あんまめ\(^o^)/

ネットで話題になっている情報を女子目線でまとめたった♪


小川真澄「パンプキン」の娘は細菌性髄膜炎で知的障害になった現在と原因を爆報フライデーで告白【画像】

   

2017年3月17日(金)放送、TBS系列「爆報!THE フライデー」
19時00分~19時56分

大手芸能事務所「サンミュージック」グループの創業者で代表取締役会長の相澤秀禎が1968年、芸能事務所サンミュージックプロダクションを設立。

松田聖子や桜田淳子、早見優、岡田有希子などの人気アイドルを育て、第1次アイドルブームを起こした。

現在でもサンミュージックのアイドル「さんみゅ~」を売り出しているが、大手アイドル事務所だったのに「空白の21年」もあるということは、岡田有希子の事件があったからともいわれている。

そんなサンミュージックで期待のアイドルとしてデビューした「パンプキン」小川真澄の現在を特集。現在は、2度の離婚を経て、3度目の結婚。3児の母親として奮闘中。さらに子育て中のあるミスが原因で娘に知的障害を患ってしまった小川真澄の現在が紹介される。

放送されるに先駆け、小川真澄とはいったい誰なのか?当時のアイドルブームとアイドルの悲惨なその後を紹介する。

■目次

小川真澄プロフィール

小川真澄が活躍したのはアイドル黄金期の末期時代

小川真澄のようなアイドルのその後

小川真澄の娘は知的障害になった原因は細菌性髄膜炎

小川真澄プロフィール

小川真澄

小川真澄(おがわ ますみ)

生年月日1972年5月6日44歳
出身 東京都

高校時代にサンミュージックのオーディションをうけ、1987年アイドルグループ「パンプキン」の新メンバーとして加入。その後、「パンプキン」として活動するも、活動末期はソロ活動が主となり、学業を優先し、亜細亜大学に進学し、卒業している。

小川真澄3

「パンプキン」は第1次アイドルブームが終焉したこともあり、売り上げが伸びず、1993年「パンプ キン」は解散。 解散後も、小川真澄は芸能活動を続けているが、ラジオや舞台が中心の活動だったこともあり、知り合った男性と結婚を機に芸能界引退を決めた。


小川真澄2

小川真澄は芸能界から引退してから、旦那の仕事の関係で鳥取県米子市に引っ越し。鳥取でセラピストを経営をはじめ、また、その傍ら、タレント養成所サンミュージックアカデミー米子校の総主任、DARAZ FMのパーソナリティとして活動。

2012年10月には小川真澄がプロデュースしたアイドルユニット「Chelip」をCDデビューさせた。

目次にもどる

小川真澄が活躍したのはアイドル黄金期の末期時代

1978年4月4日に「キャンディーズ」が解散、1980年9月1日には「ピンク・レディー」が解散し、すい星のように現れたのが山口百恵。山口百恵は、トップアイドルとして活躍するが、突然1980年10月5日に芸能界引退を発表し、アイドル不在の状態になる。


そこに現れたのが松田聖子。

山口百恵が電撃引退から、約半年後、入れ替わるように登場したのが松田聖子は、今までにない「アイドル」としての可愛らしい顔立ちと抜群の歌唱力を武器に、一気にブレイク。

現在のようなアイドル戦国時代のきっかけとなる松田聖子の登場、育てたサンミュージックが第1次アイドルブームの先駆けとなった。デビュー当時の髪型は「聖子ちゃんカット」は、同年代の女性から中高生に大人気。社会現象を巻き起こし、同じ時代のアイドルもこぞって真似た髪型をして登場するほど、絶大の影響力を誇った。

デビュー当初は松田聖子と変わらない王道のアイドル路線だったが、中森明菜だけは松田聖子との差別化を図り、ちょっと悪いイメージのクールなアイドル像を築き上げ、松田聖子のライバルとして活躍。

同時期に「スター誕生!」という素人からアイドル発掘する番組を登場し、松田聖子を機に、まさにアイドル戦国時代となる80年代は多くのアイドルが誕生した。

その筆頭にいたのがサンミュージック。

サンミュージックは多くのアイドルをデビューさせ、第1次アイドルブームを作ったが、松田聖子の結婚で「第二の松田聖子」として育てた岡田有希子がこれからという1986年(昭和61年)4月8日、所属事務所「サンミュージック」が入居しているビルの屋上から飛び降り、18歳でこの世を去った。

小川真澄4

この事件以降、サンミュージックへの不信感もあり、また時代の流れが90年代の小室哲哉プロデビュースが起こした小室ファミリー時代に突入したことで、80年後期のアイドルは小川真澄たちをはじめ壊滅状態となった。

目次にもどる

小川真澄のようなアイドルのその後

アイドルも人気になると、アイドル卒業しても芸能界で活動を続けられたりするが、ほとんどは結婚して芸能か引退。また、一般社会で生きていくしかない。

小川真澄は結婚後、 セラピストの店をオープン。
クスリを服用する代わりに使って痛みやこりや病気などを改善する「ヒーリ ングカード」。自然が生み出した、いわば西洋の漢方でいろいろな効能をいかし、 ノンカフェインで数千種類もの薬用植物からできていている「ハーブティー」。神秘的な世界各地で月のパワーを秘めた石をしようした「パワ ーストーン」などを使用し、人気のセラピストとして売り上げは好調のようだ。

小川真澄1

しかし、仕事をもつ自立した女性はどうしても離婚しやすい傾向にあるようで、小川真澄も2回の離婚。2011年に知り合った「有限会社 タイヤセンターナガミ」の代表・永井仁と3回目の結婚をして現在は3人の子供と仕事と両立させて、忙しい毎日に追われている。

目次にもどる

小川真澄の娘は知的障害になった原因は細菌性髄膜炎

3人の子供がいる小川真澄には、長女は藍里(あいり)は二十歳になり現在、美容師を目指して専門学校に通っている、自立した大人。末っ子はのんは、2016年に高校入学したので、今年で高校2年生になる。

そして、今回紹介される次女・りんは、子育ての時の細菌性髄膜炎の後遺症で知的障害を患ってしまい、現在も細菌性髄膜炎は増え続けている病気となる。

近年では
1985年10万人に1人
1994年10万人に10人
2012年10万人に100人

と、細菌性髄膜炎になる患者は増えており、細菌性かウイルス性(無菌性)かは、主に症状から医師の診断で判断される。

原因となる細菌が、クモ膜下腔に侵入炎症を起こす疾患で、高熱、頭痛、嘔吐、錯乱、昏睡、意識喪失、頚部硬直など、風邪やインフルエンザと初期症状では区別つきにくいようだ。

細菌性は重症に陥りやすく、初期から適切な抗生剤投与がなされなかった場合、重い後遺症または命を落とすことも有り得える。一方、ウイルス性は風邪みたいなもので、成人なら入院しないでも治ることがあり、重い後遺症はないことが多い。


小児の場合、自己免疫が低いので「Hibワクチン」や「肺炎球菌ワクチン」などは接種して予防するしかない。

発病すると致死率が高いので、早期に発見、早期に診断、早期に抗生剤の使用開始が必要となる。

発見が遅れると、発熱、脱水、電解質異常ということもあり、肺炎、脳炎、全身状態の悪化、呼吸不全何でもありえるようだ。救命できても後遺障害が残ることが多いので、小川真澄の娘のりんさんは、生後6か月で細菌性髄膜炎を患ってしまい、適切な処置をできなかったことで、知的障害を患うほどの後遺症になってしまったようだ。

今夜の放送では、小川真澄の娘が患った細菌性髄膜炎の実態を紹介。
さらに、その予防や対策を体験談から詳細に明かされる。

目次にもどる


続きを読む


出典: 独女ちゃんねる
詳細は引用元へ:小川真澄「パンプキン」の娘は細菌性髄膜炎で知的障害になった現在と原因を爆報フライデーで告白【画像】

 - 独女



(^_-)-☆主婦を中心に人気沸騰中?
クリック&コピペで時給3000円以上の高額在宅ワークの募集案件のご案内

【乗り越えよう\(^o^)/】夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

★☆悩み解消☆★久保田式多汗症改善7日プログラム

(*>▽<*)投資はタイミング《純正統派 FXトレード投資方法》
あっという間に軍資金10万円で、1億円をたったの8ケ月で稼ぎだしたFX最強インジケーターとは?





《スポンサー》
キタ━(゚∀゚)━!ツイッタービジネスの決定版! 禁断のツールとライバル不在の新手法を完全公開!
※このサイトもフィードマティックにより完全自動化で作られています。
★当サイトより申し込み特典
【565件のツイート名言集】
フォロワー獲得、凍結対策など様々なシーンや用途でご利用いただけます。
成功のための格言200件/お金に関する名言82件/ユダヤの名言・格言50件/幸福に関する名言108件/時間に関する名言59件/人生に関する名言66件

×