あんまめ\(^o^)/

ネットで話題になっている情報を女子目線でまとめたった♪


松本人志と角田信朗の確執「ワイドナショー」で共演NGの理由を告白か【画像】

   

 
2017年1月22日(日)放送、フジテレビ系列「ワイドナショー」
10時00分~11時15分

1月16日、角田信朗は自身のブログで、「8年ほど前にK-1のミスジャッジ騒動の最中に、ダウンタウンの番組への出演を断って以来、松本人志から共演NGとされている」ことを告白し、ネットを騒然とさせた。

ワイドナショーでは松本人志と角田信朗の共演NGについて触れられる予定だが、その場にいた和田アキ子が「ダウンタウンDX」で共演予定だった当日に急きょ出演が中止となっていることを21日のニッポン放送「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」で暴露した。

いったい松本人志と角田信朗に何があったのか?

今回は松本人志と角田信朗の過去に共演NGになった時系列を説明する。

■目次

松本人志と角田信朗

角田信朗と共演予定だった和田アキ子

角田信朗の共演NGの理由

角田信朗へ嫉妬説

松本人志の共演NG

松本人志と角田信朗の確執の真相

松本人志と角田信朗

1月16日公開した角田信朗のブログの記事タイトル「ダウンタウン松ちゃんに伝えたいこと」で、過去にダウンタウンMC番組「ダウンタウンDX」にゲストに呼ばれていたが、2010年5月に放送された日本テレビ「ガキの使い」の企画「叩いてかぶってジャンケンポン」の審判を断ったことで松本人志を激怒させてしまったという。

松本人志

この企画では、関根勤が審判をしているが、当初は松本人志の指名のレフェリー役のオファーしたのが、K-1でレフェリーもしていた角田信朗。

角田信朗のレフェリーとして一番悪いイメージが悪かったのは、2009年のK-1MAXでの武田幸三選手の引退試合で相手はアルバート・クラウス選手戦でのジャッジ。このジャッジで、観客とTV視聴者から多数の抗議を受け、謹慎処分になっている。

試合内容はクラウスが、武田を圧倒しダウンも何度かあり、瞼を切って血まみれ状態。その試合前までは、角田信朗のレフェリングはすぐに試合を「止めていた」ので注意を受けていた。なので、血まみれのまま試合を続行。


いつも試合を止めるのが早いレフェリーなのに、この試合では、武田の引退試合という気持ちも何処かにあったのか、その曖昧なジャッジが評判が悪く、クレームが殺到した。

松本人志2

この微妙な時期だったため、角田信朗は事務所を通してオファーを断ったが、「何か別の形で松ちゃんからのお申し出に応える事はできませんか?」と回答したものの、これ以降出演が亡くなってしまった。

目次にもどる

角田信朗と共演予定だった和田アキ子

この日以降、1年たった日本テレビ「ダウンタウンDX」からのオファーがあり、角田はオファーを断った事を直接詫びるチャンスと思っていたが、しかし、収録当日に、松本人志が共演NGにしていた角田信朗の名前を見つけ「収録は中止や!!」と収録が亡くなってしまったという。

その時に一緒に出演する予定だった和田アキ子には、事情を説明し、「あんたの話し聞いただけやから何とも言えんけどその通りやとしたら残念な話しやなぁ」と「今度ご飯に行こう」と励まされ慰められたという。

角田信朗は松本に「直接説明させてほしい」とスタッフに願い出たが、申し出たもののNGが出たため、側近的なベテラン芸人に相談すると、「間に入った「誰かが話し違えて」こじれてるだけと違いますか?松本さんはそんなことで気分害するような人ではないですよ?」とその場を引き下がったが、これ以降、共演がないという。

角田は、「このブログに書くことでこの真実が回り回って松ちゃんのもとに届くことを祈っています」という思いで記事にしたと語り、この騒動を知った和田アキ子はラジオで確かに「ダウンタウンDX」で角田の出演がなくなったこと。そのことを、角田に直接事情を聞いたところ、「ミスジャッジの件以来、(共演)NGになったみたい」と言われたことを認めた。

和田アキ子は1月27日に放送されるフジテレビ「ダウンタウンなう」のゲスト出演しており、その収録でも「共演NGは誰?」と話題になったようだ。

目次にもどる

角田信朗の共演NGの理由

角田信朗自身の見解だとオファーが断ったことがきっかけのように書かれているが、松本人志自身のコメントがないので事実はまだわかっていない。だが、そもそもオファーを断ったぐらいで共演NGにするのかどうか、それ以外に共演NGになるようなことがあったのに角田信朗自身が気づいていないだけの可能性が高い。

2chやネットの第3者のコメントだと「断っただけじゃNGにならない」という意見が多く、他に理由があるのでは?という意見が多い。正直、関根勤のレフリー動画を見てみたが「どうでもいい」立場だったし、メインは芸人。そのレフリーを断っただけで共演NGする程、松本人志もおかしいとは思えいない。

目次にもどる

角田信朗へ嫉妬説

松本人志は肉体改造に成功し、いまや芸能界屈指の肉体を持つ。歳が自分より上にも関わらず、自分より素晴らしい筋肉美を誇る角田信朗に対するコンプレックスが有るとの見方もある。毎日筋トレしているのに、「筋肉自慢芸人達とは親しくしていない」のも、自分より素晴らしい筋肉を持った人を避けているとの見方もある。
松本人志4

そうなると、全部が全部、角田信朗が悪いわけではない。
松本人志もワイドナショーでのコメントを見ても「食えない男」で本心がつかみ取れず、気難しくてひねくれた部分がある。芸人同士の身内や後輩には接し方が変わったようだが、自分がダメだと思った人間は徹底的に排除する傾向にある。


クセ強い独自の思考が頂点へ登り詰めた天才になると、凡人にはわからない部分があるはず。

角田信朗も、突然わけわからないままNGされ、直接話すことすらままならない。
人に裏切られた怒りや悲しみもあっただろう。最初のうちは「ふざけんな」くらいに思えるが、やっぱり悲しくて悲しくて「ちゃんと話したい」という思いが記事を書かせてしまったと思われる。

目次にもどる

松本人志の共演NG

過去には松本人志と爆笑問題の太田は共演NGで有名だった。
松本人志3

太田がラジオで松本人志のファッションを「アディダスの広告塔」と揶揄する発言をしてしまい、松本が太田に土下座を強要した事件。

以前、松本のラジオ番組「放送室」の中でも、太田の名前こそ挙げなかったが、「俺にはそいつを嫌いになる理由がある訳であって、俺の仲間までが理由も無く「そいつ」を嫌いになる必要は無い、それが差別の始まりだ」という趣旨の発言をしている。

この発言の「そいつ」とは太田の事で、「俺の仲間」というのは、当時太田との共演が増えたジュニアや品川の事を指しているのだろう。

総合的に判断して、松本と太田の共演は「有り得ない状態」だった。
上下関係が厳しい吉本で育った松本からすれば、「調子こいてる後輩を呼び出して説教」詫びを入れさせるというのは、関西ではよくあること。それが、東京芸人の爆笑問題には苛めに映ったというだけで、太田から共演することがなくなってしまった。


しかし、2014年のいいとも最終回で二人は共演。

この共演以降、太田の嫁がダウンタウンDXに出演したりと、完全とはいかないまでも和解。当時は、瞬間的に腹が立ってやってしまったけど、自分のなかで「カッコ悪いことをした」と自己嫌悪になったのか、松本自身は、こんなにタブーな関係になるとは思っていなかったように何事もなく接している。

目次にもどる

松本人志と角田信朗の確執の真相

疑問なのは「今さら角田がなぜ共演NGを公表したのか?」

数年前に起きたことが和解できてないとモヤモヤした気持ちが残るのは当たり前だが、寂しさや「悲しさ」のほうが勝ってしまったのか。


角田も書いてたが、他のスタッフが自分の保身に回って変にNG理由を伝えた可能性がある。

今回の件は少なくともどちらも悪い部分があり、それに輪をかけるように「周りがゴチャゴチャにした」というのが事の真相だろう。

目次にもどる


続きを読む


出典: 独女ちゃんねる
詳細は引用元へ:松本人志と角田信朗の確執「ワイドナショー」で共演NGの理由を告白か【画像】

 - 独女



(^_-)-☆主婦を中心に人気沸騰中?
クリック&コピペで時給3000円以上の高額在宅ワークの募集案件のご案内

【乗り越えよう\(^o^)/】夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

★☆悩み解消☆★久保田式多汗症改善7日プログラム

(*>▽<*)投資はタイミング《純正統派 FXトレード投資方法》
あっという間に軍資金10万円で、1億円をたったの8ケ月で稼ぎだしたFX最強インジケーターとは?





《スポンサー》
キタ━(゚∀゚)━!ツイッタービジネスの決定版! 禁断のツールとライバル不在の新手法を完全公開!
※このサイトもフィードマティックにより完全自動化で作られています。
★当サイトより申し込み特典
【565件のツイート名言集】
フォロワー獲得、凍結対策など様々なシーンや用途でご利用いただけます。
成功のための格言200件/お金に関する名言82件/ユダヤの名言・格言50件/幸福に関する名言108件/時間に関する名言59件/人生に関する名言66件

×