あんまめ\(^o^)/

ネットで話題になっている情報を女子目線でまとめたった♪


三橋淳テニス八百長試合で引退で永久追放に【画像】

   

5月16日、テニスの八百長問題が発覚し、硬式のテニスプレイヤー三橋淳(27)が八百長などの不正に関わったとして、永久資格停止処分と罰金5万ドル(約570万円)の処分が下された。

テニスの場合、「わざと負ける」のが難しい競技と言われており、技を失敗することは出来るが、相手選手との実力、その八百長する演技がそれ以上ひどいものすぐにばれる恐れがある。それなりの戦いをしながら、八百長は出来ても勝つ側が伴わないと成功はしない。

審判のジャッジを本当に騙し操作できるのか?、

今回は三橋淳の八百長ができるのか、まとめてみた。

■目次

三橋淳プロフィール

テニスの八百長

三橋淳の永久追放

三橋淳の今後

三橋淳プロフィール

三橋淳(テニス)2

 
三橋 淳

生年月日1989年6月1日
出身 イギリス
身長165cm
所属「フリー」

2005年「トヨタジュニア」シングルス優勝、「ジュニアデビスカップ」U-16大会でも錦織圭、喜多文明と共に日本代表として出場し日本を5位入賞。2006年「全国高等学校総合体育大会テニス競技大会」団体部門準優勝。その後、プロ転向し、ATPランキング自己最高位はシングルス295位、ダブルス217位という成績。

2009年7月からドイツに拠点を置きヨーロッパの大会を中心にツアーを転戦。小柄ながらもパワフルなプレーをする選手で、錦織選手よりストロークがものすごく速い選手として一目置かれていた。

だが、ストロークの安定性に欠ける所があったので、成績は振るわず。ダブルスでその才能を開花。2008年の秋「フューチャーズ」では2大会で優勝と準優勝を果たした。

最近は欠点も改善してきて、シングルスでも結果を出し始め、プレーや雰囲気に華があり、いわゆる「ファンタジスタ」の要素がある選手だった。

そんな矢先にテニスの八百長問題が発覚し、永久追放処分されることになる。

目次にもどる

テニスの八百長

三橋淳(テニス)1


そもそもテニスは八百長に向いてない。

下部の試合ならまだしも、世界的に有名なグランドスラム、ATP1000クラスの大会で八百長をしたら相当怪しいので、すぐに観客にバレてしまう。賞金も億単位になるのに、八百長するメリットはないし、そんな試合ではしないだろう。


しかし、無気力試合という表現で、「連戦の疲れ」や怪我により、選手は無気力な試合になる事も仕方ないといわている。

だが、それは選手側だけの言い分であって、お金を払って見に来ている観客には全く関係の無い事。観客はベストパフォーマンスを観に来ている。

そう考えると、無気力試合=八百長と受け取られてもしょうがない。

ATPの上位の選手は出場を義務付けを行っているので、試合期間が短く、どうしてもベストパフォーマンスを出せなくなっているのは機構側に問題がある。

実際に、過去にも八百長を疑われた選手は存在し、八百長はあったとしても驚きはしないだろう。


大勢いる選手のなかで、三橋淳のように道を踏み誤る人間がいても不思議はない。
ただ、そうした三橋淳の実力は、結局「その程度だった」ということ。長い目で見てランキングやタイトル獲得の結果に、今回の八百長が他でも関与していた可能性もあるので、ほかの選手に対しても失礼な行為になる。

どうしても、スポーツなどの人気があるものには「人の欲」が絡むのは世の常。
もちろん不正を根絶する努力は忘れてはいけないが、全体として健全な運営がなされている限り、ある程度の八百長は見逃されてきていた。

目次にもどる

三橋淳の永久追放

三橋淳(テニス)3

三橋淳は、近年トーナメントの序盤で格下の相手に不覚を取ることもないし、テニスで八百長はかなり難しい演技が必要になる。

ITF(国際テニス連盟)は、過去に禁止薬物の陽性反応が検出されたとして、マリア・シャラポワ選手(ロシア)に対して、2年間の出場停止処分を科した。 シャラポワは、リオデジャネイロオリンピック・ロシア代表選手に選手されており、このままでは出場できないと、シャラポワ選手は、この処分を不服として、CAS(スポーツ仲裁裁判所)へ提訴。

CASの裁定で停止期間は1年3カ月に短縮された。
三橋淳もこの処分を不服とするなら、CAS(スポーツ仲裁裁判所)へ提訴することが出来る。

ただ、プロとして活動できなくなるのは「信用や品位を大きく損なう行為」というのがあらゆるスポーツに共通して、八百長、ドーピング、選手間での暴力沙汰この辺は警察より協議側で重く処分される。

八百長試合で多額の金銭を受け取っていたのであれば、犯罪になるので当然の事。罪を犯せば必ず罰せられる必要がある。普通の会社員が、こういう罪を犯せば、懲戒免職もしくは、自主退職扱いの退職し、結局は職を失う。同じことだが、三橋淳の場合は、罰金を支払っているので、ここからさらに永久追放の処分は重い気がする。

目次にもどる

三橋淳の今後

三橋淳(テニス)


三橋淳は報道で、俗に「永久追放」と言われているが、正確には「永久失格」。

永久失格は原則として、プロテニスとしての資格を永久に失うもの。ただし、処分後、数年が経過し、改悛の情がある者については、資格回復の可能性はあるようだ。

だが、現実的に15年間プロテニスから離れていたとして、そこから復権運動が起こっても、実際に復権できるのはさらにそこから数年後になるので、プロテニスプレーヤーとしての復帰は当然無理。要するに永久失格という「レッテルだけは剥がしてあげよう」という名誉回復のようなものになる。

ほかにも、無期失格処分とは「無期=期限を定めない」というものになるので、コミッショナーが「資格を回復させよう」と判断すれば、別に何年も待たずともコミッショナー権限で資格が回復する(現実的には、資格を回復した例はない)。


要するに、永久追放処分を撤回してもらえなければ、三橋淳はこのまま現役引退ということになるだろう。

三橋淳だけではなく、過去にはテニスの八百長疑惑騒動で、錦織圭選手も会見を行っている。

それと前後して他の選手の会見もあり、「誘いはあったが断った」とキッパリ否定。それを見ているからこそ、錦織選手にもキッパリ否定して欲しかったが、明確な言葉を出さないで、結局真相は闇のままだった。


八百長事件とは、勝っている選手には関係がないこと。

八百長を持ちかけるのは試合に多額の金を賭けているギャンブラーなので、下馬評では有利であれば、ギャンブラーは、「三橋淳に金を渡して負けるように依頼した」ということになる。不利と言われた相手が勝つとギャンブラーは大儲けし、三橋淳に金を支払うという図式。

これまで勝ってトップに上り詰めてきた錦織圭が「八百長」つまり、わざと負けていくらかの金をもらうなんてことは考えられないこと。それに錦織には、勝てる試合を負けてやる余裕などなく、いつだれに負けてランキングを落とすかもわからない、ギリギリの状態。

三橋淳も錦織圭のように、勝って賞金を手にする意欲があれば、今回のような騒動に巻き込まれなくて済んだのだろうが、プロテニスはお金がかかるスポーツ。


勝てない選手はトレーナーや交通費、滞在費で完全に赤字。
年間で多い人は20ぐらいの大会にでるので、賞金で2000万もらっても手元にはほぼ残らない。(ラケットやウエアはスポンサー契約と所属で費用が出る)


賞金以外からスポンサーからどれくらいはいるかは選手によって全然違うが、200位以下だと賞金収入以外はほぼゼロの場合もあるようだ。

三橋淳は目先の欲に目が眩んでしまったのだろうが、今後の第2人生では真面目に頑張ってもらいたいものだ。

目次にもどる


続きを読む


出典: 独女ちゃんねる
詳細は引用元へ:三橋淳テニス八百長試合で引退で永久追放に【画像】

 - 独女



(^_-)-☆主婦を中心に人気沸騰中?
クリック&コピペで時給3000円以上の高額在宅ワークの募集案件のご案内

【乗り越えよう\(^o^)/】夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

★☆悩み解消☆★久保田式多汗症改善7日プログラム

(*>▽<*)投資はタイミング《純正統派 FXトレード投資方法》
あっという間に軍資金10万円で、1億円をたったの8ケ月で稼ぎだしたFX最強インジケーターとは?





《スポンサー》
キタ━(゚∀゚)━!ツイッタービジネスの決定版! 禁断のツールとライバル不在の新手法を完全公開!
※このサイトもフィードマティックにより完全自動化で作られています。
★当サイトより申し込み特典
【565件のツイート名言集】
フォロワー獲得、凍結対策など様々なシーンや用途でご利用いただけます。
成功のための格言200件/お金に関する名言82件/ユダヤの名言・格言50件/幸福に関する名言108件/時間に関する名言59件/人生に関する名言66件

×