あんまめ\(^o^)/

ネットで話題になっている情報を女子目線でまとめたった♪


芳根京子の難病「ギランバレー症候群」と号泣したべっぴんさん撮影裏話を「鶴瓶の家族に乾杯」で告白【画像】

   

2017年3月6日(月)放送、NHK「鶴瓶の家族に乾杯」べっぴんさんSP 
19時30分~20時43分

鶴瓶がドラマ「べっぴんさん」ヒロインに抜擢された芳根京子と「福岡県糸島市ぶっつけ本番旅」

ドラマ「べっぴんさん」で主演を務めてる芳根京子が、多くの方に「べっぴんさんを見てもらおう」という企画で鶴瓶と福岡を旅する。

今夜の放送に先駆け、芳根京子の人物像と難病を乗り越えた過去を紹介する。

■目次

芳根京子プロフィール

芳根京子「べっぴんさん」で号泣

芳根京子の難病告白

芳根京子のギラン・バレー症候群

芳根京子がなった難病は90%は完治

芳根京子プロフィール

芳根京子(よしね きょうこ)

芳根京子1

生年月日 1997年2月28日
出身 東京都
身長 159 cm
血液型 A型

所属事務所「ジャパン・ミュージックエンターテインメント」

高校1年生のとき、友達に誘われて行った遊助(上地雄輔)のライブ会場でスカウトされ芸能界入り。

2013年にフジテレビ系ドラマ「ラスト♡シンデレラ」で女優デビュー。
2014年、NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」で朝ドラ女優としての好演が一気に知名度が広まり、2015年のTBS系ドラマ「表参道高校合唱部!」で1000人のオーディションの中から香川真琴役でドラマ初主演を務めた。

現在は2016年度の後期のNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」で、オーディション2261人の中からヒロイン役を勝ち取り、朝ドラ女優として注目の若手女優になった。

目次にもどる

芳根京子「べっぴんさん」で号泣

芳根京子2

NHK朝ドラの撮影はとても過酷。

主要でない人物ならともかく、毎回のように映るヒロインの芳根京子の主要撮影期間(約1年間)は1日中拘束される。

朝ドラは、ヒロインが撮影中に倒れるほど過酷な現場と言われていて、オーディションでも「体力的に大丈夫?」と聞かれたりするほど(これは過去のヒロイン女優・高畑充希がしゃべくりで語っていた)また、大阪局が制作の方(毎年秋から春にかけて放送する方)だったら、ほぼ大阪に住むような生活になる。

ドラマの拘束時間はバラエティーの比ではない。

バラエティーは同じ場所で何本も複数本の収録可能だが、ドラマはロケなども含めればその都度人員を配置しなければならず、スタッフやキャストが多ければ撮影前だけでも相当な準備がいる。

ロケに至っては一から始めるのだから、それだけでも相当の人員や時間が費やされ、番組はたかがたった1シーンの為に1日費やすことも普通。

簡単に言えば、1週分を何本も別々の場所で多数収録してるようなもの。
こんな状況ではキャストよりスタッフの方がもっと働いている訳なので、芳根京子だけが辛い訳ではないが、ヒロイン女優がつらいのは事実。

「べっぴんさん」クランクアップの時に芳根京子は「10代最後の一年間と20代最初の一日目をこの「べっぴんさん」で迎えられたことを幸せに思います」と号泣し、過酷な撮影にも感謝を述べた。

芳根京子

目次にもどる

芳根京子の難病告白

芳根京子は2015年11月27日自身のブログで、「大きな病気になったことはある?」というファンからの質問に対し、芳根京子の難病を乗り越えたエピソードを語った。

内容は

私も中学の頃に難病になった事があります。

実際そうなるとね、
なかなか笑顔になるのなんて難しかったりするんですけどね、
とにかく毎日楽しい事探してたなー。
気持ちに負けないように。

その時思ったのは周りの人とお喋りしたり、コミュニケーションをとることが1番笑顔になれるんじゃないのかなぁ!あとは携帯でお笑い見たりしてますよー。笑

1人じゃないですからね。きっと大丈夫です。もう頑張ってると思うので頑張ってくださいって言葉は言いません。無理せず、自分のペースでいてくださいね。

と難病になったことを告白している。

芳根京子3

中学生の多感な時期の闘病生活は、多大な影響を与えたのは想像に難くないが、それも今となって芳根京子は「難病とは言われているけど、自然に治る病気。今は完治してる。病気のあとは急激に足が早くなったり、持久走で1位になったりしてるので全然、支障がない!」と完治していることも語っている。

目次にもどる

芳根京子のギラン・バレー症候群


芳根京子は、中学二年生の時に「ギランバレー症候群」という難病を患い「力が入らなくなる」症状に悩み「1年間くらいは普通に学校に通うことが難しい」時期があったという。

ギランバレー症候群とは、筋肉を動かす運動神経が傷害されて、両手両足に力が入らなくなる病気。


年間発症率が10万人に1人前後という稀少疾患で、自分の免疫が神経細胞を攻撃してしまって壊れていく。

自分を守るための免疫のシステムが異常となり、自分の神経を攻撃する。かかりはじめの一番症状の強い時期に、約60%の患者の血液中に、神経に存在する「糖脂質」という物質に対する抗体ができる。これが、自分の神経を攻撃する「自己抗体」としてはたらいているのが原因。

その他にもリンパ球などの細胞成分やサイトカインなどの液性成分も関わっていると言われている。

進行速度は人それぞれで、ほとんど進まずに回復する人もいれば、目に見えるほどの進行で、早ければ数日以内に手足以外の部分にも症状が広がり、死に至る人もいるほどの難病。

現在では治療法が存在し、この難病ははじまってからなるべく早くに「血漿交換療法」あるいは「免疫グロブリン大量療法」を行うと、ピークの時の症状の程度が軽くなり早く回復する。また症状のピークの時には、人工呼吸器を用いたり、血圧の管理を行ったりといった全身管理することで回復が望める。

早期回復するにはリハビリも大切で、まだ進行を止める薬はなく、自然に回復をまかせるしかない。

目次にもどる

芳根京子がなった難病は90%は完治

現在でも、この難病で後遺障害が残る人がいる。
過去には、女優の大原麗子の場合には後遺障害が残ってしまい、この難病が原因でなくっている。

大原麗子がギラン・バレー症候群を発症したのは11歳、再発したのが36歳、47歳のときには乳がん手術を受けている。大原麗子のように、一時回復の兆しを見せても、再発したら、癌・ガンに転移してしまうような厄介な難病といえる。

芳根京子は中学二年生の時にという難病を患い、1年間くらいは普通に学校に通うことが出来ず、リハビリや治療を行い、現在は改善できているが、いつ再発するかわからない状態だといえる。

今夜の放送では、鶴瓶と福岡を旅。
芳根京子が旅で出会った人たちと触れ合いながら、自身の難病や撮影の裏話が語られる。

目次にもどる


続きを読む


出典: 独女ちゃんねる
詳細は引用元へ:芳根京子の難病「ギランバレー症候群」と号泣したべっぴんさん撮影裏話を「鶴瓶の家族に乾杯」で告白【画像】

 - 独女



(^_-)-☆主婦を中心に人気沸騰中?
クリック&コピペで時給3000円以上の高額在宅ワークの募集案件のご案内

【乗り越えよう\(^o^)/】夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

★☆悩み解消☆★久保田式多汗症改善7日プログラム

(*>▽<*)投資はタイミング《純正統派 FXトレード投資方法》
あっという間に軍資金10万円で、1億円をたったの8ケ月で稼ぎだしたFX最強インジケーターとは?





《スポンサー》
キタ━(゚∀゚)━!ツイッタービジネスの決定版! 禁断のツールとライバル不在の新手法を完全公開!
※このサイトもフィードマティックにより完全自動化で作られています。
★当サイトより申し込み特典
【565件のツイート名言集】
フォロワー獲得、凍結対策など様々なシーンや用途でご利用いただけます。
成功のための格言200件/お金に関する名言82件/ユダヤの名言・格言50件/幸福に関する名言108件/時間に関する名言59件/人生に関する名言66件

×