あんまめ\(^o^)/

ネットで話題になっている情報を女子目線でまとめたった♪


「エンジェルメーカー事件」犯人ユリウシュ・ファゼカシュがハンガリー・ナジレブ「呪われた村」で起こした162人事件の真相をアンビリバボーで公開【画像】

   

2016年10月6日(木)放送、フジテレビ系「奇跡体験!アンビリバボー」
怖くて強い!女たちの決断!愛の衝撃人生3時間SP
19時00分~21時54分

第一次世界大戦の時代に起こった謎の死者「14年で162人を出した「呪われた村」
ハンガリー・ナジレブ「エンジェルメーカー事件」を特集。小さな村で起った不可解な事件。162人もの村人が次々と倒れ、悪夢のような事件の真相に迫る。

第一次世界大戦は人類史上初の悲劇、大損害となった世界大戦。

オーストリア=ハンガリー帝国は、第一次世界大戦以前はヨーロッパの中心部を支配する巨大な帝国で、いくつもの民族が生活していた。第一次世界大戦が始まると、巨大帝国は崩壊し、君主制が崩れそれまでのロシア帝国、ドイツ帝国、オーストリア=ハンガリー帝国、オスマン帝国の4つの大帝国が崩壊し、民族対立の問題にも発展。
a0226578_88254

オーストリアとハンガリーはそもそも別民族で、さらにオーストリア帝国は幾多もの民族から成り立っていたので「1民族1カ国の原則」で独立してバラバラになってしまった。1民族1カ国の原則は今でも基本になっているが、特にハンガリー民族は「自分たちで自分たちの行く末を決める」という考えで成り立っている。

旧ハンガリー王国(ハンガリー人)、旧ボヘミア王国(現チェコ)などをはじめ、10以上の民族が混在し、今は大体バラバラに分裂して国として独立。(異様に小さな国が乱立しているのはそのため)

第一次世界大戦当時は、小さな国はすぐ外国に征服されてしまうので、オーストリアという集合体を作って、外国に対抗しようという気持ちで帝国を設立。しかし、大戦後帝国は崩れ去り、今のような状態になった。

・エンジェルメーカー事件

第一次世界大戦が始まった1915年、ハンガリーの小さな村・ナジレブで、162人もの村人が次々と不可解な死を遂げるという怪奇事件が起った。ナジレヴは、ハンガリー帝国のプタペストの南東になるティサ川沿岸の村。村の人数は数百人にも満たない民族。

この時期は戦争で男性は兵士として徴兵され、男たちが戦争に行っている間、女たちは力仕事から家事まで全てを担い、負担の大きな生活を送っていた。兵士の一時帰宅が認められると、どの家庭でも夫の帰還を祝った。

しかし、戦争から帰還した男は謎の病死、突然死、事故死などで、次々に命を落としていく。

毎年、その数は増えていきわずか14年で162人の犠牲者に上っていた。
当初、警察は戦地で謎の病原菌でも患っていたのではないか、と本腰で捜査していなかったが、戦地に赴いていない人も犠牲になり、増え続ける謎の事件に警察も本格的に捜査を開始。

しかし、事件解決への手がかりを一切えることが出来なかった。

ある日、警察に1通の匿名の手紙が届く。
その内容は、亡くなった村人たちの原因と犯人の名前が書かれていた。

その名前はユリウシュ・ファゼカシュ。

村の助産婦の名前ユリウシュ・ファゼカシュだった。警察は助産婦のユリウシュ・ファゼカシュを最重要人物として、逮捕に向かうが、ユリウシュ・ファゼカシュは自宅で毒を飲んで亡くなっていたことで事件の真相が闇に葬り去られてしまった。

ユリウシュ・ファゼカシュ
01

・エンジェルメーカー事件の真相

第一次世界大戦が始まり、ナジレブの男たちはみな戦場に駆り出されたことで、村には女性しかいなくなってしまった。その女性だけになってしまったナジレブの近くに、戦争での捕虜収容所が設立。

旦那が生きて戻るかわからない女性たちの近くに、生きて帰れるかわからない男性たちが近くに暮らすことになった。ナジレブ村全体のほとんどの女性たちは、その捕虜収容所との男性と関係を持つようになり、中には子供を身ごもり、一緒に暮らすようになっていたそうだ。

そこに、旦那が帰ってきてしまったことで、「邪魔」と感じた女性が助産婦のファゼカシュに相談。ファゼカシュは医学に詳しく、毒の成分に精通があり、致命傷に至らないように徐々に弱らせる方法を知っていた。

当初は帰ってきた旦那だけを始末していたのが、その旦那との子供、気に食わない隣人にまでターゲットにしてしまう。ファゼカシュが毒を製造し、飲ませるのはその妻たちなので、ファゼカシュたちのことを「エンジェル・メーカー」と呼び、村の女性たちでは有名だったが足取りが終えず、14年もの間事件の全容がわからなかったのだった。

しかし、「エンジェル・メーカー」を知る、サボー夫人が自身の身の危険を感じて警察に告発。

サボー夫人の告発で「エンジェル・メーカー」38名が逮捕。全員、見せしめの刑をうけている。
張本人のファゼカシュは、告発を知ったと同時に自身の末路を察し、自ら毒を飲み、この世を去ったのだった。

日本でも似たような事件で、カレーにヒ素を仕込んだ林ますみ受刑囚が有名だが、林ますみは罪をいまだに認めていない。

02

「エンジェルメーカー事件」は時代も違い、戦争の被害者でもある彼女たちの夫婦の愛情のすれ違いから起きた悲しい事件となっている。アンビリバボーでは、当時を振り返り、ドラマ化にして事件の真相を紹介される。

続きを読む


出典: 独女ちゃんねる
詳細は引用元へ:「エンジェルメーカー事件」犯人ユリウシュ・ファゼカシュがハンガリー・ナジレブ「呪われた村」で起こした162人事件の真相をアンビリバボーで公開【画像】

 - 独女



(^_-)-☆主婦を中心に人気沸騰中?
クリック&コピペで時給3000円以上の高額在宅ワークの募集案件のご案内

【乗り越えよう\(^o^)/】夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

★☆悩み解消☆★久保田式多汗症改善7日プログラム

(*>▽<*)投資はタイミング《純正統派 FXトレード投資方法》
あっという間に軍資金10万円で、1億円をたったの8ケ月で稼ぎだしたFX最強インジケーターとは?





《スポンサー》
キタ━(゚∀゚)━!ツイッタービジネスの決定版! 禁断のツールとライバル不在の新手法を完全公開!
※このサイトもフィードマティックにより完全自動化で作られています。
★当サイトより申し込み特典
【565件のツイート名言集】
フォロワー獲得、凍結対策など様々なシーンや用途でご利用いただけます。
成功のための格言200件/お金に関する名言82件/ユダヤの名言・格言50件/幸福に関する名言108件/時間に関する名言59件/人生に関する名言66件

×