だったが、2011年6月の控訴審判決では懲役6年が言い渡される。その後、最高裁へ上告したが、2013年3月28日付で最高裁が上告棄却を決定したことにより、懲役6年の実刑判決が確定。現在は沖縄刑務所に服役中で、2019年に満期出所予定である。

私生活では2006年、数年間に渡って羽賀の身の回りの世話をしていた元テレビ制作会社社員の女性と結婚している。

参照wiki

目次にもどる

羽賀健二と梅宮アンナのペアヌー肖像画

羽賀健二の今現在3

当時、羽賀健二に多額の借金があったことは覚えている人もいるかもしれないが、なぜワイドショーが羽賀健二を大バッシングしていたか?までは知らない人もいるだろう。

羽賀健二は当時、沖縄にレストラン出店・宝石販売(失敗)で、約3億8千万円の多額の借金があり、梅宮アンナを保証人にさせていた。さらにアンナの保証人に父の辰夫がなっていたことで、梅宮親子は借金の為に利用された節があった。

この梅宮辰夫への借金を返済するために、羽賀健二は梅宮アンナとペアヌー○肖像画とされる写真集「アンナ愛の日記」を販売。ちなみこのペアヌー○肖像画とされる写真集は絶版の様で本屋ではもう売ってない。それでも、当時の借金を詐欺で逮捕された「2007年の時点で全額返済していない」ことを、梅宮辰夫が証言しているので、おそらく現在まで支払われていないだろう。

なので、ワイドショーや週刊誌からは「借金でお金がないのに、贅沢な暮しをしたいがためにアンナに近付き、梅宮家から金をむしり取ろうとした根っからの悪」と叩かれていた。

しかも、芸能活動で稼いだ収入も更に儲けようと事業(飲食店・ブティック等)に次々と手を出しては失敗の繰り返し。宝石の販売(半ば強引に売りつけるような手法)で儲け損を一時取り返したそうが、懲りずに事業を続け更に儲けようと投資事業をやり出し、結局は詐欺で逮捕された。

羽賀健二の今現在7


梅宮アンナだけではなく、羽賀健二は暴力団を利用して投資詐欺を行った相手の損害賠償請求の放棄をさせようとした。

芸能人と暴力団の繋がりはなかなか消えない。
暴力団幹部は芸能人と友人と言うだけで箔が付くので、無償でも芸能人に協力する。また芸能人は暴力団によってトラブルから守ってもらえるという恩恵を得られるので、どっちにとってもメリットしかない。

目次にもどる

羽賀健二は詐欺師

羽賀健二の今現在2

羽賀健二が逮捕のきっかけとなったのは、未公開株を元値を隠して高値で売り付けて債務を逃れようとしたこと。

未公開株は「単に上場していない企業の株式」なので、決まった値段がない。
例えば、資本金1,000万円の会社を設立し、発行株式数を100とすると、1株の価値は10万円になる。業績が良くなってくると、増資をしていくかわりに、それを引き受けるときは業績を反映して、相対で値段を付ける。


仮に倍になっていれば、20万円。

したがって、1,000万円以下でも未公開株の売買は理論的にできる。しかし、一般的には「未公開株」を購入する機会はほとんどない。

2chによると、未公開株の詐欺の決まり文句としては

・未公開株を買いませんか?上場すれば値上がりが確実ですよ

・業績も好調で数倍から数十倍まで株価が上昇しますよ

・特別に未公開株を売ります。手に入れるチャンスは今しかありません

・身内から譲ってもらうんです。買いませんか?

などの決まり台詞はすべて詐欺と思っていい。


羽賀健二のように未公開株の販売資格を持っていない所から、上記のようなセリフで勧誘をされ、「値上がり確実のプレミアムチケット」だと思い飛び付くと必ず痛い目を見る。

未公開株式などの有価証券の売買は金融商法第28条第1項で「第一種金融商品取引業」とされており金融商法第29条で「金融商品取引業は、内閣総理大臣の登録を受けた者でなければ、行うことができない。」と定められている。

登録しているかどうかは金融庁のHPで確認できるし、登録されていなければ未公開株の売買は出来ないので違法。また、「○倍になる」と言う言葉も使うと違反になる。

日本証券業協会では証券会社が未公開株の勧誘を行う事も禁じられいるので、もし証券会社の名を語っていたとしても違法。個人間での未公開株の売買は可能なのだが、「会社」を名乗っていれば違法になる。

それだけ、未公開株の購入詐欺の被害に遭う方がとても多いので、未公開株の勧誘には乗らないのが一番といえる。

目次にもどる

羽賀健二の懲役6年は軽い?

羽賀健二の今現在5

詐欺罪の法定刑は10年以下の懲役。(成人も未成年も関係はない)

ただし、詐欺罪といっても、その手口や被害額などによって刑は千差万別。
例えば、初犯でラーメン1杯の無銭飲食などであると、微罪処分といって警察署限りの措置となる場合もある。逆に、羽賀健二のように前科がなくても被害者が多数、被害金額も多額、社会的な問題になっている振り込め詐欺に関わったなどであると、一発で実刑という可能性もある。


羽賀健二は初犯で6年の実刑を受けているので、それだけ裁判官は「事件を悪質に見た」という結果になる。

音楽プロデューサーの小室哲哉は高額の詐欺(ある意味被害者でもあるが)に関わらず、懲役3年執行猶予5年の恩情判決を受けた。だが、大掛かりな組織的犯行である振り込め詐欺では実刑判決が多いようで、犯行内容によっては併合罪が適用されて15年の判決が下された被告もいる。

拘留が決まると、共犯者がいる場合は大抵弁護士以外の面会が禁止され、起訴され拘置所に移送されると面会ができるようになる。どの程度犯行に関わっているのか、立件出来ない程度のものなのか、あるいは刑罰が考慮されるのかは、その事件によって千差万別。

この詐欺罪の法定刑の上限は、明治40年の刑法制定以来ずっと10年から変わっていない。被害者にとってはたった6年と思うかもしれないが、詐欺の刑罰が日本は軽すぎる以上、法で定められている範囲で裁かれるしかない。

目次にもどる

羽賀健二の今現在

羽賀健二は2019年の今年に出所する予定であるが、社会復帰しても詐欺で何回も捕まる常習者とかは、魔がさしたとか過失じゃないので、再び詐欺を行う可能性が高い。

詐欺は一度楽して大金をつかむことを知ってしまったら、年齢関係なく再犯率は高い。冤罪容疑でなく、そういった羽賀健二のような常習者的なら、再び刑務所にぶち込めばいいだけかもしれないが、プライバシーとか社会復帰に死傷などの懸念や課題はある。

それに羽賀健二の今は、4億円もの被害者への弁済金が命令されている。

これは詐欺事件だけではないが、被害者がいる犯罪では非常に示談が重要になる。
例えば暴行や傷害罪、強○、強制わいせつ、痴漢などの性犯罪、窃盗や詐欺罪、横領罪などの財産罪などが刑事事件のほかに民事事件として示談が必要。

示談のメリットはそれが成立した場合、被疑者や被告人にとって有利に働く事情として、 起訴不起訴の処分や判決に考慮される材料となる。これは起訴・不起訴の判断や実刑にするか執行猶予を付すかの判断に際しては、検察官や裁判官は様々な事情を総合考慮して決める。(すでに羽賀健二は実刑を受けているが、もし被害者に弁済し、示談していたら執行猶予が付いた可能性はある)

様々な事情とは、被害の重大性、社会的影響、犯行の計画性、犯行態様の悪質さ、前科前歴の有無、 行為者の年齢、生育環境などの諸事情。これらの諸事情の中で、示談成立の有無というのは非常に重要で、羽賀健二はその被害者への弁済をせず、悪質に自分の財産を嫁名義に変更し、弁済から逃れようとしている。

いくら裁判で、4億円もの判決を得ているといっても(強制執行は可能だが)、相手方に差押えるべき財産がなければ意味がない。不動産を差押えたところで嫁へ財産分与になっていれば、国も強制執行出来ない。


財産分与とは、婚姻中にお互いが築いた財産を清算すること。

結婚してから共同で築いた財産の半分なので、羽賀健二との共同生活中二築いた財産を嫁が離婚を視野に受けているのなら、被害者はその不動産を請求することは出来ない。


ただ、羽賀健二による所得隠しの可能性はある。

当然、起訴される前に口座は空にしているだろうし、車等は名義変更し、羽賀健二の財産を無くして行く「準備」をしたのだろう。しかしながら、引き出したお金の行方、車等の財産の行方は裁判所でしっかりと見られるので、引き出したお金の行方が嫁の口座への入金と「判断」されれば「所得隠し」と見られる。

理由がちゃんと説明できる整合性の取れた財産の移動が必要で、裁判所はそこまで甘くはない。

羽賀健二のこれからは、梅宮アンナの時の借金時代より辛い、借金地獄が待ち受けているだろう。

続きを読む


出典: 独女ちゃんねる
詳細は引用元へ:「羽賀健二の今現在」ペアヌー梅宮アンナ肖像画と出所予定の詐欺事件の真相を金スマで特集【画像】

 - 独女



(^_-)-☆主婦を中心に人気沸騰中?
クリック&コピペで時給3000円以上の高額在宅ワークの募集案件のご案内

【乗り越えよう\(^o^)/】夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

★☆悩み解消☆★久保田式多汗症改善7日プログラム

(*>▽<*)投資はタイミング《純正統派 FXトレード投資方法》
あっという間に軍資金10万円で、1億円をたったの8ケ月で稼ぎだしたFX最強インジケーターとは?





《スポンサー》
キタ━(゚∀゚)━!ツイッタービジネスの決定版! 禁断のツールとライバル不在の新手法を完全公開!
※このサイトもフィードマティックにより完全自動化で作られています。
★当サイトより申し込み特典
【565件のツイート名言集】
フォロワー獲得、凍結対策など様々なシーンや用途でご利用いただけます。
成功のための格言200件/お金に関する名言82件/ユダヤの名言・格言50件/幸福に関する名言108件/時間に関する名言59件/人生に関する名言66件

×