あんまめ\(^o^)/

ネットで話題になっている情報を女子目線でまとめたった♪


尾台あけみさんの男性遍歴「寺田農と桑名正博」とフライデー袋とじ画像の真相を爆報フライデーで告白

   

2017年3月24日(金)放送、TBS系列「爆報!THE フライデー」
19時00分~19時56分

故人・桑名まさひろの訃報の際に「元愛人だった」ということを暴露した芸能界史上最悪のタレこみをした尾台あけみが登場。

売名行為と大バッシングをうけた尾台あけみが、なぜ亡くなった後に愛人報道を垂れ込んだのか?

尾台あけみの人物像を放送に先駆け、先行して紹介する。

■目次

尾台あけみプロフィール

尾台あけみと寺田農

尾台あけみと桑名正博

尾台あけみは売名だった?

尾台あけみの男性遍歴

尾台あけみプロフィール

尾台あけみ

尾台あけみ(おだいあけみ) 

生年月日 1956年生まれ
出身地 千葉県
身長154cm
スリーサイズ B80・W63・H85

子供のころからレーサーに憧れ、18歳よりカーレースに参加。
その後、カースタントドライバーとして活躍。西麻布の料亭女将などを経て、現在はカーアクションドライバー、映画・テレビ・ドラマなどのカーアクションの演出と企画、劇用車の手配会社「レディーエックス」の代表取締役社長。

2012年、歌手の桑名正博が59歳で亡くなった2日後、「元愛人」と名乗る尾台あけみ(当時56歳)桑名正博の大阪の自宅に押し掛け弔問。しかし、「門前払い」をうけたことで、マスコミの前で、その心境を赤裸々に語ったことで大きな話題となった。

2013年、交際していた俳優の寺田農(当時70歳) と「婚約不履行」で裁判を起こしワイドショーを騒がせ、再び世間を騒がせる。この裁判では和解し、現在は本業を行いながら、この時期から尾台あけみはタレント活動を始めている。

目次にもどる

尾台あけみと寺田農

尾台あけみ3

尾台あけみは、寺田農を前妻から略奪。

しかし、約10年にも及ぶ同棲生活の末、「婚約不履行」で裁判を起こしている。
この騒動の件でマスコミに出るようになって、周囲からの風当たりが強くなり、自業自得、因果応報、売名行為など大バッシングを受けることになる。

だが、尾台あけみにしてみれば、自分の姿をマスコミに晒してでも「寺田の酷さを主張したかった」のだろう。「結婚する」と言われ続け、寺田農を信じてきた自分の10年間を思うと、泣き寝入りすることは納得できなかった。

10年間、事実婚状態。

純粋に一人の男性を愛し信じ続けた女性であればあるほど、裏切られた時の心理的反動は大きい。信じていたからこそ簡単に捨てられてしまったことに許せなかった。10年もの間 「今年こそは結婚する」と言い続け、暮らしてきた尾台あけみに対して責任を取らないのは、あまりにも酷い裏切り。

尾台あけみは、この騒動でTBS「サンジャポ」に出演した際「私は好きな人の奥さんになりたかったの」と語っていたので、純粋に10年間、寺田農との結婚を待ち望んでいたことが伺える。

尾台あけみ5

だが、週刊誌の記事には一切、そのことは書かれておらず、寺田はかなり年下の女性と結婚。当時70歳の寺田と結婚する若い妻には財力が結婚した理由なのにも関わらず、尾台あけみだけが一方的に叩かれた。

目次にもどる

尾台あけみと桑名正博

尾台あけみは、俳優の寺田農と10年近く事実婚状態にあり、5500万円を求め「婚約不履行」で提訴した際、尾台あけみは裁判の過程で、寺田を「夫」として紹介した計104人のリストを証拠として提出。

一方の寺田側は、その中の4人が寺田の前に尾台あけみと関係を持っていた「男性遍歴だった」ことを指摘し、尾台あけみもこれを事実と認めている。

その4人に含まれていた一人が桑名正博だった。

尾台あけみ4

尾台あけみは寺田と同棲する前に4年に桑名正博と愛人関係にあり、尾台あけみが寺田と出会ったころに愛人の関係は切れたが、親交は続いていたようだ。

桑名正博が入院した時には、その費用を支払う預金がないことから、尾台あけみが「桑名正博の担当マネジャー」を名乗り、行きつけの飲食店にカンパ箱を置き募金活動を行い、桑名正博の長男で歌手の美勇士(みゆうじ)には感謝されていたという。


しかし、桑名正博の娘・晴子は尾台あけみの勝手な行動に激怒。

その件があったので、桑名家を仕切っているのは晴子に尾台あけみは弔問した際「門前払い」をされてしまったようだ。

目次にもどる

尾台あけみは売名だった?

尾台あけみ2

尾台あけみは自分から愛人だったとか話すのは「桑名正博のイメージを落とす」ことであり、売名と言われても仕方ない。

しかし、尾台あけみが「マネージャー」を名乗った説はもう一つある。

その後、尾台あけみが寺田農と別れて、住む所もなく困っていた所、桑名正博の嫁が「気心が知れている尾台あけみに「桑名のマネージャーにならない?」と助けた、と別の週刊誌で報じられている。

だから、実際に尾台あけみの肩書きは「桑名の元マネージャー」になっているで、自称してカンパ金を募っていたわけではないようだ。この週刊誌の報道で桑名正博の妻が、何らかのコメントしてないので何が本当かわかっていない。


だが、桑名の入院費のカンパを集めたというのは、実際には桑名正博には家も別荘もあるし、天涯孤独の身でもないのにカンパ集めというのは、辻褄が合わない。

しかし、愛人関係は本人も認めているので、元愛人の尾台あけみをマネージャーにする桑名の妻がどういう感覚してるのか?一般人にはちょっと理解できない感覚になる。

目次にもどる

尾台あけみの男性遍歴

尾台あけみと別れる際、寺田農が35才年下の女性と結婚することを決めた理由は、週刊誌によると「彼女の家が裕福であるので、自分が(寺田農)経済的に困っても援助してくれるので」と尾台あけみに告げたという。

この報道は事実かどうだかは不明だが、離婚後もあちこちで「夫婦」として振る舞い、2006年10月の姪の結婚式には「夫婦」として出席。同じ頃、寺田は離婚成立。つまり2006年10月から婚約中という事実。

尾台あけみがプライベートなことを裁判を起こし、敢えて公開されたのは「寺田農が、あまりにも誠意のない言動や形であった」のは明らか。

一方の尾台あけみの方も、裁判を起こしてしまったおかげで、西麻布の料亭女将の時の「幅広い交遊関係を持つ」などが暴露され、かなりの男性遍歴があったことも裁判で明らかになってしまった。

その男性遍歴の中には大物政治家から大物芸能人など多く名が挙がっているが、尾台あけみは現在までその男性遍歴を芸能活動の「ネタ」にしていないことを考えると、「売名行為」で裁判をしたわけではないことが理解できる。

今夜の放送では、なぜ桑名正博との愛人関係を認めたのか?

売名行為と思われても仕方がない、週刊誌の袋とじグラビアをした真相についても触れられる。

目次にもどる


続きを読む


出典: 独女ちゃんねる
詳細は引用元へ:尾台あけみさんの男性遍歴「寺田農と桑名正博」とフライデー袋とじ画像の真相を爆報フライデーで告白

 - 独女



(^_-)-☆主婦を中心に人気沸騰中?
クリック&コピペで時給3000円以上の高額在宅ワークの募集案件のご案内

【乗り越えよう\(^o^)/】夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

★☆悩み解消☆★久保田式多汗症改善7日プログラム

(*>▽<*)投資はタイミング《純正統派 FXトレード投資方法》
あっという間に軍資金10万円で、1億円をたったの8ケ月で稼ぎだしたFX最強インジケーターとは?





《スポンサー》
キタ━(゚∀゚)━!ツイッタービジネスの決定版! 禁断のツールとライバル不在の新手法を完全公開!
※このサイトもフィードマティックにより完全自動化で作られています。
★当サイトより申し込み特典
【565件のツイート名言集】
フォロワー獲得、凍結対策など様々なシーンや用途でご利用いただけます。
成功のための格言200件/お金に関する名言82件/ユダヤの名言・格言50件/幸福に関する名言108件/時間に関する名言59件/人生に関する名言66件

×