あんまめ\(^o^)/

ネットで話題になっている情報を女子目線でまとめたった♪


小松和人「桶川女子大生ストーカー事件」犯人の写真と猪野詩織さんへの警察の対応を仰天ニュースで公開【画像】

   

2016年10月12日(水)放送、日本テレビ系「ザ!世界仰天ニュース」
仰天祭り3時間スペシャル!!
19時00分~21時54分

今回の「ザ!世界仰天ニュース」は「桶川女子大生ストーカー事件」の真相を公開。

犯人の小松和人が被害者の猪野詩織さんを執拗にストーカー行為を行い、なぜ警察が介入せずして対応を取ってくれなかったのか?

桶川女子大生ストーカー事件は、当時世間を騒然とさせた。
特に2chでは、元交際相手の小松和人の名前や居場所もわかっていながら対策をとらなかった、警察に大バッシング。自分達の怠慢を隠蔽する警察への不信感で大炎上した事件となった。

警察が変わったのは、桶川女子大生ストーカー事件をきっかけに全国の警察署に相談係が設置され、相談係が設置されたことで相談内容を広域の警察官皆で共有するために警察専用ネットワークの構築がされた。それによって相談だけで終わっていた事案も、後日事件化され、検挙に至るケースもかなり増加した。


小松和人の事件は「ストーカー規正法」と国会に法案を可決させ、警察の怠慢だったという「非」を認めた事件であり、世間に大きな影響を与えた。

小松和人はなぜストーカーをしたのか?
警察は未然に防ぐことが出来た事件を対応を怠り、大バッシングをうけた事件から17年経たった今、警察に防犯を求める意味で仰天ニュースで真相を紹介される。

0202

・事件概要

桶川ストーカー事件
女子大学生が元交際相手の男を中心とする犯人グループから嫌がらせ行為を受け続けた末、1999年(平成11年)10月26日に埼玉県桶川市のJR東日本高崎線桶川駅前で、元交際相手の犯人・小松和人が猪野詩織さんに犯行を及んだ。

01

・小松和人が猪野詩織さんが知り合ったきっかけ

1999年1月、大宮駅東口・大宮南銀座のゲームセンターにおいて小松和人と知り合い、交際。小松和人は猪野詩織さんに対し偽名、年齢を3歳若く詐称し、職業も外国車のディーラーと偽り接近。(実際は無店舗型デリバリーサービスの経営者)

小松和人
03

小松和人と猪野詩織さんは何度かデートを繰り返し、高価なプレゼントを贈るようになるが、そのことに違和感を抱いた猪野詩織さんがある日受け取りを断ると、小松和人は逆上。その日から小松和人の異常性が感じるようになり、恐怖を覚えるようになった。

猪野詩織さんが、偶然小松和人の車のダッシュボードの中から本名が記されたクレジットカードを発見。さらに自分の部屋に小型のビデオカメラが仕掛けられているのを発見し、小松和人を問い詰めると激しい暴力を受ける。小松和人は、携帯電話で猪野詩織さんを頻繁に連絡を取ることにより、その行動を束縛し始める。

1999年3月30日、暴力に耐えられなくなり小松和人に対して別れ話を切り出す。すると小松和人は被害者の家族に危害を及ぼすことを仄めかしながら、交際の継続を強要。小松和人は興信所に依頼して猪野詩織さんの父親の勤務先や、友人の情報を入手。猪野詩織さんは家族に心配をかけることを避けるため、友人にのみ相談しながら小松和人との交際を続けていくことになった。

その後も別れ話を切り出すたびに小松和人は脅迫し、また「生命を奪う」ことを示唆するような言葉を向けた。

・ストーカー行為の警察の対応

6月14日、猪野詩織さん小松和人に対して決定的な訣別を告げる。帰宅の最中に被害者は母親に電話を掛け、初めて小松和人とのトラブルが起きていることを伝えた。翌日に家族は上尾署に被害を申告。

ストーカー行為の事情聴取に加え、小松和人からの「脅迫めいた電話内容」の録音内容も確認されたが、応対した警察は「これは事件か民事の問題か難しい」などと述べ、脅迫・恐喝とは認められないとの判断を伝えた。

これに対し、小松和人が「現実に危害が加えられる可能性」を訴えて捜査を求めたが、警察は「民事不介入」を言い放ち「また何かあったら来てください」と要求を退けた。

・小松和人のストーカー行為

7月13日、猪野詩織さんの顔写真が入った誹謗中傷ビラが被害者宅近辺の住宅、猪野詩織さんの通学先、父親の勤務先敷地内などに数百枚ばらまかれた。猪野詩織さんの母親はビラが撒かれた当日に上尾署を訪れて被害を訴え、同日昼に署員2人による実況見分が行われた。

7月15日、猪野詩織さんと母親は再び上尾署を訪れ、無言電話や付近の徘徊といった被害を訴えて小松和人の逮捕を求めると、応対した刑事は「警察は告訴がなければ捜査できない」「告訴は試験が終わってからでもいいんじゃないですか」と告訴を拒否。これに対して「今日告訴しますからお願いします」と告訴の意を強く示したが、何だかんだ言いくるめられ告訴はならなかった。

7月20日、「大人の男性募集中」という文言と猪野詩織さんの氏名、顔写真、電話番号が書かれたカードが高島平団地の郵便受けに大量に投函され、これを見た者たちからの複数の電話が掛かってくる。

7月22日、試験期間が明けた猪野詩織さんと母親は告訴のため上尾署を訪れたが、応対したは担当者不在を理由として1週間後の再来を促した。

7月29日になって告訴状は受理。しかし、小松和人が行った名誉毀損行為ついては「誰がこのようなことをしたのかわかりません」と記載された。

8月23日には猪野詩織さんの父親を中傷する内容の文書が、勤務先とその本社に数百枚送付された。父親は同日に上尾署を訪れたが担当者の不在を理由に帰され、さらに翌日改めて署を訪れると、「警察は忙しいんです」と取り合わなかった。

10月16日午前2時頃、猪野詩織さんの自宅に大音響で音楽を鳴らした車が2台現れる。両親はすぐに屋外に出て車とそのナンバーを撮影し、警察に通報したが、不審車を捕らえることはできなかった。これが最後のストーカー被害となる。

参照wiki

・事件後

12月19日、小松和人の兄、小松武史(元消防庁職員・当時32歳)が経営する無店舗型デリバリーサービスの店主・久保田祥史(当時34歳)が逮捕された。久保田は小松和人にお金受け取っており、実行犯となった。

その翌日には武史、伊藤嘉孝(当時32歳)、川上聡(当時31歳)の3人も逮捕。ちなみにこの4人の居場所をつきとめたのは警察ではなく、週刊誌「フォーカス」。隠ぺいしようとしていた警察だったが「フォーカス」に、事件が大々的に報道されて発覚した。

久保田祥史は8月頃に主犯である小松和人から依頼され、約1800万円を受け取っている。兄である武史が兼業していたことは、職場(消防庁)では誰にも知られていなかったが、これも「フォーカス」による報道で発覚した。

計画を立案した主犯の小松和人は行方不明となり、指名手配される。
小松和人は事件直前に沖縄へ逃亡、その後、名古屋に潜伏した後、北海道へ来ていた。そして、1月27日、北海道弟子屈町の屈斜路湖で、小松和人が発見される。体内から睡眠薬が検出され、この結果により、真相が明かされることがなく、直接的に関与した4人に無期懲役から懲役15年の判決が下された。

・犯人追跡は1人のジャーナリスト

この桶川女子大生ストーカー事件を調査をしたのが「フォーカス」の清水潔記者。清水潔は猪野詩織さんの友人から事件のことを聞き込み、事件全容の調査を開始した。

そのおかげで、犯人が久保田祥史(当時34歳)であることをつきとめ、さらに同僚の伊藤嘉孝(当時32歳)、川上聡(当時31歳)も共犯であることをつきとめる。清水は、警察と太い関係を持つ某記者を経由して警察に連絡。それで警察がようやく動き出した。

f9A9Sh9X

12月19日、警察は実行犯の久保田を逮捕。
取調べで 小松和人に頼まれたことを供述。報酬として武史から3人に1800万円を受け取っていたことが判明した。


犯人を逮捕できたのは、警察ではなく「フォーカス」の清水潔記者という一人のジャーナリストだった。

・上尾署の担当警察によるずさんな対応と裏工作

ストーカー被害の告訴状を被害届に改ざん、捜査せず、事件が起きてしまう。 マスコミに意図的な情報を流し、被害者に非があったという報道をさせられた。(2chで被害者たたきが増えたのはそのせい)


清水潔記者から情報提供を受けるも犯人を逮捕する気配がなかったことで、警察と関係が深い記者にお願いしてようやく動くというお粗末な結果となった。

・ストーカー規制法

この事件がきっかけで来たストーカー規制法だが、いまだストーカーと付きまとい行為の境界線が曖昧になっている。

「ストーカー行為」とは、特定の人物に対するつきまとい等を「反復して」かつ 「恋愛感情、好意またはそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足させる目的」で行うこと。

具体的には以下のとおり。

つきまとう。待ち伏せする。進路に立ちふさがる。住居、勤務先、学校など通常所在する場所の付近を見張る、押し掛ける。

行動を監視していることを告げる、または知り得る状態に置く(たとえば「今日はAさんと銀座で食事していましたね」と口頭、電話、メール、書き置きなどで伝えるなど)。
面会、交際、復縁、その他義務のないことを強要する。著しく粗野または乱暴な言動をする(たとえば大声で怒鳴ったり家の前で車のクラクションを鳴らしたり)。

参照wiki

もちろん無言電話をかけたり、嫌がる相手に対し電話やFAXをしつこく繰り返す、誰が見ても不快な物を送りつけるといった常識を外れた行動は完全にアウト。また、文書で名誉を傷つけたり、わいせつ写真や卑わいな言葉、性的嫌がらせする行為も 同様に違法。しかし、最近ではネットの普及によりSNSで「リベンジポルノ」などの嫌がらせが増えている。


「ストーカー行為」も進化しているので、現在の規正法ではまだまだ不十分といえよう。

今夜の放送では、小松和人の行った異常行動、警察の怠慢な対応の詳細を公開。今だ不可解な小松和人が起こした桶川女子大生ストーカー事件の真相に迫る。

続きを読む


出典: 独女ちゃんねる
詳細は引用元へ:小松和人「桶川女子大生ストーカー事件」犯人の写真と猪野詩織さんへの警察の対応を仰天ニュースで公開【画像】

 - 独女



(^_-)-☆主婦を中心に人気沸騰中?
クリック&コピペで時給3000円以上の高額在宅ワークの募集案件のご案内

【乗り越えよう\(^o^)/】夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

★☆悩み解消☆★久保田式多汗症改善7日プログラム

(*>▽<*)投資はタイミング《純正統派 FXトレード投資方法》
あっという間に軍資金10万円で、1億円をたったの8ケ月で稼ぎだしたFX最強インジケーターとは?





《スポンサー》
キタ━(゚∀゚)━!ツイッタービジネスの決定版! 禁断のツールとライバル不在の新手法を完全公開!
※このサイトもフィードマティックにより完全自動化で作られています。
★当サイトより申し込み特典
【565件のツイート名言集】
フォロワー獲得、凍結対策など様々なシーンや用途でご利用いただけます。
成功のための格言200件/お金に関する名言82件/ユダヤの名言・格言50件/幸福に関する名言108件/時間に関する名言59件/人生に関する名言66件

×