あんまめ\(^o^)/

ネットで話題になっている情報を女子目線でまとめたった♪


TOKIO城島の古代サメ捕獲「ラブカ」シンゴジラモデルの動画が凄い【画像】

   

2017年5月14日(日)放送、日本テレビ系「ザ!鉄腕!DASH!!」
19時00分~19時58分

TOKIOが畑や海岸を切り開いたり、無人島を丸ごと開拓したり、物作りに一から挑戦したりと、TOKIOが体を張ってありとあらゆる企画に挑む「ザ!鉄腕!DASH!!」の企画「DASH海岸」

「ザ!鉄腕!DASH!!」では色んなコーナーがあるが、「自分たちで手作りすることの喜び」を視聴者に伝えるのがこの番組の目的であり、TOKIOメンバー5人が5人共、「やらされる」訳でなく率先して楽しんでいる。

他のジャニーズユニットみたいに爆発的に支持される訳ではないが、非ジャニヲタの一般視聴者にも受けが良く、不快感を与えないことが、日テレの人気番組の一つになった。

そんな「ザ!鉄腕!DASH!!」9度目の春を迎えた夜のDASH海岸で、絶滅危惧種とされる古代サメ「ラブカ」が東京湾の深海「東京海底谷」から発見された。

これまでにもTOKIOは、太古の昔より生きる幻の古代魚「スナヤツメ」を発見したり、世界的にも貴重な生物を発見。海の専門家も驚愕の貴重な古代サメ「ラブカ」とはいったいどんなものなのか?

放送に先駆け、古代サメ「ラブカ」の生態をまとめてみた。

■目次

古代サメ「ラブカ」とは

ノコギリガザミ発見

スナヤツメ発見

tokioが発見した古代サメ捕獲「ラブカ」の行方

見出し

tokio 古代サメ捕獲 (5)


「生きた化石」とも言われる、現存する種で最古のサメ「ラブカ」。

ラブカは、恐竜やシーラカンスよりも古く、4億年前から姿を変えずに現存する最古の魚類。水深500〜1000メートルに生息し、肌は黒褐色で、口の中から外に向かって小さく鋭い歯が張り出している。エラ穴がサメよりも一つ多く、6対あるなど、古生代のサメの祖先に特徴が似ているという。

参照wiki

2016年に大ヒットした映画「シンゴジラ」の第2形態のモデルといわれるラブカは、深海に生息しているため、日本だけではなく、世界的にその生態はほとんど明らかになっていない。
シンゴジラ


稀に成体が網に引っ掛かって吊り上げられることもあるが、深海と環境が異なるため、数日しか生きることができない。
主な確認事例は駿河湾で、駿河湾の沼津港にある沼津港新開水族館では「捕獲できれば」ラブカの展示が行われる。(公式HPで2017年1月17~19日に展示していたことを記載している)。

ふくしま海洋科学館(アクアマリンふくしま)と東海大学海洋科学博物館でもラブカの共同研究を行っており、その一環としてアクアマリンふくしまで卵からの人工保育をして様々な研究を行っている。

人工保育で1体が300日を越えることに成功し、その日数は世界で最も長い個体の記録を更新した。

目次にもどる

ノコギリガザミ発見

tokio 古代サメ捕獲 (1)

最古のサメ「ラブカ」以外にも珍しいものを発見しているTOKIO。

2016年1月17日放送のでの「DASH海岸」では、城島茂と山口達也が「幻のカニ」を生け捕りにしている。ノコギリガザミは、沖縄や静岡の浜名湖で生息していると言われているが、それ以外の場所で発見されたのはわずか7例しかないという状況の中、東京の「DASH海岸」で発見し、東京で発見されたのは30年間で7匹しかいないという珍しい例となった。

発見した城島は「(海岸に)いたらいたで怖い気はするんですけど、元々この種は東京湾にいるんですよね。戻してあげるのが自然なんでしょうね」と生態系のバランスを守るため、海に戻している。

目次にもどる

スナヤツメ発見

tokio 古代サメ捕獲 (2)

2015年9月13日では、当初、鮎を捕獲するために多摩川上流で捜索をしていたTOKIO山口達也が、見たこともない不思議な魚を発見。

それが絶滅危惧I類に分類されているスナヤツメ(ヤツメウナギ)だったこと、その捕獲に成功したことでネットが騒然となった。

スナヤツメの飼育はかなり難しい。
幼体の場合は砂に潜ったりして、他の生物の食べ残しや藻などを食べて成長。水温は高くならない場所で、水質もきれいでないとすぐに死んでしまう。


成体の場合は、何も食べずに卵を産んだら「死ぬ」という生態なので、生きている状態で見つけるのが本当に希少。
専門家たちも思わず大声をあげて叫ぶほどに大興奮の様子だったことが「やらせ」ではなく、ガチであることの証明にもなった。

目次にもどる

tokioが発見した古代サメ捕獲「ラブカ」の行方

tokio 古代サメ捕獲 (4)


今夜の放送でその後どうなったかわかるが、おそらく捕獲した「ラブカ」は逃がした可能性が高い。

2016年4月10日放送で、山口達也と城島茂が「幻のサメ」といわれるゴブリンシャークが捕獲されている。

tokio 古代サメ捕獲 (3)

この幻のサメ「ゴブリンシャーク」は1879年(明治30年)新種として発見され、その後1897年~2009年までの発見例は世界中でわずか100例のみという、極めて希少なサメ。

しかし、捕獲したゴブリンシャークは、まだ子供だったことから逃がすことになった。
子供とはいえ、幻のサメ「ゴブリンシャーク」も逃がしているので、「ラブカ」も研究所に預けることなく、逃がしているだろう。

今夜の放送では、「ラブカ」の行方、日テレ日曜日の視聴率も長年首位を独占し、限界にチャレンジするTOKIOの姿に注目が集まっている。

目次にもどる


続きを読む


出典: 独女ちゃんねる
詳細は引用元へ:TOKIO城島の古代サメ捕獲「ラブカ」シンゴジラモデルの動画が凄い【画像】

 - 独女



(^_-)-☆主婦を中心に人気沸騰中?
クリック&コピペで時給3000円以上の高額在宅ワークの募集案件のご案内

【乗り越えよう\(^o^)/】夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

★☆悩み解消☆★久保田式多汗症改善7日プログラム

(*>▽<*)投資はタイミング《純正統派 FXトレード投資方法》
あっという間に軍資金10万円で、1億円をたったの8ケ月で稼ぎだしたFX最強インジケーターとは?





《スポンサー》
キタ━(゚∀゚)━!ツイッタービジネスの決定版! 禁断のツールとライバル不在の新手法を完全公開!
※このサイトもフィードマティックにより完全自動化で作られています。
★当サイトより申し込み特典
【565件のツイート名言集】
フォロワー獲得、凍結対策など様々なシーンや用途でご利用いただけます。
成功のための格言200件/お金に関する名言82件/ユダヤの名言・格言50件/幸福に関する名言108件/時間に関する名言59件/人生に関する名言66件

×