あんまめ\(^o^)/

ネットで話題になっている情報を女子目線でまとめたった♪


小林麻央の余命2017年1月「死去」説となった腹水写真フライデー写真をテレビ出演「市川海老蔵に、ござりまする」で告白【画像】

   

小林麻央1

2017年1月9日(月)放送、日本テレビ系「市川海老蔵に、ござりまする」
22時00分~23時30分

2016年6月、歌舞伎俳優の市川海老蔵の妻・小林麻央が乳がんを公表し、「深刻な進行性のがん」と報道され日本中を騒然とさせた。

日本テレビ「NEWS ZERO」でキャスターとして活躍していた小林麻央は、日本テレビの海老蔵取材班として激動の1年間に密着。今回、海老蔵が初めて我々のカメラにだけ語った、1年8か月にわたる、小林麻央との家族の孤独な戦いの日々が放送される。

その放送に先駆け、現在の小林麻央ががんが悪化し、余命が2017年1月に死去説が出回っているので、その真相を先行して紹介する。

■目次

小林麻央の番組内容

小林麻央の乳がんはステージ4

小林麻央の余命は2017年内?

小林麻央の癌性疼痛は余命が末期

小林麻央の余命が2017年死去説

小林麻央の余命が年内の根拠となる「腹水」

小林麻央の番組内容

●日テレ海老蔵取材班だけが見ていた「1年8か月」

麻央夫人との結婚以来海老蔵を追い続けている日テレの密着取材班。しかし海老蔵は一番近くで撮影する我々にも小林麻央さんの病を隠し続けた。日々、普段通りの顔でカメラの前にいた海老蔵。その時、家族に何が起こっていたのか?新たに明らかになった事実をもとに、検証する。

●日本中が注目した「がん公表会見」…その舞台裏での葛藤

小林麻央さんのがん報道の朝、取材班は海老蔵の自宅に呼び出された。記者会見に向かう車内で、海老蔵が初めて我々に真実を語った。日本中が注目したあの会見の直前、海老蔵は何を思い、何と戦っていたのか。我々だけが見た、激動の「あの日」の裏側。

●「守りたい…」いま、初めて語る麻央夫人への思い

会見後、公の場に立つたびに尋ねられる、妻・小林麻央さんに関する質問。海老蔵は多くを語ってこなかったが、今回、海老蔵が我々のカメラだけに初めて妻・麻央さんへの思いを語った。試練と戦う夫婦の「絆」、そして家族を守るための「決意」に、ロングインタビューで迫る。

●人生初!海老蔵が家族と過ごした「夏休み」に密着

この夏、襲名以来初という1か月もの長期休暇をとった海老蔵。そこには、闘病中の麻央夫人の分も、子供たちと過ごす時間を大切にしたいという願いがあった。親子の散歩、食事、お出かけの日々。そこで我々が見たのは、舞台の上とは全く違う、“イクメン”海老蔵の素顔だった。

●中東、ニューヨーク…世界を駆けた海老蔵の2016年

2016年の海老蔵は精力的に世界を駆けまわった。2月に訪れた中東のUAE(アラブ首長国連邦)、3月にはニューヨーク・カーネギーホールで自主公演を敢行。その胸には、世界を舞台に歌舞伎を文化として根付かせたいという思いがあった。異国の地での新たな挑戦に独占密着。

●妻・小林麻央さんが夫・海老蔵への今の思いを語る


小林麻央さんがカメラの前で夫・海老蔵への思いを語った。麻央さんがテレビカメラの前で語るのは、がん闘病を公にしてから今回が初めて。

小林麻央さん自らの提案で実現したインタビューは2017年1月4日、入院する麻央さんの病室で行われた。麻央さんは取材班の質問に笑顔で答え、闘病中、心の支えになった海老蔵の言葉や、闘病を経て夫婦の絆が強まったと感じた瞬間、闘病を献身的に支える海老蔵への感謝などを語った。

番組の中では、海老蔵が献身的に入院中の麻央さんをサポートする様子など、夫婦の現在の日常も放送される。

公式サイト

目次にもどる

小林麻央の乳がんはステージ4

医者も万能ではないので、レントゲンだけ見ても「見えない」がんもあり、検査では分からない細胞レベルの転移もある。小林麻央の場合、検診で発見できず、乳がんが発覚した時には肺や骨などに癌細胞が転移していることをブログ「KOKORO」で公表した。そのブログの内容では、細胞が増殖し大きくなっており、ステージ4のがんが進行していることがわかっている。

小林麻央2

現在、小林麻央は乳がんと闘い、辛い闘病生活を送る中、ブログ「KOKORO」では明るく近況を報告。しかし、2016年12月から更新が途絶えがちになり、小林麻央は食事もまともに出来ない状態で、「喉に痛みが消えない」と公表したことで「余命が近い」と心配されている。

目次にもどる

小林麻央の余命は2017年内?


小林麻央のケースは一般例に当てはまらないケースが多々あるが、一般的な例では2016年のステージ4乳がん10年生存率は25.49%。

小林麻央のブログ「KOKORO」では「痛み止めの量を増やしても痛みが消えない」と毎日更新していたブログは、更新が途絶えがちになっている。

小林麻央5

小林麻央は俳優・市川海老蔵の嫁という有名人の闘病生活は、同じように苦しんでいるがん闘病者に勇気を与えるし影響力がある。ブログの内容に骨・肺に転移しているステージ4は「完治することはない」状況を告白した小林麻央は、喉に強い痛み「初めて、鼻から牛乳を入れました」とブログを更新し、「ここのところの喉の強い痛みが酷い」と書き込んだ。


喉の痛みが出るという事は「癌性疼痛」の可能性がある。

癌性疼痛とは、腫瘍細胞の浸潤により組織が損傷されたり、あるいは腫瘍に伴う種々の不快感に関連した苦痛全体を指す。がん患者の70%が痛みを経験するといわれ、その痛みは身体的苦痛だけでなく、心理的・社会的・精神的にも影響を及ぼし患者のQOLを著しく低下させる。

これにより、かなりの痛み緩和のための投薬が行われているはず。副作用もあり、痛みのコントロールは難しいとされている。

目次にもどる

小林麻央の癌性疼痛は余命が末期


癌は痛みを訴えるものばかりではない。

内臓自体には痛みを感じる神経はないので、胃カメラや大腸カメラの検査が麻酔無しで出来る。癌も神経に浸潤したり、臓器を圧迫、骨に転移をしたら痛みは強いが、そうでなければ、痛みよりも、倦怠感等の方が強い。

しかし、小林麻央のように癌性疼痛となると余命は末期。

癌性疼痛とはがんステージ4、がん転移、呼吸困難などの症状があり、治癒の見込みのなくなった末期がん患者に現れる症状になる。

癌性疼痛に対しては、現代医学ではモルヒネなどのオピオイド(強力な鎮痛薬としての合法的な医療用薬物)を上手に使うことが現代医学での常識。もちろん、オピオイド以外の鎮痛剤もあり、それで充分な鎮痛効果が得られれば、必ずオピオイドを使用しなくてはならないというわけではない。


これは末期の患者を治療・管理する医師にとっては知っていて当然の知識。

小林麻央の主治医はいったいどんな治療をしているのか、ブログで公表しないため全く不明だが、終末期医療を担当する医師の処方としては大問題。小林麻央の喉の痛みの原因とされる癌性疼痛は単なる身体の痛みだけではない。

癌の痛みは「全人的苦痛」をもたらすものであるので、その後「身体的苦痛」になっていき、オピオイドが小林麻央にとって有効かどうかを判断する必要がある段階にきているといえよう。(逆に何でもがんはオピオイドという単純な考え方も問題だが、痛み緩和にはなる)

目次にもどる

小林麻央の余命が2017年死去説

喉の痛みに関しては、オピオイドが有効かどうかは素人にはわからないし、投与してみないとと何とも言えない。

だけど、痛みがあるというだけで生活の質は下がり、オピオイドは日常生活をサポートするための薬であることを理解して、上手に付き合っていけるようにしないと小林麻央がこのまま放置で痛みが取れるとは思えない。

もしかしたら、小林麻央が投与を拒否している可能性がある。

癌性疝痛での痛みの場合に、患者の予後の余命にかかわらず、モルヒネを投与し始めるのは何の不思議ではない。

小林麻央のQOL(生活の向上)を良くするためには、モルヒネなどを投薬すれば、身体を動かしても痛みがない状態を維持できるし、小林麻央に大幅な改善をもたらすことはできる。モルヒネは極端に寿命を短くするほどの量は出されないので、それほど心配することはないし、余命を短くするわけではないので個人の考え方次第になる。

なので、モルヒネのような投薬を行っていない小林麻央は、「余命が年内もたない」という死去説が噂になってしまっているようだ。

目次にもどる

小林麻央の余命が年内の根拠となる「腹水」

フライデーが報じた小林麻央の腹水写真。
ef

2015年7月、小林麻央が行きつけのカフェで飲み物を買い、周囲を散歩するという二人をフライデーが激写。そこに映る小林麻央は顔回り、お腹のあたりがふくらんでいて、いつもと様子が明らかに違う様子だった。

この小林麻央の大きなおなかは、「腹水が原因」として考えられる。
腹水は、ホルモン療法による体重増加、もしくはがん転移による腹水、抗ガン剤による副作用でのむくみが考えられる。乳がんといったホルモンが関係するがんに対しては、ホルモン療法も行う。ホルモン療法というのは、体の負担が少なく、がんの進行を食い止めるための治療になる。


腹水は無理に抜くと身体に負担が掛かったり、血圧低下、脱水、栄養状態悪化などが起こる為、できる限り腹水穿刺は行わない方がいいとされている。
通常は「身動きがとれない」「食事が全く入らない時」などが腹水を抜く目安のようだが、強制的に抜けば身体に負担がかかるので、自然排出をするために放置しているのだろう。

小林麻央はケースは、がん発見時にすでにリンパへの転移があったとのことなので、その時点で完治は厳しい状態だったこと。リンパだけでなく、肺や骨に転移が見られるということは手術できる状態でない末期中の末期。


小林麻央にとってホルモン療法が有効だったのかはわからないが、副作用としてむくんだり太ったりしてしまったので、小林麻央は投薬をせず、余命を過ごし投薬を拒んでいると考えられる。

今夜の放送では、死去説が出回っている小林麻央の元気な姿を乳がん以降、テレビ初出演。
現在の病状や詳しい余命などの状況が明かされる。

目次にもどる


続きを読む


出典: 独女ちゃんねる
詳細は引用元へ:小林麻央の余命2017年1月「死去」説となった腹水写真フライデー写真をテレビ出演「市川海老蔵に、ござりまする」で告白【画像】

 - 独女



(^_-)-☆主婦を中心に人気沸騰中?
クリック&コピペで時給3000円以上の高額在宅ワークの募集案件のご案内

【乗り越えよう\(^o^)/】夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

★☆悩み解消☆★久保田式多汗症改善7日プログラム

(*>▽<*)投資はタイミング《純正統派 FXトレード投資方法》
あっという間に軍資金10万円で、1億円をたったの8ケ月で稼ぎだしたFX最強インジケーターとは?





《スポンサー》
キタ━(゚∀゚)━!ツイッタービジネスの決定版! 禁断のツールとライバル不在の新手法を完全公開!
※このサイトもフィードマティックにより完全自動化で作られています。
★当サイトより申し込み特典
【565件のツイート名言集】
フォロワー獲得、凍結対策など様々なシーンや用途でご利用いただけます。
成功のための格言200件/お金に関する名言82件/ユダヤの名言・格言50件/幸福に関する名言108件/時間に関する名言59件/人生に関する名言66件

×