あんまめ\(^o^)/

ネットで話題になっている情報を女子目線でまとめたった♪


東日本大震災の幽霊、長渕剛の紅白写真がやばい【動画】

   

東日本大震災発生から2017年3月11日で6年が経とうとしている。

あの日の揺れを体感した人は、一生忘れることが出来ないほど昨日のように鮮明に覚えているだろう。今後、3.11は故人を偲び、供養することで悲しみが癒されていく。

現在でも平成30年で仮設住宅はすべてなくすように復興は進めているようだが、復興が進まない被災地(福島原発周辺など)は、2016年の地震で被災した熊本県よりも遅れる可能性が考えられている。

今回は、復興支援はいまだ必要な東日本大震災の現状と、2chで報告されている幽霊写真を紹介する。

■目次

東日本大震災とは

東日本大震災での津波

東日本大震災の復興

東日本大震災の幽霊

東日本大震災の幽霊報告

東日本大震災の幽霊写真

東日本大震災とは

東日本大震災

2011年(平成23年)3月11日(金曜日)14時46分18秒、宮城県牡鹿半島の東南東沖130km、仙台市の東方沖70kmの太平洋の海底を震源とする東北地方太平洋沖地震が発生し、それに伴って発生した津波、およびその後の余震により引き起こされた関連災害を「東日本大震災」と呼ばれる。


最大震度は宮城県栗原市で観測された震度7で、宮城・福島・茨城・栃木の4県36市町村と仙台市内の1区で震度6強を観測した。

参照wiki

目次にもどる

東日本大震災での津波

東日本大震災などで「大津波」や「40mの大津波」と説明されているが、YouTubeやテレビ番組で放送されている被災地に到達している波はとても40mの波の高さとは思えない。

津波が一番高かった所でも十数mだった。

その理由としては、津波は高さの他に「遡上高」(そじょうこう)と呼ばれる「陸に打ち寄せた時の最高到達点の高さ」があり、この遡上高では40mくらいに達した所があるので、「40mの大津波」として報道では説明されている。


実際の津波本体の高さは、視覚的な高さより低めなのは確かだが、動画を見てわかるものではない。

報道での報告でよく使われるのは遡上高(爬行高)であって、これは勢いよく乗り上げたときのもの(例えるとバケツに水を入れて壁に投げて跳ね上がった水の高さ)で、地形条件などで場所ごとに変わっていく。

なので、動画と体験では全く違うものと考えられるだろう。

目次にもどる

東日本大震災の復興

東日本大震災2

東日本大震災の復興は「何をもって復興とするのか」によるのが、復興は物理的な問題だけで考えれば、いつかは復興する。

しかし、「被災された方々の人生が大きく狂ってしまった」という現実をどこまで正視して、「復興」の二文字に勘案するか。これは震災の有無に関わらず、大なり小なり日本各地である問題なのかもしれない。

被災の小さい地域では、確かに復興出来ているのかも知れないが、相変わらず自宅に戻れない人々も多くいる。

事故原発始末でも東電の姿勢は、「経費削減第一」は変わらず、政府は東電に丸投げのままで、情報隠蔽だけを形だけ批判するのみ。風評被害もいまだ拡大している。

東北へ実際に行って「現状」を見に行くことが、ニュースやネットではわからない状況もわかる一番の方法だが、「ただ見に行く」だけでは無く「何を見に行く」のか。

何らかの原因で「ゴーストタウン」や「立ち入り禁止」などで「住民が日常生活を出来ない地域」を「日常生活できる状況にする」のが「復旧」で、「日常生活は出来るが、以前のような賑わいが無く産業等が滞っている地域」を「地元産業の活気を取り戻して、住民の収入などを以前のレベルまで復活する」のが「復興」。


「復興」地域の観光地など一見では復興している感じがするが、地元産業が活気づいていない。
参入しているのは、多く東京の企業が経営母体になっていて、地元のマネーを東京に吸い上げている現状がある。

目次にもどる

東日本大震災の幽霊


東日本大震災で立ち入り禁止になった施設、「復旧」地域では、「幽霊がでる」という噂が広まっている。

これは嘘でもなく実際に、東日本大震災の被災地では、地元住民による幽霊の目撃談が絶えない。

例えば、「被災地で幽霊がでて、霊障により工事が中断した」「水たまりに目玉がたくさん見えた」「海を人が歩いていた」「見つけてくれ。埋葬してくれ」と枕元に現れたのを経験した人も2chで報告されている。


あまりにも東日本大震災での幽霊報告が多いため、NHKの番組では「心霊現象」というテーマを取り上げた。

東日本大震災の被災者が体験した心霊現象を特集したNHKスペシャル「亡き人との“再会”」での当時の取材ディレクターが、雑誌インタビューにも登場し、体感した幽霊現象を答えていたことで、「震災幽霊」に注目が集まった。

この放送には多くの視聴者から大きな反響が巻き起し、「NHKがオカルト的なものを扱っていいのか」という批判もあったという。

目次にもどる

東日本大震災の幽霊報告

例えば、釜石では夜中に県警のパトカーが4人ぐらいのジャンパーを着たような「黒い影に職質しようとしたら消えた」

津波で被災し「がれきになったコンビニ」では「津波でなくなったオーナーが、夜な夜ながれきになった店舗にやってきて仕事をしている」姿を目撃。パトロール中の警官が「あなたはもう亡くなっているんですよ」と幽霊に語り掛けているというエピソードが報告されている。

石巻の某所では、「夜な夜な幽霊の列」が出て、「丘へ向かって殺到し津波から何度も何度も逃げようとする」など報告されている。

目次にもどる

東日本大震災の幽霊写真

これは東日本大震災の被災地で取られた有名な幽霊写真。

東日本大震災4

ほかにも被災地で歌った長渕剛の後ろに「謎の影が浮かび上がっている」と話題になり、幽霊ではないか?と思われる。

東日本大震災3

精神的な疲れで幻覚を見る場合もあるし、これだけ報告されているの本当の霊である可能性もある。いきなり、震災で自覚できないでさまよってしまう人。一方、残された人々の心労が、そういうものを見せるということもあるのかもしれない。

必ず幽霊を見るというわけでもなく、霊感が全く無い、オカルト否定派の人は影響を受けないようで、仕事や用事などで夜間、その場所を何度も車で通っても、1度も不思議な現象、幽霊も見たことがない人もいる。


オカルト思考の人、霊能・霊障などに拘り、怖がる人が影響を受けやすい傾向にあるようだが、脳の錯覚、幻覚、妄想なども大いに影響の原因になると考えられる。

東日本大震災から6年、瓦礫などはなくなって綺麗に整備されてきているが、それは表の部分だけで、実際はまだまだ。

まだまだ自分たちにできることはたくさんあるので、一歩踏み出す「その一歩」は大きな一歩、自分たちのペースで復興に協力したい。

目次にもどる


続きを読む


出典: 独女ちゃんねる
詳細は引用元へ:東日本大震災の幽霊、長渕剛の紅白写真がやばい【動画】

 - 独女



(^_-)-☆主婦を中心に人気沸騰中?
クリック&コピペで時給3000円以上の高額在宅ワークの募集案件のご案内

【乗り越えよう\(^o^)/】夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

★☆悩み解消☆★久保田式多汗症改善7日プログラム

(*>▽<*)投資はタイミング《純正統派 FXトレード投資方法》
あっという間に軍資金10万円で、1億円をたったの8ケ月で稼ぎだしたFX最強インジケーターとは?





《スポンサー》
キタ━(゚∀゚)━!ツイッタービジネスの決定版! 禁断のツールとライバル不在の新手法を完全公開!
※このサイトもフィードマティックにより完全自動化で作られています。
★当サイトより申し込み特典
【565件のツイート名言集】
フォロワー獲得、凍結対策など様々なシーンや用途でご利用いただけます。
成功のための格言200件/お金に関する名言82件/ユダヤの名言・格言50件/幸福に関する名言108件/時間に関する名言59件/人生に関する名言66件

×