あんまめ\(^o^)/

ネットで話題になっている情報を女子目線でまとめたった♪


黛ジュン先輩歌手のトラブルと大物人物の愛人だったスキャンダルを爆報フライデーで告白【画像】

   

2017年4月7日(金)放送、TBS系列「爆報!THE フライデー」
19時00分~19時56分

「天使の誘惑」などのヒット曲で知られる歌手の黛ジュンが先輩歌手とのトラブルで引退の危機に立たされていることを「爆報!THE フライデー」で告白。

黛ジュンは二度の離婚、実兄・三木たかしの死、さらに2011年声が出なくなる病になる喉の病気のため、歌い続けるのが困難な状態になった壮絶な人生を振り返り、引退の危機に陥っていた。

さらに、先輩歌手とのトラブルに巻き込まれた、芸能界最大級のスキャンダルを明かす。

今回の放送に先駆け、黛ジュンの先輩歌手とのトラブルや人物像を紹介する。

■目次

黛ジュンプロフィール

黛ジュンの喉の病気

黛ジュンの先輩歌手とのトラブル

黛ジュンのスキャンダル

黛ジュンプロフィール

黛ジュン2

黛 ジュン(まゆずみ ジュン)
本名・渡邊 順子(わたなべ じゅんこ)

生年月日 1948年5月26日 68歳
出身地 東京都調布市
血液型 O型
体重 160 cm

実兄は作曲家の三木たかし。

中学校卒業後、幼少の頃からの夢だった歌手になるため、各地の米軍キャンプでジャズを歌う「流し」のシンガーソングライターとして活動を始める。

その努力が実り、芸能事務所にスカウトされ、1964年に「渡辺順子」の名でデビュー。しかし、全く売れず、次の曲をだすことが出来ない状況が続く。

知人の紹介で1967年に石原プロモーションへ移籍すると、作曲家の黛敏郎と出会い、黛ジュンと改名。この改名して最初の曲となる「恋のハレルヤ」で、アイドル歌手の基礎となるような当時では珍しくミニスカートで歌い、注目を集めることになる。

黛ジュン

昔は、レコード・ステレオ等高級品で誰でも持てるものではなかった。(そんな機器を持っているのは比較的裕福な家庭のみ)

なので、そういう購買層に合う歌手が必要になり、健康そうな足を見せるミニスカートと、独特なボーイッシュ的な髪型が印象的な黛ジュンは、そういった大人の男性に支持をうけた。

1968年にリリースされた「天使の誘惑」は更なる大ヒット。「第10回日本レコード大賞」を受賞し、映画にも出演し女優デビュー。1967年から4年連続でNHK紅白歌合戦出場を果たしている。

1970年、ミュージシャンの江藤勲と結婚し、芸能界を一時引退するが、江藤のDVに悩まされ1973年の離婚。


その後、本格的に芸能界へ復帰するが、ドラマーの石田秀雄と2回目の結婚。しかし、1994年に2度目の離婚。

2009年5月11日、兄の三木たかしが64歳が亡くなり、その後も、舞台やディナーショーを中心に歌手として活躍していたが、2011年1月、約5年前に発症した原因不明の喉の病気で歌声が思うように出せなくなり、闘病生活を送ることになる。

病院では喉アレルギーが原因と言われたが、現在は完治し、芸能活動を本格的に再開している。

目次にもどる

黛ジュンの喉の病気

黛ジュン1

9歳の頃からプロ歌手に憧れ、半世紀以上芸能界で歌手をしている黛ジュンは、多くのヒット曲「恋のハレルヤ」「夕月」などをリズム感のある動きと歌唱力が人気になった。


しかし、2006年ぐらいから慢性的に声帯に痰がこびりつくようになり、声を出すのがつらくなった。

食事をすると、食べ物が喉の粘膜をこすって飲み込むと、静かに症状がなかった喉がびらんをしたような感じが日々続く。


不自然に咽頭が痙攣したり、喘息のような咳もでるようになる。

喘息は、体質的なもので粘膜の傷などが原因であることがあり気管支喘息や、アトピー皮膚炎は、体質を変えることで症状が良くなる。

黛ジュンは当時、耳鼻咽喉科で見てもらっているが「喉のアレルギー」と診断され、原因は不明。現在は痰を切る漢方薬を飲んで数曲歌うのは問題ないものの、ステージで10曲近く歌うのは難しく完全復帰とは言えない状態。


実際にこの喉の病気は、ストレスからびらん性の胃炎。

この時期の黛ジュンは、私生活で家族が次々に亡くなっており、芸能界でも支えになってくれていた兄の三木たかしもなくなり、唯一の身内の妹もアメリカで相談する相手もいなく、心身ともに疲れていたことがストレスになっていたのではないか?と報じられている。

目次にもどる

黛ジュンの先輩歌手とのトラブル

黛ジュン3


この喉の病気の原因となったびらん性の胃炎は、他にも原因があった。


それは尊敬する先輩歌手とトラブルになり、症状が悪化。

当時の週刊誌に寄れば、「黛ジュンが全面的に黛に問題があった」と報じられており、先輩歌手から厳しい説教を「かなり厳しい言い方」をされ、そのストレスから「びらん性の胃炎になった」と報じられている。

びらん性胃炎は、通常ほとんど無症状。
普通に生活していても、胃は食べ物や飲み物の刺激を常に受けているので「治す」「治さない」ではなく、「そもそも治療する必要がない」というもの。なので、考えすぎてしまった黛ジュンは、心がボロボロになってしまったことで、びらん性の胃炎が悪化してしまったと考えられる。

目次にもどる

黛ジュンのスキャンダル

bandicam 2017-04-07 15-51-01-184

現在は、喉も回復し歌うことが出来るようになった黛ジュン。

今夜の放送では、「芸能界最大級のスキャンダル」といわれる大物人物と驚きの愛人生活を送っていた過去を暴露する。

最近の芸能ニュースでは、愛人やら不倫という話が多いが、黛ジュンの時代は愛人のような風潮もあり、歌舞伎役者、大物俳優、大物芸人も当たり前のようにいて、それも暗黙の了解とされ、語り草としても良く紹介さている。


コメンテーターで活躍する梅沢冨美男も、いつも自分で語っているように、奥さんと愛人の鉢合わせエピソードも事実だろう。
ビートたけしも愛人ネタは多い(ネタでも本当の話も多い)。プロ野球選手も、二岡が不倫報道をされた時、王貞治が「安いホテルを使うからだ。」と苦笑いしていたことでわかるように、ばれない様にしない方が悪い言い方をしている。

一般社会でも、昔は会社の社長も「愛人くらいいないと泊が付かない」という話も実際にあった。

今のご時世として、急にこのようなことが「悪しきこと」だと騒ぐようになったが、表に出てくれば、叩くのは昔も今も同じだろう。

遠の昔終わっていたであろう黛ジュンの暴露は、今の不倫騒動に便乗した売名の可能性。今回のスキャンダルの暴露をするメリットはそれしかないだろう。

現時点ではその大物人物が誰か不明だが、黛ジュンにとって今回の愛人だった過去のスキャンダルを明かすことは、けしていい結果を生むことはないだろう。

目次にもどる


続きを読む


出典: 独女ちゃんねる
詳細は引用元へ:黛ジュン先輩歌手のトラブルと大物人物の愛人だったスキャンダルを爆報フライデーで告白【画像】

 - 独女



(^_-)-☆主婦を中心に人気沸騰中?
クリック&コピペで時給3000円以上の高額在宅ワークの募集案件のご案内

【乗り越えよう\(^o^)/】夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

★☆悩み解消☆★久保田式多汗症改善7日プログラム

(*>▽<*)投資はタイミング《純正統派 FXトレード投資方法》
あっという間に軍資金10万円で、1億円をたったの8ケ月で稼ぎだしたFX最強インジケーターとは?





《スポンサー》
キタ━(゚∀゚)━!ツイッタービジネスの決定版! 禁断のツールとライバル不在の新手法を完全公開!
※このサイトもフィードマティックにより完全自動化で作られています。
★当サイトより申し込み特典
【565件のツイート名言集】
フォロワー獲得、凍結対策など様々なシーンや用途でご利用いただけます。
成功のための格言200件/お金に関する名言82件/ユダヤの名言・格言50件/幸福に関する名言108件/時間に関する名言59件/人生に関する名言66件

×