あんまめ\(^o^)/

ネットで話題になっている情報を女子目線でまとめたった♪


映画「僕だけがいない街」結末ネタバレ、原作の伏線を考察した結果の違いがやばい【動画】

   

2017年7月11日(火) 放送、フジテレビ系列・映画「僕だけがいない街」
21時00分~23時18分

原作・三部けいヒット作品で過去と現在を行き来する時間逆行ミステリー「僕だけがいない街」が地上波初放送。

主人公の悟は、何度も同じ時間に巻き戻る「リバイバル」という特殊な能力を持ち合わせ、2006年から18年前の過去に戻りながら、ある誘拐殺人事件の真相を追及していく。

映画では数々の原作をヒットに導いてきた藤原竜也と有村架純という人気俳優を起用した「僕だけがいない街」。

自分の意思に関係なくリバイバルが繰り返され、そのリバイバルという現象をもとに、過去の事件を解決し、現在の「悲しい未来を変えていく」。なかなか過去の真犯人を見つけられず、単調な場面もあるが、ラストに今までの伏線を回収し、題名の意味も明らかになる終わり方となっている。

映画が制作中に原作がまだ終わっていなかったので、原作とは違った終わり方をしている「僕だけがいない街」だが、ラストは衝撃あり過ぎるほどの結末。「助けたい」という一人の勇気ある行動が、「新たな犯罪を防いだ」というストーリーに引き込まれていく。

今夜公開される映画はオリジナル要素が入っているので先行して結末をまとめてみた。

僕だけがいない街

■目次

「僕だけがいない街」あらすじ

「僕だけがいない街」のリバイバルとは

映画「僕だけがいない街」結末

僕だけがいない街の映画と原作との違い

映画「僕だけがいない街」キャスト

「僕だけがいない街」あらすじ


売れない漫画家の藤沼悟(藤原竜也)は、アルバイトのピザ屋での配達中に何度も同じ時間が巻き戻る〈リバイバル〉という現象が起きる。

周囲の違和感を察知した悟は、交差点で暴走するトラックから小学生を助けるが、その代償として自分がはねられてしまう。 病院に付き添ってくれたのはバイト仲間の愛梨(有村架純)。

僕だけがいない街1


他人に対して距離を置く悟に対し、なぜか気後れせずに接してくる特別な存在だ。

 

数日後、誘拐未遂を目撃した悟の母・佐知子(石田ゆり子)が何者かに殺害され、愛梨も命を狙われる。警察から容疑者と疑われた悟は追い詰められ、またしても〈リバイバル〉 巻き戻った先は18年前、同級生の雛月加代が被害者となった連続誘拐殺人事件の起こる直前だった。

29歳の意識のまま、10歳の身体に〈リバイバル〉した悟は、雛月加代(鈴木梨央)の事件と母親の事件との関連を疑う。真犯人を追い詰めるために、現在と過去を行き来しながら事件の謎に迫っていく。 果たして、悟は18年前の事件を未然に防ぎ、大切な人を救うことが出来るのか?

公式サイト

目次にもどる

「僕だけがいない街」のリバイバルとは


原作と映画は、時間系列が原作の逆になっていて、最終的に原作と全く異なる結末となっている。

原作でリバイバルするのは、2006年5月25日(木) に起こる殺人事件。(映画では現実)その事件をきっかけにリバイバルすることが出来るが、そのリバイバル時間は5~15分しか戻れない。

・2006年の原作の時系列

2006年5月18日(木)、藤沼佐知子が上京

5月25日(木)、藤沼佐知子が殺され、リバイバル

5月26日(金)、 徹夜明けでバイト先の店長宅へ行き、逃げ出して愛梨の親戚宅へ

5月27日(土) 、図書館に行き、夜に愛梨が放火の被害に遭う

5月29日(月) 、悟が逮捕されたところで再度リバイバル

原作だと隣の家の庭に「犯人と思われる怪しい人影」を発見して、追いかけるためにアパートから飛び出し、その時に血が付いた姿を隣人に目撃され、警察に通報され逮捕される。
悟はこの時点で「真犯人はわざと姿を見せて俺をハメた」と気付き、警察に捕まらないためにとりあえず逃げるが、結局、逮捕されてリバイバル。

このように主人公である悟が「リバイバルして起こした行動」により、その後の考えや行動が変わり、主人公の母親に誘拐しようとしていた場面もその度に変わる。


リバイバルというのは、悟が「危機回避に失敗」した時、その危機を回避するために自らの意思に関係なく発動される。

目次にもどる

映画「僕だけがいない街」結末

僕だけがいない街3

映画の「僕だけがいない街」制作時点で、原作はまだ終わっていなかったので、「僕だけがいない街」というタイトルの解釈を独自に作品に盛り込もうとした結果、映画「僕だけがいない街」の結末は原作と違う終わり方をしている。

原作は、2017月初旬に発売されたヤングエース4月号で完結。
6月4日発売の7月号ヤングエースに、本編で語られなかった外伝の連載が始まっている。映画は原作漫画のラストとその後、原作と異なるラストで犯人の犯行動機が若干改変され、生い立ちもリバイバルの真相も明かされていない。

度重なるリバイバルで小学生時代の担任だった八代先生(及川光博)が真犯人だと確信した悟。

その事をリバイバルして真犯人である八代先生を追及するも、小学生の悟が敵うわけもなく、橋の上から突き落とされる。川へ落ちる間際に現在に戻った悟は、愛梨と一緒に、学期途中で学校を去った八代先生の行方を捜索。

八代先生は娘婿となって名前も変えており、その娘婿入りした地盤を受け継ぎ、代議士になっていた。

しらべてみると、八代先生が来てから謎の幼女誘拐殺人が起っていて、悟は八代先生が犯人であると確信する。

ある日、八代先生が誘拐しようと女児に声をかけている場面に悟が遭遇。
八代先生に自首を促す悟だが、八代先生は(原作設定だと八代の「心の穴埋め」)過去の犯罪・犯行を繰り返したことを、「悟こそが八代自身の理解者である」ことを認め、悟を殺すことで思い立ったが、藤沼佐知子と遭遇して殺してしまったそうだ。

犯人とばれたことで、隠し持っていたナイフで自殺しようするが、悟が止めようともみ合いになり、悟は首をナイフで斬られてしまう。

悟はその時の切り傷が致命傷になり亡くなる。

過去へ何度もリバイバルした影響で、以前の「現在」とは違い、5名の人物は助かり、真犯人が捕まった事により無罪が証明された男性などが悟の墓石に花を捧ぐ場面で物語が終わる。

タイトルのように、悟が死んでしまい「僕がいなくなった街」となる。

目次にもどる

僕だけがいない街の映画と原作との違い

僕だけがいない街2

原作での主人公となる悟は健在。
主役が死んでしまったので、映画では「バッドエンド」のように感じるが、悟がリバイバルで活躍しなければ、加代の命は救えなかったし、原作を元にしたアニメでは、他二人の子供の命も救えているので、悟の貢献度はかなり高い。

救った命の加代には「新しい命」が宿り、悟は代わりに命を落とした。
母親を含む5人の命が悟のリバイバルによって救われているので、ハッピーエンドともいえる結末となっている。

悟がリバイバルした後の世界が消えるのか、それとも続いていくのか、はたまた現実ではなく夢なのか、原作でも言及されていない。


だが、悟にとっては全て現実の世界。

悟は小学生時代に友達を殺され、母親も殺された人生を生き、リバイバルして小学6年生に戻り、一度目の失敗(2回目の人生)を生きて、また29歳の体に戻り逮捕。またリバイバルをして、川に突き落とされ、15年間の眠りを経て八代先生と決着。


全て悟にとっては、現実で記憶も繋がっている。

大抵、過去に戻るような作品は、「主人公が最後に選んだルートでみんな助かった」という結末で終わり、その後の人生として続いていくのだが「僕だけがいない街」では、母親や友達が殺された人生も悟にとっては現実。その現実を知る悟がいなくなったことで、みんなが生きているという解釈なのかもしれない。

目次にもどる

映画「僕だけがいない街」キャスト

藤原竜也「藤沼悟」

有村架純「片桐愛梨」

鈴木梨央「雛月加代」

中川翼「藤沼悟」

林遣都「白鳥潤」

福士誠治「小林賢也」

安藤玉恵「雛月明美」

高橋努「高橋店長」

及川光博「八代学」

杉本哲太「澤田真」

石田ゆり子「藤沼佐知子」

目次にもどる

続きを読む


出典: 独女ちゃんねる
詳細は引用元へ:映画「僕だけがいない街」結末ネタバレ、原作の伏線を考察した結果の違いがやばい【動画】

 - 独女



(^_-)-☆主婦を中心に人気沸騰中?
クリック&コピペで時給3000円以上の高額在宅ワークの募集案件のご案内

【乗り越えよう\(^o^)/】夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

★☆悩み解消☆★久保田式多汗症改善7日プログラム

(*>▽<*)投資はタイミング《純正統派 FXトレード投資方法》
あっという間に軍資金10万円で、1億円をたったの8ケ月で稼ぎだしたFX最強インジケーターとは?





《スポンサー》
キタ━(゚∀゚)━!ツイッタービジネスの決定版! 禁断のツールとライバル不在の新手法を完全公開!
※このサイトもフィードマティックにより完全自動化で作られています。
★当サイトより申し込み特典
【565件のツイート名言集】
フォロワー獲得、凍結対策など様々なシーンや用途でご利用いただけます。
成功のための格言200件/お金に関する名言82件/ユダヤの名言・格言50件/幸福に関する名言108件/時間に関する名言59件/人生に関する名言66件

×