あんまめ\(^o^)/

ネットで話題になっている情報を女子目線でまとめたった♪


仲川遥香の現在」ランボルギーニ所有するインドネシアJKT48の年収が凄い【画像】

   

2019年1月5日(土)放送、日本テレビ系「訳あって…東京に住むのヤメました」
19時00分~20時54分

元AKB48の仲川遥香がインドネシア・ジャカルタへ移住し「Twitterで影響力のある女性」世界7位に!その人気ぶりに密着。

AKB48からインドネシアのJKT48に移籍した仲川遥香は、2016年末でJKT48を卒業し、現地ジャカルタで芸能活動を続けていくと、自身のSNSで明言した。恐らく、今でもAKBメンバーとして活動していたら、その他大勢のアイドルと一緒で埋もれてしまっていたかもしれない。

全く知らないジャカルタ移住という大きな決断をした事で、新たにステップアップしたのは間違いない。日本でもジャカルタでも「会いに行けるアイドル」は共通なので、ジャカルタを拠点としている事は、現地ファンにとっても嬉しい事。よほどの事がない限り日本には帰って来ないというのも、本当にジャカルタで活動を軸に考えているのだろう。

26歳にしてランボルギーニを乗り回す仲川遥香とは一体どんな人物なのか?

今夜の放送に先駆け、仲川遥香についてまとめてみた。

■目次

仲川遥香プロフィール

ジャカルタという国

仲川遥香はなぜ人気に?

仲川遥香はランボルギーニ所有

仲川遥香プロフィール

仲川遥香

仲川 遥香(なかがわ はるか)

生年月日 1992年2月10日 26歳
出身 東京都
血液型 O型
身長 160 cm
所属事務所「電通インドネシア」

女性アイドルグループ「JKT48」の元メンバー。

元FMW所属のプロレスラーGOEMONこと中川浩二が父親で、 5人兄弟姉妹の次女に生まれる。 女子サッカー韓国代表の康裕美は中学時代の同級生で、民団新聞で康は成人式を前に仲川と再会し、「お互い、世界をめざしてがんばろうね」とエール交換したとコメントしている。

本人いわく「父のノリで」AKB48オーディションに応募。2006年12月3日、『第三期AKB48追加メンバーオーディション』に合格。「歌と踊りが一番下手だったから」という逆説的な理由で合格したという。 前田敦子・増田有華は高校の同級生であり、前田と一緒に登校していた。 前田敦子の卒業発表後特に一緒に行動することが多くなり、前田の家に泊まったり、手技道・MARIS表参道・ホットヨガ・ライヴ・夜カフェ・ジムなどへ一緒に行ったりしている。

2012年11月1日、JKT48に移籍し、活動拠点をジャカルタへ。

インドネシア第二の都市・スラバヤまで約800キロの道のりを12日間かけて自転車で走破するチャレンジ企画「仲川遥香 伝説をつくる supported by POCARI SWEAT」を見事走破したり、英国ブランドウォッチ社が選出する「Twitterで影響力がある世界の女性15人」で日本人ではただひとり、7位にランクインし、世界的に注目を集めるようになる。


2016年12月30日にJKT48としての活動を終了したが、現在でもジャカルタでCM20本、レギュラー番組7本と大人気タレントとして活動している。

参照wiki

目次にもどる

ジャカルタという国

仲川遥香1

インドネシア共和国の首都であるジャカルタは、今でこそは人通りの多いビジネスエリア、外国人の多い商業エリアが増え、夜でも普通に歩けるようにはなったが、昔のジャカルタの治安はどうしようもなく悪く、男でも暗くなったら一人で表通りすら歩けない場所があった。

この治安というのは、身の危険・命の危険を感じるというよりは、物乞い、タカり、ボッタクリ、詐欺、賄賂、不衛生などで不快な思いをすることが多い。バンコクのクロントイのスラムエリアなどでは、こういった被害はほぼ無いが、ジャカルタでは今でもその可能性ある。

観光客や外国人目当てのボッタクリなどはどこの国でもいる。
ジャカルタは、ローカル色の強いショッピングモールや安い乗合バスの中にはスリが多いし、住宅地の空き巣も多い。深夜はナイフを持った集団のバイク強盗が出やすい地域はいまでもある。

ちなみに日本同様、銃は禁止されているが、まれに銃による事件もある。
酒は宗教上飲まない人が多いので、酔っぱらいや飲んだくれによる喧嘩などは、日本に比べると少ないそうだが、麻薬など薬物は横行(取り締まりを厳しくしているそうだが、街中で普通に売買している)。

このように2chでのジャカルタの治安情報を書き出すだけで、とても危険な国のように感じるが、地元民はのんびりしていて路上に座って一日を過ごしたり、稼いだお金はその日のうちに使ってしまう人がほとんど。

それに比べ、中国系の人々は勤勉に働き、どんどんお金持ちになっていくので、政治的な立場も大きくなり、地元民は中国系の人達への不満をつのらせての暴動もたびたび起こっている。その際、肌の白い女性(中国系)が暴漢に襲われ○体が路上に放置されたり、といった事件が多く発生した事もあった。

インドネシア現地住民の角度から見たら違う意見があるかもしれないが、原住民と中国系の確執は知っておくべきだろう。


わたしたち日本人は、中国人と間違えられることは絶対にあること。

管理人のインドネシアの友人が言っていたが、やはり車で移動が基本だそうだ。それは安全を確保するためであって、過剰に怖がることはないが、自分がその国では外国人である自覚はどこの国へ行っても大切。外国で「日本と同じレベル」を求めすぎないこと、郷に入りては郷に従えの精神を忘れないことが大切といえる。

目次にもどる

仲川遥香はなぜ人気に?

仲川遥香5

海外のJKT48への移籍がインドネシア・ジャカルタで大ブレイクする結果となったので、仲川遥香は卒業生を含めた48グループ全てのメンバーの中で1番(断言出来ないが)大成功したと言える。

JKT48卒業後も日本へ帰らず、仲川遥香はインドネシアにそのまま住むと公式発表し、卒業後もインドネシアのCM20本契約、ドラマにレギュラー番組を持ち、インドネシアでは「仲川遥香を知らない国民はいない」と言われるほど大人気。

では、なぜ仲川遥香が人気が出たのか?気になるところ。

実際、仲川遥香以外にも海外グループに在籍していたメンバーはいるのに、全くと言っていいほど、卒業後はメディアの前から消えている。

仲川遥香の努力(移住やジャカルタの語学勉強など)はもちろんだが、AKB48のようなタイプのグループアイドルがインドネシアにはなかったことも要因にあげられる。

劇場公演(ライブ)がほぼ毎日あるのも初めてだったそうなので、グループとしても人気を集めた。すでにJKT48は定着して売れ続けているので、AKB48の海外グループの中では、一番売れているといっても過言ではない。ちなみに曲の途中で入れるMIXや「超絶かわいい!」などのコールは日本語のままファンが使用されているそうだ。

宗教問題で、(JKT48はミニスカートはOKだが、ビキニ撮影はしない)生足を出して踊るアイドルJKT48を「イスラムなのに、こんなことが許されるのか!」と、海外では日本とは根本的に考え方や価値観が異なり、批判も当初はあったのかもしれない。

宗教問題も「許可や禁止をだれがする?」というのは、個人の問題であって決まりがないし、エンターテインメントのアイドルを生活上の宗教と当てはめることはしなかったのが大きいだろう。

その国の風土や特性に合わせた形で、日本スタイルのアイドル文化が根付けばいいのであって、逆にいまでは人気が出過ぎて、CDやDVDの在庫がが売り切れ続きで、公演の運営が回らないほどになった。

国によって宗教や道徳観が大きく異なるので、その国の文化や社会に受け入れられやすい形で、多く人に日本スタイルの「アイドル文化」を少しずつ定着していく活動をしたことで、仲川遥香はジャカルタで成功できた一番の要因といえる。

目次にもどる

仲川遥香はランボルギーニ所有

仲川遥香7


仲川遥香は26歳にしてランボルギーニを所有するほど大成功をおさめた。


ランボルギーニといえば、安くても数千万をする超高級車であり、フェラーリやランボルギーニが造った車は馬力・トルク・最高速などパフォーマンスが優れている。ただし、それ以外にも「数値で表せない性能」があり、それらを合わせると十分な商品価値がある。

日本のモノづくりは「良いモノを安く作ること」が得意で、クルマも例外ではない。

我々日本人は、どうしても「性能・機能」を中心に考えてしまう傾向があるが、昔は高馬力、最近は省燃費を競い、使うかどうかも分らない機能が盛りだくさん。この価値観は、自動車先進国に追いつき追い越す為、シェア獲得を優先してきた日本の自動車製造の歴史とも関係がある。

コストパフォーマンスが高く、故障も少ない日本車は工業製品としては極めて優秀で、世界中で人気があるのも当然。ただ、この手法では「信頼」というブランドイメージは付くが、「高級」というブランドイメージは絶対につかない。だからトヨタは、「レクサス」というブランドを別に立ち上げた。

ランボルギーニはそのブランドで、世界中の人に愛され、そのオーナーは幅広い。
プロ野球選手や芸能人、騎手などから個人経営の社長、若いサラリーマンまで様々なオーナーがいる。中には、大人になってランボルギーニを買うために小さい頃からお金を貯めつづけて、50歳くらいで手に入れたサラリーマンもいるそうだ。

皆共通しているのは、とにかく「ランボルギーニ車を愛し、大事にして、ルールやマナーをきちんと守る」精神を持っていること。

ジャカルタ(近郊を含めて)首都圏は2000万人前後の人口がいるので、各種の事件は発生やすいが、インドネシア経済は好調で、東南アジアで一番。日本では26歳の元アイドルがランボルギーニを乗り回していたら、違和感を感じるし、ファンから嫉妬を受けるのかもしれないが、ジャカルタという国では珍しいことではないのかもしれない。

続きを読む


出典: 独女ちゃんねる
詳細は引用元へ:仲川遥香の現在」ランボルギーニ所有するインドネシアJKT48の年収が凄い【画像】

 - 独女



(^_-)-☆主婦を中心に人気沸騰中?
クリック&コピペで時給3000円以上の高額在宅ワークの募集案件のご案内

【乗り越えよう\(^o^)/】夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

★☆悩み解消☆★久保田式多汗症改善7日プログラム

(*>▽<*)投資はタイミング《純正統派 FXトレード投資方法》
あっという間に軍資金10万円で、1億円をたったの8ケ月で稼ぎだしたFX最強インジケーターとは?





《スポンサー》
キタ━(゚∀゚)━!ツイッタービジネスの決定版! 禁断のツールとライバル不在の新手法を完全公開!
※このサイトもフィードマティックにより完全自動化で作られています。
★当サイトより申し込み特典
【565件のツイート名言集】
フォロワー獲得、凍結対策など様々なシーンや用途でご利用いただけます。
成功のための格言200件/お金に関する名言82件/ユダヤの名言・格言50件/幸福に関する名言108件/時間に関する名言59件/人生に関する名言66件

×